人生にゲームをプラスするメディア

京都「地下鉄に乗るっ」に新キャラ登場、今度はイケメン2人

2013年より始まった京都市営地下鉄PRプロジェクト「地下鉄に乗るっ」。経営難に苦しむ京都市営地下鉄の状況をを改善すべく立ち上がったプロジェクトは多彩な展開を見せ、グッズ展開やコラボレーション、アニメ制作と拡がりを見せています。

その他 全般
京都「地下鉄に乗るっ」に新キャラ登場、今度はイケメン2人
  • 京都「地下鉄に乗るっ」に新キャラ登場、今度はイケメン2人
  • 京都「地下鉄に乗るっ」に新キャラ登場、今度はイケメン2人
  • 京都「地下鉄に乗るっ」に新キャラ登場、今度はイケメン2人

2013年より始まった京都市営地下鉄PRプロジェクト「地下鉄に乗るっ」。経営難に苦しむ京都市営地下鉄の状況を改善すべく立ち上がったこのプロジェクトは、現在多彩な展開を見せており、グッズ展開やコラボレーション、アニメ制作と拡がりを見せています。

地下鉄・市バス応援キャラクターとなる「太秦萌」と、その幼なじみの「松賀咲」「小野ミサ」の三人を中心に、萌の姉である「太秦麗(うずまさ れい)」やその両親、いとこであり京都学園大学公式キャラクターでもある「太秦麗その」などが続々と登場。キャラクターたちも様々な賑わいを見せており、その世界は今も拡大しつつあります。


そんな「地下鉄に乗るっ」の新たなる展開として、更なるキャラクターを発表。「小野ミサ」の兄であり、京都国際マンガミュージアムPRキャラクター「烏丸ミユ」と同じ大学に通う「小野陵」と、彼の同級生で市内のパン屋で修業中の「十条タケル」を公開し、それぞれが登場するポスターや地下鉄の1dayフリーチケットの券面をお披露目しました。

小野陵は、妹のミサにはそっけなく接するものの、甘やかす一面もあり、また「定刻どおりに来る地下鉄が何よりも好き」とのこと。そして十条タケルは、「駅構内でパンも買える便利な京都の地下鉄がお気に入り」と、各々が地下鉄を好む理由などもしっかりと設定に盛り込まれています。

新キャラクターデザインのポスターは、すでに地下鉄駅等に掲出されており、また新キャラクターデザインの1dayフリーチケットは、十条タケルデザインを平成28年12月中旬に、小野陵デザインを平成29年1月下旬に販売する予定です。新たなメンバーが加わり、更に活気が増した「地下鉄に乗るっ」。今後の活躍にもご注目ください。

■「小野陵(おのりょう)」
21歳。大学3回生。「小野ミサ」の兄。京都国際マンガミュージアムPRキャラクター「烏丸ミユ」と同じ大学に通っており、学部は違うが同級生。デザイン系の勉強をしていて、電子機器も好き。妹のミサにはそっけなく接することも多いが、ついつい甘やかす一面も。無駄なことを嫌い、定刻どおりに来る地下鉄が何よりも好き。

■「十条タケル(じゅうじょうたける)」
21歳。パン職人(見習い)。小野陵の高校からの同級生。海外で食べたパンに感銘を受け、高校卒業後はパン職人を目指し市内のパン屋で修業中。陵とはタイプの異なる性格だが、不思議と意気投合し、今は無二の親友。おおらかで楽観的な一面もある。駅構内でパンも買える便利な京都の地下鉄がお気に入り。


(C) 2013 City of Kyoto. All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

    「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

  2. ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

    ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

  3. 【週刊インサイド】『FGO』×ローソンコラボキャンペーンが話題に! 気品あふれる中国コスプレイヤーやユニークな特集もご覧あれ

    【週刊インサイド】『FGO』×ローソンコラボキャンペーンが話題に! 気品あふれる中国コスプレイヤーやユニークな特集もご覧あれ

  4. ポケモンカード「GXウルトラシャイニー」11月2日発売─あの「テテフ」はもちろん、色違いGX「ジガルデ」&「レックウザ」も収録!

  5. 「神秘的な美しさ」「本物みたい」『FGO』マリーからネロまで気品あふれる中国コスプレイヤー板醫生【インタビュー】

  6. インサイドちゃんが突然消えた!キャラコン見本市「chara1 oct.2018」『CisLugI-シスラギ-』×『FATAL TWELVE』ステージレポート

  7. アーケード『ソウルリバース』2019年2月下旬稼働終了─「皆さまに合わせる顔もなく、伏してお詫びを申し上げる次第」

  8. これは…むせる! 「装甲騎兵ボトムズ」がボードゲーム化 “最低野郎”の激闘を盤上で楽しめる

アクセスランキングをもっと見る