人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた

ゲームビジネス VR

【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた
  • 【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた
  • 【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた
  • 【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた
  • 【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた
  • 【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた
  • 【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた
  • 【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた
  • 【レポート】怪獣ゲームなのにモッサリしてない!特撮VR『大怪獣カプドン』で街をめちゃくちゃにしてみた

カプコンのVRアーケードゲーム『特撮体感VR 大怪獣カプドン』が9月16日より稼動を開始します。

「プラザカプコン吉祥寺店」限定ゲームとなる本作は、HTC Viveを使用して特撮の怪獣となり、防衛隊と戦いながら街を破壊し、さらわれた子供怪獣を救い出すVRゲームです。プレイヤーは両手のコントローラーに加え、両足にもコントローラーを装着。全身を使ってゲームの世界で暴れることができます。同社による、コントローラー4つを使用した遊びは業界初の試みとのこと。


稼動直前の9月14日にはメディア向け体験会が開催され、インサイドもそれに参加。本稿ではファーストインプレッションをお届けします。

◆プレイの流れ



まずは座った状態でヘッドマウントディスプレイを装着


準備が整ったら……


立つ!!


ゲームの中はこんな感じ


戦車を捕まえて……


(ダメー!!)


投げることも


実際にプレイしてみた

◆重さ表現が面白い




ゲーム画面や体験者の動きを見るだけでは魅力を感じ難い本作ですが、その魅力は“全身で街を破壊する楽しさ”にあります。本作では特に動きの制限がなく、パンチやキックはもちろん、足を使って辺りをなぎ払ったり、地上の人間や乗り物を掴んで投げることもできるほか、火の玉を吐いて遠くの戦艦を沈めることもできます。さらにビルの破片にも当たり判定があるため、ビルを倒壊させた後に「どりゃー」と破片をばら撒くこともできます。

 

これまでにも“街の破壊に気持ちよさを感じるゲーム”はいくつかありましたが、本作のアクション性は、人間視点で街を破壊するゲームよりも爽快で、怪獣のアクションゲームよりもサクサク。特に従来の怪獣ゲームは、重さを表現するためにモッサリした挙動を採用している作品が多いですが、本作ではこの“重さ”をプレイヤー自身が体を使って表現するため、非常に気持ちよく怪獣になりきれるのです。


また本作では、「怪獣が現れました」というような昭和風のニュース実況が流れており、プレイヤーの行動によって内容が変化。「被害総額が○○万円を突破した」「人が持ち上げられた」といったリアルタイム実況を楽しむことができます。

なお、ステージは3つ用意されており、制限時間内に子供怪獣を助け出すことができれば次のステージに進むことができます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

主な目的は街の破壊と子供怪獣の救出ですが、残酷な表現などは一切なく、誰でも気軽にVRを楽しむことができる『特撮体感VR 大怪獣カプドン』。年齢制限は13歳以上となっており、1プレイのプレイ時間は10分(内VR体験は約3分)で、価格は500円(税込)となっています。

事前予約などは行われてなく、受付方法は当日受付に。混雑時は整理券が配布されます。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

    癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  5. テクモ、残業代の支払いを求めた裁判で和解

  6. 【CEDEC 2014】触覚を遠隔地に伝える技術、「医療ロボットに学ぶバーチャルリアリティのUI」

  7. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  8. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  9. カプコン、大型新作タイトルを計画中―『マブカプ』新作は200万本計画

  10. 記野直子の『最新北米市場分析』2015年4月号―『Mortal Kombat X』を日本でも!

アクセスランキングをもっと見る