人生にゲームをプラスするメディア

【特集】コスパ高すぎ!『ワンコインでやりこめるSteamゲーム』10選

その他 全般

【特集】コスパ高すぎ!『ワンコインでやりこめるSteamゲーム』10選
  • 【特集】コスパ高すぎ!『ワンコインでやりこめるSteamゲーム』10選
  • 【特集】コスパ高すぎ!『ワンコインでやりこめるSteamゲーム』10選
  • 【特集】コスパ高すぎ!『ワンコインでやりこめるSteamゲーム』10選
  • 【特集】コスパ高すぎ!『ワンコインでやりこめるSteamゲーム』10選
  • 【特集】コスパ高すぎ!『ワンコインでやりこめるSteamゲーム』10選
  • 【特集】コスパ高すぎ!『ワンコインでやりこめるSteamゲーム』10選
  • 【特集】コスパ高すぎ!『ワンコインでやりこめるSteamゲーム』10選
  • 【特集】コスパ高すぎ!『ワンコインでやりこめるSteamゲーム』10選
今夏は雨の多い夏でしたね。九月に入って残暑も厳しく台風もバンバンやってくる…だけどゲームならおうちで遊べちゃいますよ。今回取り上げるのは「やり込みゲーム」なので気分転換にはうってつけ!更にワンコイン(500円)で遊べるSteamゲームを厳選したのでお財布事情にも優しくなっていますよ。

またやり込むという意味合いは複数ありますが、今回は「キャラクター育成などをやり込んでいく」と「プレイ技術を高める為にやり込む」の二つを中心に(後者がメインですが)皆様にご紹介したく思います!


The Binding of Isaac
価格:498円
開発元:Edmund McMillen and Florian Himsl
ジャンル:ローグライクアクション



――邪悪なゼルダ!?
とのように形容される場合が多いですが、実際ゼルダ要素は殆ど無くダンジョンのマップデザインが昔のゼルダに似て敵を全部倒さないと扉が開かないくらいです。一つのマップで四方向シューティングをする形で、様々なアイテムがあり、一度死ねば無になるところがローグライクと言われる由縁です。アイテムを得て強くなりたいやり込みゲーマーにオススメ!

Ballpoint Universe : Infinite
価格:398円
開発元:Arachnid Games
ジャンル:シューティング



――ボールペンで描かれた世界へようこそ!
本作はボールペンで全てのグラフィックが描かれており唯一無二の世界観を醸し出しています。なんとこのアートワーク担当の方は一人なんだとか。シューティング部分に関しては自機の育成要素もあり、かなりやり込めます。シューティング好き、育成好きにオススメです!

Downwell
価格:298円
開発元:Moppin
ジャンル:アクション



――真っ逆さまだ!!
有名作である本作は非常に心地よいテンポで下へ下へ落ちながら進んでいくアクションとなっております。自分の腕試しをしたい、それも気持ちよく!というような方にオススメです。是非やり込んで下さい!

次のページ:経営!パズル!シューティング!そしてデスパンチ!

《SHINJI-coo-K(池田伸次)》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

    USJの『ファイナルファンタジー XRライド』が半端なかったレポ!VR技術でミッドガルに行ってきました編

  2. 「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

    「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

  3. 【昨日のまとめ】USJ『ファイナルファンタジー XRライド』&『モンハン・ザ・リアル』レポ、『PUBG』に蔓延るチート問題、『FGO』ジャンヌをフィギュア化…など(1/20)

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  5. USJの『モンスターハンター・ザ・リアル』が半端なかったレポ!AR技術でハンターになってきました編~

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 『FGO』ジャンヌ・ダルク、気高き聖女をフィギュア化! 高潔、可憐な姿を1/7スケールで

  8. 『Fate』あたたかい日常と、美味しい食事... 「衛宮さんちの今日のごはん」最新PV公開&配信日決定

  9. 「余のメガネを見よ!」ネロ・クラウディウスをイメージした眼鏡が発売決定─「原初の火」をデザイン

アクセスランキングをもっと見る