人生にゲームをプラスするメディア

【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

その他 全般

【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!
  • 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!
  • 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!
  • 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!
  • 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!
  • 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!
  • 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!
  • 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!
  • 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!
読者の皆様、立秋と言えば八月八日頃で、これを過ぎた後の暑さを残暑と言います。まだまだ残暑が厳しい日差しに照らされるよりも屋内でゲームをやりましょう!さて、ゲームといえば海外製作の作品が特に取り沙汰されている昨今ですが、今回の記事では国内を中心に有名なものから隠れた良作まで、無料故に手に取りやすい「10本のフリーゲーム」を皆様にご紹介致します。

さあそれでは!有料ゲームを食いかねないほどの品質を持ったフリーゲーム10選始めますよっ!


◆『ざくざくアクターズ』
制作者:はむすた 配信:2012年開始
制作者サイト:はむすたブログ http://hamusuta.blog-rpg.com/
配布サイトhttp://hamusuta.blog-rpg.com/Category/3/



――ハグレ者のお仲間ざくざく!
『ざくざくアクターズ』は「舞台となる世界では召喚技術が発達しており様々な者達が連れてこられたが、余剰するほど召喚された末“ハグレ”と呼ばれるやることもない“召喚人”が溢れてしまう。彼らが迫害を受けた結果、暴徒と化し国家と戦争をして国々が疲弊し、そして時は経ち騒乱は落ち着いたようにみえたが…」という流れで物語が始まるRPGです。本作の目的は「ハグレ達を集めて新たな国家を作る」というもの。シンボルエンカウントで始まる戦闘ではHP・MPに加え、行動を取る度に貯まる「TP」という特殊な行動ポイントを採用しています。「TP」によって発動する特殊行動ではここぞという時のものから普段の戦闘で使用出来る汎用性のあるものまで様々な種類があり戦略の幅を広げてくれます。また本作はアイテム収集(図鑑も有り)や王国運営、キャラクター育成にパーティ編成などやりこみ要素の強いゲームで、戦闘や会話のペースも非常に心地よいテンポでかなり遊べる作品となっております。

◆『巡り廻る。』
制作者:耕(コウ) 配信:2010~2011年開始
制作者サイト:ゲ製うんかん。 http://rebellionrpg.blog80.fc2.com/
配布サイトhttp://rebellionrpg.blog80.fc2.com/



――めぐりめぐってウン十時間!
通称“めぐめぐ”(タイトルの読みが“めぐりめぐる”の為)こと本作はフリーゲームファンの間では有名作品ですが、こちらは最初にキャラクターメイキングが可能で一見ローグライク、その実戦闘は行動順が可視化されていて隊列の概念があったりと、分類されるとすればRPGとなるでしょうが、一筋縄ではいきません。また、本作には1993年にARTDINKが開発した『ルナティックドーン』の影響を感じさせる要素もあり、冒険者へ向けた魔物の討伐依頼などが特徴的です。キャラクターが弱い最初の内は戦闘を避けて配達などの簡単な依頼をこなしてみるのも良いでしょう。そしてそのうちどっぷりとハマってウン十時間費やすことに……!

◆『帽子世界』
制作者:えぬ(RPG探検隊) 配信:2013年開始
制作者サイト:RPG探検隊 http://rpgex.sakura.ne.jp/home/
配布サイトhttp://rpgex.sakura.ne.jp/littleworld/download.html



――帽子の個性は少女と世界の個性!
本作では六人の主人公から一人を選択して物語を進行させるRPGです。この世界には“管理人”と呼ばれる世界の創造主が存在します。管理人達は目の模様が入った帽子を被っており、帽子は管理人から生まれた帽子の力によって世界が作られます。主人公たちはそれぞれの世界を司っていて、例えば“ドーラ”という主人公のひとりは「玩具の世界」を受け持っています。移動は横スクロールアクションで、シンボルエンカウントにて戦闘に入るとコマンド式戦闘になります。そのほか、隊列の概念や必殺技のコンボ要素も盛り込まれている上、ストーリーラインまでかなり作り込まれた奥深い作品となっています。

次のページ:異色RPGにノンフィールドRPGというジャンル

《SHINJI-coo-K》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【TGS2017】“どこかで見たような”汎用ゲームパッドが展示……スイッチにも対応

    【TGS2017】“どこかで見たような”汎用ゲームパッドが展示……スイッチにも対応

  2. 【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ

    【TGS2017】『ときめきアイドル』はリズム/コミュニケーション/お着替えゲームだった!声優陣も登場したステージレポ

  3. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  4. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part2

  5. 【TGS2017】華やかなコンパニオンとコスプレイヤーがステージに次々と登場!コンゾンジャパンブースフォトレポート

  6. 【TGS2017】日本ゲーム大賞「フューチャー部門」発表!『Detroit』『PUBG』『モンハン:ワールド』など10作品

  7. 【TGS2017】会場を飾る素敵なコンパニオンさんを紹介!Part1

  8. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  9. 【編集後記】TGSの終わり、祭の終わり

  10. 【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

アクセスランキングをもっと見る