人生にゲームをプラスするメディア

カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

8月12日から8月14日まで東京ビッグサイトで開催された大型同人イベント「コミックマーケット90」(以下C90)。C90 3日目の同人ソフトジャンルにおいて様々なサークルから出展された作品を複数ピックアップしてお届けします。

ゲームビジネス インディ
カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち
  • カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち
  • カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち
  • カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち
  • カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち
  • カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち
  • カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち
  • カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち
  • カンブリアSTGから量子力学ホラーまで!個性的すぎるC90同人ゲームたち

8月12日から8月14日まで東京ビッグサイトで開催された大型同人イベント「コミックマーケット90」(以下C90)。C90 3日目の同人ソフトジャンルにおいて様々なサークルから出展された作品を複数ピックアップしてお届けします。

C90の同人ソフトジャンルには、ゲームソフトの全年齢とR-18作品やソフトウェア系の解説本などを合わせて390以上のサークルが参加。今回は東京ビッグサイトの増設工事ため、西2ホールが使用不可となり企業ブース出展の日数が1日目(8月12日)と2日目(8月13日)のみとなりました。3日目においては西ホールの1階と2階部分がサークル参加者に割り当てられ、西ホールにおいてスペースナンバーのアルファベットが上階を(同人ソフトやデジタル物)、ひらがなが下階(創作漫画やメカ・ミリタリー)を使用。そのため西ホールでの移動には上下に距離が開く形となりました。

以下同人ソフトスペースにて出展されたサークルのピックアップです。

■西b-01a ノナプルナイン



ノナプルナインのスペース。
写っているのは売り子さんで、頒布していた新バージョンとなる全年齢版が完売していた。

インディーデベロッパーのノナプルナインが開発するポイント&クリックタイプの横スクロール型サスペンスゲーム『ノナプルナイン』。本作においてプレイヤーは、被験体の少女を監視する観測者となりループする世界で生き残るため少女の記憶を取り戻します。今回C90にて頒布された本作は、グロテスクやエロティックな描写を抑え、さらなるイベントを追加した全年齢版です(公式サイトで配信されているのはR-18版、全年齢版とは大きく展開が異なる)。筆者がスペース主に話を聞いたところ現在は、2017年夏の完成を目標に制作を進めているようで、ユーザーからの反応では一度プレイしたら止まらない人が多いという。またSteamで全年齢版の発売を予定しているようです。



■西C-28b Enzian



インディーデベロッパーEnzianが開発した、Unityエンジン採用の3Dアドベンチャーホラーゲーム『カンソク者』。筆者がスペース主に話を聞いたところ、本作は2月に開発を開始し5月にステージの制作を始めたとのこと。今回が初めてのイベント出展となり、結果的に150本以上頒布されたそうです。『カンソク者』は、肉体を失ってしまった主人公が「意識」だけの存在となり学園生活をするキャラクターに干渉していくというもの。シナリオには「量子力学」の要素が盛り込まれています。



■西C-49a ねこねこふれんじー



同人ゲームサークルねこねこふれんじーが開発するゾンビ感染シミュレーションゲーム『シカバネ☆パンデミック』。本作はプレイヤーが、ゾンビを様々な装置を用いて人間達へと誘導し、人をゾンビ化させる作品です。筆者がサークル主に話を聞いたところ、もともとは2015年9月から開発を始めたタイトルで、デジゲー博にて初めて公開されています。現在の完成度は半分以上で、今回頒布された新バージョンの体験版にはステージ数を10収録。正式版では20ステージを盛り込む予定のようです。また11月に開催される今年のデジゲー博にて完成を目標としています。



■西C-45b まぐろねぎとろどん



同人ゲームサークルまぐろねぎとろどんの新作は、小規模合戦アクションシミュレーション『天空のラプソディー』。本作でプレイヤーは、自キャラクターを操作する戦闘モードと部隊を指揮する指揮モードを使い分けて敵部隊と戦います。筆者がサークルの担当者に話を聞いたところ現時点での完成度は25%ほど。今年2月から開発を開始し、ゲームエンジンはUnityを採用しています。この体験版は戦闘要素をフィーチャーしたもので、キャラクターは現在8人中1人を実装した状態のようです。



■西d-27a BlackBastard



創作系ゲームサークルBlackBastardはコミケ90にて新作の『GHost9Solid体験版3』を頒布。本作は、2.5Dの空間を利用したボクセル風味なグラフィックを持つアクションRPGです。筆者がサークル主である和彦氏に話を聞いたところ今回の体験版3は、3ステージを収録したもので開発度は半分ほどとのこと。来年春に5ステージ収録の正式版をリリース予定しているようです。

動画は42分34秒から


※次ページ:レトロ風味なカンブリア紀の古代生物シューティングやアクションゲームを紹介!
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 今週発売の新作ゲーム『キングダムカム・デリバランス』『MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order』『プロ野球スピリッツ2019』他

    今週発売の新作ゲーム『キングダムカム・デリバランス』『MARVEL ULTIMATE ALLIANCE 3: The Black Order』『プロ野球スピリッツ2019』他

  3. 【DEVELOPER'S TALK】音数の限界に挑戦、ハイスピードかつハイテンションなシューター+アクションの開発秘話~『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』

    【DEVELOPER'S TALK】音数の限界に挑戦、ハイスピードかつハイテンションなシューター+アクションの開発秘話~『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』

  4. 『ドラゴンクエスト』新規HDタイトルの発足が明らかに!“次なる世代に向けたドラクエならではの挑戦”を始めている

  5. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  6. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  7. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  8. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  9. 2019年5月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. Cygames、ウメハラ氏ら所属のプロチーム「Cygames Beast」を発足

アクセスランキングをもっと見る

1