人生にゲームをプラスするメディア

「題名のない音楽会」冨田勲追悼特集に初音ミクが出演…歌って踊り指揮者とコミュニケーション

7月24日に放送される「題名のない音楽会」で、冨田勲の追悼特集が放送される。そこで初音ミクが特別出演することが明かされた。

その他 音楽
テレビ朝日で放送されている「題名のない音楽会」は、様々なアニメやゲームの音楽を取り上げることでも注目を集めている番組だ。今回、7月24日に放送される回で、冨田勲の追悼特集が放送される。そこで初音ミクが特別出演することが明かされた。

「題名のない音楽会」は1964年から放送されている音楽番組である。テレビ朝日で毎週日曜日の午前9時より放送し、クラシック音楽を楽しむことができる。2015年からはヴァイオリニストである五嶋龍が司会として立っている。
番組では長い歴史を誇るクラシックから名曲の数々を演奏、さらに現代ならではの音楽も取り入れている。2016年5月には「世界で愛されているアニメミュージックの音楽会」と題した放送で、アニメファンからも注目を集めた。

7月24日には、5月5日に他界した冨田勲の追悼特集が放送される。世界的なシンセサイザーアーティストであり作曲家であった冨田の、数多くの名曲が演奏される予定だ。大河ドラマ『勝海舟』やNHK「きょうの料理」、「新日本紀行」のテーマ曲など。さらにアニメからも『リボンの騎士』テーマ曲が入る。

番組の後半では、晩年に最も力を入れていたというコレボラーション曲「イーハトーヴ交響曲」が演奏される。2012年に初演されたこの曲は、初音ミクをソリストに迎えたオーケストラ曲であり、番組ならではの特別バージョンとなる。
ソリストである初音ミクは、番組でARマーカーを用いたシステムを導入して共演。リアルタイムでAR技術を反映するというテレビ放送初の試みだ。初音ミクはこの放送で、他の出演者同様ステージ袖からやってきて、歌って踊り、指揮者とコミュニケーションをとる様子も映し出される予定である。

さらに番組では、冨田が最後まで創作を続けていたという舞台「ドクター・コッペリウス」の一部が初演奏、初公開される。この舞台は2016年11月11、12日に東京のオーチャードホールで初演が予定されている。番組内で公開される部分に初音ミクは登場しないが、作品の一部を垣間見ることのできる貴重な放送となるだろう。

「冨田勲の音楽会」
テレビ朝日:  2016年7月24日(日)9:00~
BS朝日: 2016年7月31日(日)23:00~

photo by Yashuhiro Ohara

冨田勲追悼特集に初音ミクが出演「題名のない音楽会」7月24日放送

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

    「ガンダム」ガシャポン史上最大級のサイズ感実現!モビルスーツ頭部を精密再現

  2. 「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

    「ゲーマーライフスタイル調査」を実施─10代の約4割がゲーマーを自称

  3. 「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた

    「私はゲームに救われました」―地方にゲーム企業を設立する意味が、SHIFT PLUSへの取材から見えてきた

  4. マサカド公実装&『ベヨネッタ』コラボも発表!『D2メガテン』ファンミーティングレポート

  5. 『エースコンバット7』世界の歴史解説―「ストレンジリアル」ってどんな世界?【年末年始特集】

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 中国からコスプレイヤーの魔王がやって来た!フォロワー数300万以上の存在感を放つ【インタビュー】

  8. もしも『ペルソナ5』がゲームボーイアドバンス用ソフトだったら…海外ファンがピクセルアート公開

アクセスランキングをもっと見る