人生にゲームをプラスするメディア

【インタビュー】「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」松本梨香が語るサトシと共に成長してきた19年間

その他 アニメ

7月16日、「ポケモン映画」の第19弾『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』の公開がスタートする。
原作であるゲームが20周年、さらにテレビアニメ『ポケットモンスターXY&Z』も佳境に突入したタイミングで公開される本作は、幻のポケモン・ボルケニオンと人造ポケモン・マギアナを中心に物語が展開。人間のことを嫌うボルケニオンがサトシたちと徐々に絆を深めていくストーリーはもちろん、磨きのかかったアクションシーンなど見どころを挙げると枚挙にいとまがない。
今回アニメ!アニメ!では、主人公・サトシ役を19年にわたり務めてきた松本梨香さんにインタビューを実施した。映画最新作の注目ポイントはもちろん、サトシとともに歩んできた道のりの思い出などさまざまな話を聞いてきた。
[取材・構成:ユマ]

『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』
http://www.pokemon-movie.jp/
2016年7月16日(土)全国ロードショー

■ワクワクドキドキが止まらない『ポケモン』の魅力は健在

――今回で19作品目となる「ポケモン映画」ですが、松本さんはどこが見所だと思いますか?

松本
まず、絵が綺麗なところです(笑)。もうすぐアニメが20周年を迎えますが、
それに向けてスタッフの皆さんが力を入れていると映像を見てすぐに分かりました。
私自身映画を見たときに「うわ、綺麗!」と、思わず声に出てしまったんです。
ストーリーで言えば、19作品も続けてくれば普通なら似てしまう部分もあると思うんですがこの作品は過去のどれとも違う印象になっています。もちろんワクワクドキドキが止まらない『ポケモン』シリーズの魅力も健在なので、人生で少しでも『ポケモン』に触れてきた人は、見ないと損だと思います!

――「ポケモン映画」ではお馴染みのゲスト声優も多彩です。特に市川染五郎さんがボルケニオンを演じるのは大きなニュースになりましたが、声を聞いてみてどんな印象を持ちましたか?

松本
頑固一徹なお父さんの雰囲気が出てますよね。ポケモンはみんなが人と同じように心を持っているじゃないですか。映画を見ていると、ボルケニオンも他のポケモンと同様に心があることが声からも伝わってくると思います。


――物語でもボルケニオンは非常に重要な存在ですよね。

松本
ハイ。
サトシが普通に会話する場面もたくさん描かれていて、ボルケニオンがどんな性格であるかも物語では大切になってきますよね。私もボルケニオンの相手として、リアルに、自然にを心がけて演じさせて頂きました。
面白いと感じたのは、サトシとボルケニオンが絆を深めていく過程。ボルケニオンは最初サトシたちを避けるようにしていて、見た目も怖いです。こんなポケモンがいたら、普通はビクビクしてしまうと思うんですよ。それでもサトシだけは無防備な状態で接して…。そしてボルケニオンも、徐々に心の扉を開いていく。そこがサトシの一番の魅力。現実の世界でも、サトシの様に誰もが別け隔てなくコミュニケーションを取れれば素敵だなと思いました。

――ポケモンを演じるという意味では、あばれる君が演じたオニゴーリはいかがでしたか?

松本
すごくアニメと馴染んでいて、最初本当に出演しているのか分かりませんでした(笑)。
以前あばれる君には声優としての心構えをアドバイスさせて頂いたことがあって…。そのときに、
ただ声を当てるのではなく、自分の中で生まれた気持ちを表現するようにと伝えたんです。作るのではなく、感情、心を大事にするイメージですね。
アニメと馴染んでいたということは、それができていたということなので、
映画を見に行く人はぜひあばれる君の演技も確認してもらいたいです。

――ボルケニオンのように人の言葉をしゃべるポケモンは少なく、オニゴーリもセリフは鳴き声だけですよね。共演者である松本さんから見ても、苦労してると感じる機会もあるのではないでしょうか。

松本
怒りも喜びも、すべて一言で表現しなければいけませんからね。
その意味でもあばれる君はすごく頑張っていたんだと思います。
だけど結局は、キャストの皆さんが演じて楽しいと感じてくれればそれが一番だと思っています。今までたくさんの声優さんがポケモンを演じてきて、「ポケモンを演じられて嬉しかった」と言ってくれる人もたくさんいます。どちらかというとスタッフよりの意見ですけど、そんなことを言ってくれると私も嬉しい気持ちになりますよね。



■セレナやシトロン、ユリーカは家族のような存在

――松本さん自身はサトシを演じるに当たり、こだわっていることはありますか?

松本
私も自分自身に嘘をつかずに、ありのままの自分を出していこうと普段から心がけています。子供たちって嘘を見抜くのが本当に上手で、キャラクターを作っているとすぐにバレるんですよ。なのでキャラを作らず、私の本当の気持ちをサトシとして言わせてもらっています。

――演じる際の意識は、テレビアニメと映画のどちらも変わらないのですか?

松本
同じですね。むしろテレビと映画をつなげて、ひとつの作品として見てもらいたいと思っています。私の中で映画はテレビ番組の合間に入る特別編であって、独立した作品ではないんです。
だから映画のストーリーもテレビアニメを見ていれば分かりやすくなるし、より一層楽しめます。もちろんゲームをプレイすれば、『ポケモン』への愛情が増します。全部がつながる可能性を『ポケモン』は秘めているので、映画だけに特別な意識を持つことはないです。

――19年もサトシを演じ続けてくると、感情移入の仕方にも変化が出てくるのではないでしょうか。

松本
だんだん私自身の感情とサトシのセリフがリンクしてくるようになった様に感じますね。私が近づいたのか、サトシが歩み寄ってくれたのかは分かりませんけど(笑)。最初のオーディションでも「サトシっぽい」という理由で受かったんですが、最近では台本にも自分が普段使っている言葉が並んでいるんです。
私が普段抱いている気持ちをそのまま言葉に出来るので
より一層自然体で、嘘偽りのないセリフを言うことができます。

――テレビアニメを見ていても、サトシの言葉に重みが出てきたというか、成長を感じることが多くなりました。

松本
テレビアニメだと、サトシとゲッコウガがシンクロするじゃないですか。あれでますますサトシの男らしさ度が増したと感じました。というのも、ゲッコウガはいつも落ち着いていて、大人っぽいじゃないですか。そんなポケモンとシンクロすることで、サトシも引っ張られるように成長していますよね。だからひょっとしたら、サトシもメガシンカしているのかもしれませんね(笑)。
でも基本的な性格が変わったわけではないです。今までだって情熱的で男らしい一面もたくさんありましたけど、最近はそれを言葉で伝えるのが上手くなっただけだと思っています。

――そんなゲッコウガも活躍している「XY&Z」シリーズですけど、こちらは振り返ってみての思い出はありますか?

松本
セレナやシトロン、ユリーカは旅に出た仲間であると同時に、弟や妹といった印象で接していました。今までの仲間よりもさらに距離感が近く、身内のような感覚で演じてたのかもしれないです。
ひょっとしたら、シトロンたちのお父さんやセレナのお母さんが所々で出てくるのも大きかったのかもしれませんね。仲間だけでなくその家族もいるから、すごく近しい存在になるんだと思います。


――「XY&Z」も含めてアニメは19年の月日が経っていますが、感覚としてはあっという間でしたか?

松本
始まったのが昨日のことの様です。 もう…「嘘でしょ!?」っていうくらいあっという間ですね。
収録現場でも新人声優さんから「子供のころから見てました!」と言われる機会が増えて、今ではそれが当たり前になってきましたが、。でも私としては一瞬で過ぎていった時間なので、なんだか不思議な気持ちになるんです。
サトシってアニメの中では歳を取らないじゃないですか。でも私は人間なので確実に歳を取っていて、そのギャップが曖昧になる瞬間があるんです。「あれ、私何歳だっけ…?」みたいな(笑)。

――アニメが始まった当時と現在で、演じるときの感覚に変化はありますか?

松本
スタッフが変わったり、新しい声優さんが入ってきたりで環境が変わることはあっても、演技の仕方が変わることはないですね。私はもちろん、ロケット団もピカチュウもキャストは変わることなく、この辺りが現場を牛耳っているので(笑)。

■時にはこれまでの道のりを振り返ることも忘れずに

――そういえば、先日はポケモン総選挙720の結果が発表され大きな話題になりましたよね。選挙ではゲッコウガが1位でしたが、松本さんはどんな感想を持ちましたか?

松本
テレビアニメでゲッコウガを格好よく描いたスタッフの勝利だなって思いましたね。
アニメをゲッコウガ中心で盛り上げたから、それに子供たちも共感してくれた。
アニメの力をあらためて感じました。個人的にはサトシとリンクする物語の影響も強かったのかなと思います。やっぱり、19年変わらないサトシは偉大なんですよ。なんだか自分を褒めるみたいですけど、これは認めざるをえないです(笑)。

――ちなみに松本さんはカラカラに投票したんですよね。

松本
そうですね。カラカラは初代のポケモンで、今の子供たちには馴染みがないと思うんです。だけど私は昔からあるものをないがしろにするのが嫌いで、もっと知っておいてもらいたかったんです。カラカラは初代の中でも印象が薄いのが正直なところですが、母親の骨を被っていたりとポケモンの生い立ちにもグッときて、投票しました。

――ゲームに続いて、来年にはアニメが20周年を迎えます。松本さん自身が持っている20周年へ向けた目標、意気込みなどがあれば教えてください。

松本
私にとっては、最初にサトシと冒険したタケシやカスミは今でも愛おしい存在です。
キャラクターはもちろん、演じてくれた声優さんのことも自分の宝物だと思っています。アニメ20周年では歴代声優さん達とイベントとかもやってみたいですよね。未来へ向かうのはとても大切ですが、時にはこれまでの道のりを振り返ることも同じくらい重要。20周年という記念の年では、ぜひこの思いを形に出来たら嬉しいです。。
あとはアニメも新たな旅立ちが待っていると思うので、新鮮な気持ちでゼロから頑張っていきたいです!

――ありがとうございました。

「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z」松本梨香インタビュー サトシと歩み寄り、共に成長してきた19年間

《ユマ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

    『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  2. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選、『FGO』今年のサンタは「★4アルテラ」、『きららファンタジア』19時のサービス再開が不可能に…など(12/13)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選、『FGO』今年のサンタは「★4アルテラ」、『きららファンタジア』19時のサービス再開が不可能に…など(12/13)

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. 【昨日のまとめ】海外レビューハイスコア『ゼノブレイド2』、『FGO』アップデートで「セレクト機能」を追加、niconicoサービスの基本機能を見直し…など(12/1)

  5. 日本初のプロライセンス発行e-Sports大会は「闘会議2018」で開催ー『ストV』から『モンスト』まで

  6. ド迫力のネルギガンテがメインに!『モンスターハンター:ワールド』サウンドトラックのジャケットが公開

  7. 「劇場版 ソードアート・オンライン」がPS Videoにてデジタル独占先行配信決定、関連作品のディスカウントも実施

  8. 『FGO アーケード』筐体細部&実物カードを写真で紹介!アルトリアが出なくてすまない…

  9. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  10. 【昨日のまとめ】『FGO』アビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選、『スーパーロボット大戦X』3月29日発売決定、PSXで『Lost Soul Aside』をプレイ…など(12/11)

アクセスランキングをもっと見る