人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

ゲームビジネス VR

【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』
  • 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』
  • 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』
  • 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』
  • 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』
  • 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』
  • 【レポート】ゲーム会社が作るVRカラオケは一味違う!大観衆との一体感が堪らない『マックスボルテージ』

バンダイナムコエンターテインメントのVR(バーチャルリアリティ)エンターテイメント施設「VR ZONE Project i Can」にて、スーパースター体験ステージ『マックスボルテージ』が7月15日より稼働を開始します。

“スーパースター体験ステージ”と題されている本作ですが、分かりやすく表現するならばVRカラオケです。VRカラオケと言えば既に複数のメーカーが開発を進めていますが、本作はただ歌うのではなく、観客を盛り上げるのが目的。そして最大の特徴はインタラクティブ要素です。



本作では“スーパースターさながらのライブ”がVRで再現されており、目の前に広がる大観衆を前に、歌ったり、掛け声や手を振るなどのパフォーマンスを行っていきます。すると、その目の大観衆がリアクションを返してくれるのです。さらに体験ブースは箱型なので、VR空間上に再現されたステージを360度全方位自由に自分の足で動くことができます。



また面白いのは、リアクションを返してくれるのが“大観衆”ではなく“個人”単位であること。そう、人によってリアクションの返し方が異なるのです。例えばめちゃくちゃ手を伸ばしてくる男性がいれば、全力で手を振ってくれる女性もいる。もちろん消極的な方もいします。

さらには無表情かつ無反応なサラリーマン男性(推定40歳)も……。そんな彼を見ると「もっと盛り上げなくては!」という気持ちに。そこで彼の方を向きながら積極的にパフォーマンスを行うと、なんと彼のテンションが目に見えて上がってきたのです。もちろん私のテンションも上がりました。単純に喜んでくれたことが嬉しかったんです。それほど本作に没入していたということですね。



このように『マックスボルテージ』は、プレイヤーの行動がリアクションという形でダイレクトにフィードバックされる作品で、観客との一体感や歓声を全身で浴びる絶頂感、ステージ上での高揚感を味わうことができます。本作はあくまでも研究段階の作品であり、それがどの様に活かされていくかは不明ですが、未来のカラオケの形として魅力的なのは間違いありません。

『マックスボルテージ』は10月中旬までお台場の「VR ZONE Project i Can」でプレイ可能で、体験料は651バナコイン(1,000円)です。楽曲は「リンダ・リンダ」と「夏祭り」から選択することができます。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  3. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  4. 「運が悪い」人間ほど成功する・・・稲船敬二氏が語るゲームクリエイター人生

  5. マリオファクトリー南柏店レポート

  6. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  7. PlayStation Vita版ならではの機能も盛り沢山!『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』

  8. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

  9. NESTAGE、「wanpaku」「TVパニック」など14店舗を閉鎖

  10. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

アクセスランキングをもっと見る