人生にゲームをプラスするメディア

1800京個以上の惑星を自由に探索できる『No Man's Sky』開発チームが日本語版に着手、ファイルサイズは6GB

ソニー PS4

1800京個以上の惑星を自由に探索できる『No Man's Sky』開発チームが日本語版に着手、ファイルサイズは6GB
  • 1800京個以上の惑星を自由に探索できる『No Man's Sky』開発チームが日本語版に着手、ファイルサイズは6GB

期待の新作SFアドベンチャー『No Man's Sky』開発ディレクターSean Murray氏より、同作配信ディテールや現在の開発状況が報告されています。

先日には大盛り上がりのHello Games社内フォトと共に開発完了が報告された『No Man's Sky』。Sean Murray氏によれば、現在同作開発チームは第1弾パッチと日本語版の準備に取り組んでいるとのこと。後に注釈を入れているものの、漢字テキストが表示された中国語版スクリーンショットを投稿しながら日本のユーザーに向けた『No Man's Sky』の開発状況を示しました。

また、同作のファイルサイズは6GBになるとのことで、そのうちの多くがオーディオデータで占められているのだとか。広大な宇宙で星々を自由きままに旅する、そんなダイナミックなテーマを掲げるにしてはスリム過ぎるようにも感じられますが、本作で冒険できるロケーションはほとんどが自動生成で作り出されるもの。意外に小ぶりなサイズ感であることも頷けるかもしれません。『No Man's Sky』PS4/PCを対象として北米では8月9日、欧州では8月10日、英国では8月12日より発売。国内ではPS4を対象として、8月25日よりリリースされます。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

    裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

  2. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

    『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  3. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

    『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  4. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

  5. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  6. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  7. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  8. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

  9. PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition が8月24日発売決定!―全世界合計5万台限定の特別モデル

  10. 『フォートナイト バトルロイヤル』のとある場所に「謎の墓」が登場―この裏には悲しい物語があった…

アクセスランキングをもっと見る