人生にゲームをプラスするメディア

ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS

セガ・ライブクリエイションは、テーマパーク「東京ジョイポリス」の新VRアトラクション『ZERO LATENCY VR』のグランドオープン日が2016年7月23日に決定したと発表されています。

ゲームビジネス VR
ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS
  • ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS
  • ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS
  • ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS
  • ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS
  • ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS
  • ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS

セガ・ライブクリエイションは、テーマパーク「東京ジョイポリス」の新VRアトラクション『ZERO LATENCY VR』のグランドオープン日が2016年7月23日に決定したと発表しています。

「東京ジョイポリス」は、1996年にオープンした屋内型テーマパークです。2016年に20周年を迎えることを記念し、新たなアトラクションが導入されるほかコラボイベントなどが実施されています。今回は、フリーロームで同時プレイできるVRアトラクション『ZERO LATENCY VR』の詳細情報が公開されています。


『ZERO LATENCY VR』の第1弾となるソフトは、シューティングゲーム『ZOMBIE SURVIVAL(ゾンビ サバイバル)』。プレイヤーたちはゾンビの大群に襲われた街を舞台に、ゾンビたちと戦いながら救出拠点を守るため戦います。


本アトラクションの予約受付は7月19日9時から開始。特設予約サイトにて予約を行うことができます。


●『ZOMBIE SURVIVAL』概要
・料金:東京ジョイポリス入場料+1,800円(税込)「オープニング価格」
・プレイ人数:1~6名
・年齢制限:13歳以上
・プレイ時間:30分(ブリーフィング時間15分+プレイ時間15分)
・ゲームエリア:16.8m×16.8m = 約282m²
・グランドオープン日:2016年7月23日(土)
・予約受付開始日時:2016年7月19日(火)9:00から

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

※体験画像は試作機による撮影です。実際の製品とは異なる場合があります。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  3. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

    これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  4. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  5. ソーシャルゲームと家庭用ゲームのユーザー比較・・・SIG-Indie第10回勉強会

  6. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  7. 【特集】『オーバーウォッチ』日本語版はこうして生まれた…スクウェア・エニックス 西尾勇輝氏に聞く「ゲームローカライズ」とは

  8. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  9. 【CEDEC 2014】ゲームの楽しさは計測できるのか? ゲーム開発者と学術研究者が語り合った

  10. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

アクセスランキングをもっと見る