人生にゲームをプラスするメディア

『バイオハザード アンブレラコア』狂気の実験を生き抜く「ザ・エクスペリメント」をプレイ!

2016年6月23日(木)にリリース予定の、PS4/PC向け対戦型シューターゲーム『バイオハザード アンブレラコア』。シングルモードである「ザ・エクスペリメント 」のプレイレポを中心にお届けします。

ソニー PS4
『バイオハザード アンブレラコア』狂気の実験を生き抜く「ザ・エクスペリメント」をプレイ!
  • 『バイオハザード アンブレラコア』狂気の実験を生き抜く「ザ・エクスペリメント」をプレイ!
  • 『バイオハザード アンブレラコア』狂気の実験を生き抜く「ザ・エクスペリメント」をプレイ!
  • 『バイオハザード アンブレラコア』狂気の実験を生き抜く「ザ・エクスペリメント」をプレイ!
  • 『バイオハザード アンブレラコア』狂気の実験を生き抜く「ザ・エクスペリメント」をプレイ!
  • 『バイオハザード アンブレラコア』狂気の実験を生き抜く「ザ・エクスペリメント」をプレイ!
  • 『バイオハザード アンブレラコア』狂気の実験を生き抜く「ザ・エクスペリメント」をプレイ!
  • 『バイオハザード アンブレラコア』狂気の実験を生き抜く「ザ・エクスペリメント」をプレイ!
  • 『バイオハザード アンブレラコア』狂気の実験を生き抜く「ザ・エクスペリメント」をプレイ!

2016年6月23日(木)にリリース予定の、PS4/PC向け対戦型シューターゲーム『バイオハザード アンブレラコア』。本編シリーズにも登場した感染者であふれかえるエリアを舞台に、3対3のシューターアクションが楽しめる本作。前回はオンラインモードのプレイフィールを紹介しましたが、今回はシングルモードである「ザ・エクスペリメント 」のプレイレポを中心にお届けいたします。

◆まずはメインモードとなるオンライン対戦をおさらい



『バイオハザード アンブレラコア』のメインとなるモードは、仲間と連携して戦うオンライン対戦モードです。圧倒的に優れた武器が存在しない本作では、いかに有利な状況で戦うかが勝利への鍵となるため、プレイヤースキルだけでなく仲間との連携も重要なポイント。

バトルは3対3、エリアのサイズが小さめなので相手に遭遇する確率が高く、さらに3分間という短い対戦時間設定なので非常にハイスピードに展開していきます。敵との距離を考え近接武器であるゾンビバイルを使用したり、感染者による妨害、アナログカバーを使いこなして遮蔽物から隠れる度合いを調整したりと、撃ち合いだけではない楽しみ方も用意されています。


オンラインでプレイできるルールは、リスポーンがなく、緊張感が味わえる「ワンライフ・マッチ」、8種類の対戦ルールがランダムで選ばれる「マルチミッション」の2種類。なかでも「マルチミッション」は、感染者からDNAを集めたり、1つのアタッシュケースを奪いあったり、ランダムで選ばれたターゲットとなるプレイヤーを倒すなどバリエーションがあります。

拠点を防衛するタイプのミッションでは仲間と連携して1つの場所に留まるのが有利ですが、5つの機密書類を集める「コレクター」ではせっかく苦労して集めても、敵に倒されるとその場にアイテムを落としてしまうため、一気に回収されてしまう可能性も。ルールによっては個人プレイの方が勝利しやすい場合もあるため、戦略の柔軟性が求められる楽しさがあります。

◆狂気の実験を生き抜け!ソロ用モード「ザ・エクスペリメント」



1人プレイ専用モードである「ザ・エクスペリメント」は、感染者やクリーチャーがうごめく封鎖地区を戦場に、実験=実戦の被験体として20を超えるミッションを生き残ることを目的にしたモードです。本作の世界観を深く味わうためのストーリーはミッション選択時に語られ、実験が次第に苛烈さを帯びていく雰囲気を感じ取ることができます。


ミッションはそれぞれクリア目標が異なります。限られた兵装で感染者を倒し規定数のDNAサンプルを集める「DNA HUNTER」、エリア内にある通信設備を再起動し一定時間防衛する「DOMINATION」、複数の機密アイテムを回収する「COLLECTOR」、複数のラウンドをまたいでひたすら感染者を倒していくミッションもありました。これらのルールはマルチプレイでも同様のルールで遊ぶことができますが、シングルプレイではすべてを1人でこなさなければなりません。


まず、地下に建造されたアンブレラの研究施設「アンブレラ ラボ」からスタート。このエリアにはゾンビが登場しますが、壁や扉などのギミックが多くマップもあまり広くないので、落ち着いて1体1体撃破を狙えます。しかし、次のエリアである『バイオハザード5』に登場した多国籍複合企業トライセルの施設、「トライセルHQ」は、開けた場所が多く、動きの素早いケルベロスも登場するので、背後に注意を払わないと気がついた時には囲まれて絶体絶命の状況に陥ってしまいます。さらに、『バイオハザード4』に登場した「発端の村」では、攻撃的で武器を持っている場合もあるガナード、プレイヤーを空中から襲うカラスなども登場し、さらにミッション達成が困難になっていきます。

シングルモードでは、感染者はプレイヤーを発見次第襲ってくるため、『バイオハザード』シリーズ本編のような感覚でプレイができました。序盤のミッションでは、辺りを歩きまわるゾンビをさくさく倒していけばいいので難易度は低め。シューター初心者が練習をしたり、エリアを探索するにはピッタリの内容となっています。


しかし、ミッションを進めていくにつれて、多数のゾンビを相手に限られた装備で立ち向かっていかなければならず、非常に緊張感のある激戦が行われます。弾薬やグリーンハーブ(回復アイテム)はエリア内に配置されていますが限りがあるので、なくなってしまったらゾンビバイルを使った近接攻撃を駆使して生き残るしかありません。囲まれると多勢に無勢、あっという間に喰われてしまいゲームオーバーになることも。難易度はどんどん上がっていくので、いかに1対1の局面を作れるか、弾を無駄に使わないか、状況に応じて適切な装備を選択できるかが重要になっていると感じました。


カバーアクションよりも、的確な判断や周りの状況把握が求められるシングルモード。シューター初心者のトレーニングだけでなく、しっかりとやり込むことでマルチプレイでも活かせるスキルが身につくと思います。狂気の実験をクリアし、最強の傭兵へと近づきましょう。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.
《カミヤマ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『十三機兵防衛圏』発売2か月で10万セールス達成!デザイナー・平井有紀子氏による御礼イラスト公開

    『十三機兵防衛圏』発売2か月で10万セールス達成!デザイナー・平井有紀子氏による御礼イラスト公開

  2. 『仁王2』キャラクリのテンプレに『FF14』“吉田P”モチーフのモデルが!? DLCの舞台は「更なる過去」に【特別番組まとめ】

    『仁王2』キャラクリのテンプレに『FF14』“吉田P”モチーフのモデルが!? DLCの舞台は「更なる過去」に【特別番組まとめ】

  3. 『FF7 リメイク』「クラウドの女装シーンが大幅にショーアップ」「新たなボスも登場します」─想いと熱意を明かす開発者メッセージが公開

    『FF7 リメイク』「クラウドの女装シーンが大幅にショーアップ」「新たなボスも登場します」─想いと熱意を明かす開発者メッセージが公開

  4. PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

  5. PS4『パタポン』9月21日発売決定! アナウンストレーラーもお披露目

  6. PS4『ストリートファイターV チャンピオンエディション』追加コンテンツDLCカードがローソン限定で2月10日発売!豪華景品が当たるキャンペーンも

  7. PS4『パタポン2 リマスタード』海外発表!米国時間1月30日にPS Storeで配信決定

  8. 【プレイレポ】リマスター作品にも関わらず、4K画質にも耐えうるPS4『パタポン』に隠された秘密とは?

  9. 『JUMP FORCE』「ONE PIECE」「BLEACH」「HUNTER×HUNTER」などの登場キャラクターを一挙公開!

  10. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

アクセスランキングをもっと見る