人生にゲームをプラスするメディア

スマホアプリ版『どうぶつの森』『ファイアーエムブレム』の方向性が明らかに…「家庭用版と連携」「SRPGとして遊べるもの」

任天堂は、2016年4月28日に明らかとした決算説明会の社長説明にて、スマートデバイス向けアプリの展開に関する発表を行いました。

任天堂 その他
スマホアプリ版『どうぶつの森』『ファイアーエムブレム』の方向性が明らかに…「家庭用版と連携」「SRPGとして遊べるもの」
  • スマホアプリ版『どうぶつの森』『ファイアーエムブレム』の方向性が明らかに…「家庭用版と連携」「SRPGとして遊べるもの」
  • スマホアプリ版『どうぶつの森』『ファイアーエムブレム』の方向性が明らかに…「家庭用版と連携」「SRPGとして遊べるもの」
任天堂は、2016年4月28日に明らかとした決算説明会の社長説明にて、スマートデバイス向けアプリの展開に関する発表を行いました。

先日、米任天堂が『どうぶつの森』と『ファイアーエムブレム』のスマートデバイス向けアプリを発表しましたが、その方向性などが決算説明会の社長説明にて判明しました。

家庭用ゲームにおけるシミュレーションRPGの先駆けとなり、今も高い人気を誇る『ファイアーエムブレム』シリーズ。歯応えのある難易度なども好評を博す背景のひとつとなっていますが、スマートデバイスで初めて『ファイアーエムブレム』シリーズに触れるユーザーも視野に入れてるとしており、「ゲーム専用機向けにリリースされたシリーズタイトルと比べて、より間口の広い遊びを快適に楽しんでいただきたい」と、幅広い層に向けたゲーム内容になる模様です。

同時に、「ロールプレイング・シミュレーションゲームとしても、しっかり遊べるもの」を目指すともしており、やり応えのある内容になると示唆。また同時に、アプリ版『ファイアーエムブレム』も、これまでのシリーズと同ジャンルのゲームであると予想させるコメントとなりました。

そして、スローライフを楽しむという切り口が好評を博し、こちらもジャンルを大きく盛り上げた『どうぶつの森』シリーズのアプリ版に関しては、「キャラクターや世界観を題材にした、新しいスマートデバイス向けアプリ」になると説明。また、ゲーム専用機版『どうぶつの森』シリーズとなんらかの形で連携し、両方を遊ぶことで更に面白さが増すような仕組みを考えたいとしています。

いずれも、シリーズの魅力や関係性を強く意識したアプリとなるものと思われます。なお具体的なアプリの内容に関しては、サービス開始時期に改めて紹介するとのことです。

(C)Nintendo
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  2. 『スマブラSP』今作のCPUは過去最強!?あなたのCPUに対する評価はどれくらい?【アンケート】

    『スマブラSP』今作のCPUは過去最強!?あなたのCPUに対する評価はどれくらい?【アンケート】

  3. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  4. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  6. 『スマブラSP』DLCでの参戦を決めた「ジョーカー」の特別イラストが早速公開!

  7. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  8. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  9. PS4/スイッチ新作『スーパーロボット大戦T』2019年3月20日に発売決定!【UPDATE】

  10. 3DS『ポケモン』「特別なきのみ」を2019年1月8日から期間限定で配信─バトル環境にも変化が?

アクセスランキングをもっと見る