人生にゲームをプラスするメディア

CESAが「ガチャ規定」に関する新ガイドラインを発表…多数の大手メーカーが賛同

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が、2016年4月27日に、「ネットワークゲームにおけるランダム型アイテム提供方式運営ガイドライン」を発表しました。

その他 全般
CESAが「ガチャ規定」に関する新ガイドラインを発表…多数の大手メーカーが賛同
  • CESAが「ガチャ規定」に関する新ガイドラインを発表…多数の大手メーカーが賛同
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が、2016年4月27日に、「ネットワークゲームにおけるランダム型アイテム提供方式運営ガイドライン」を発表しました。

ランダム型アイテム提供方式、いわゆる「ガチャ」に関しては、これまで幾度となく議論が持ち上がっており、一部では問題として取り上げられるケースもありました。そのため今現在も、ユーザーのみならずゲーム業界全体が注目し、またそれぞれが対応すべく動いています。

今回発表された新たなガイドラインでは、有料ガチャで取得できるガチャアイテム一覧の表示や、すべてのガチャアイテムの提供割合が分かる表示などが規定されており、ガチャに対する不信・不安を拭うためのルール作りを改めてはっきりとさせた形となります。

今回CESAが制定したガイドラインに対し、各社は素早く反応。スクウェア・エニックス、セガ、バンダイナムコエンターテインメント、カプコン、コーエーテクモゲームス、DeNA、KONAMIなどが賛同を表明。多くの企業が、新たなガイドラインで定められている移行期間(賛同表明から1年以内)の間に、有料ガチャのアイテムの提供割合表示を視野に入れた対応を進めていくと述べています。

ネットワークゲームにおけるランダム型アイテム提供方式運営ガイドライン

1. 基本理念・目的

● 本ガイドラインは、当協会に加盟するネットワークゲームサービス提供会社(以下、「サービス提供会社」という。)がそれぞれのネットワークゲームを適正に円滑に運営することにより、ユーザーに安心、安全にゲームを楽しんでもらい、健全な市場成長や充実したユーザープレイ環境構築のベースになることを目的とする。

● 本ガイドラインに賛同する当協会のサービス提供会社は、自己が提供するネットワークゲームにおいて、本ガイドラインに定める事項並びに不当景品類及び不当表示防止法(いわゆる景品表示法)、その他の関係法令を遵守する。

● 本ガイドラインは、業界や市場の変化に応じて、随時の見直しと更新を継続していく。

● 当協会及びサービス提供会社は、本ガイドラインの業界内外の理解を深めるための啓発活動を積極的に行っていく。

2. 本ガイドラインの適用範囲

本ガイドラインの適用範囲は、国内における、『スマートフォン』からインターネットを介してサービス提供会社が提供するゲーム全般、とする。

3. 本ガイドラインの各種用語の定義

A) ランダム型アイテム提供方式 文字、絵、符号等を電磁的に表示した、ネットワークゲーム上で使用できるキャラクター、アイテム等(以下、アイテム等)を、偶然性を利用してアイテム等の種類が決まる方法によって提供する方式をいう。

B) 有料ガチャ
・金銭
・金銭で購入できる仮想通貨(プラットフォーム又はネットワークゲーム等内において流通するもの) これらを直接の対価として行なうことができるランダム型アイテム提供方式をいう。

C) ガチャアイテム
ランダム型アイテム提供方式により利用者に提供されるアイテム等をいう。

D) ガチャレアアイテム 有料ガチャにより提供されるガチャアイテムであって、同一の有料ガチャにより提供される他のガチャアイテムと比較して、顕著な特徴を有するもの、提供割合が低いもの、または提供数や期間が限定されたもの等、顧客を誘引する目的で提供されるものをいう。

E) ガチャページ 有料ガチャに関する情報が記載された、各オンラインゲームタイトルの公式サイトのトップページもしくは有料ガチャを提供する各種画面またはこれらのページからリンクされたページ

4. 仕様に関する事項

(1) 有料ガチャにおいては、以下の各号に示す事項を、ユーザーが容易に認識できる場所または方法により表示するものとする。
A) 有料ガチャにより取得できるガチャアイテムの一覧
B) 特定の有料ガチャにおいて、重複するガチャアイテムを入手する可能性がある場合、その旨

(2) 有料ガチャにおいて、サービス提供会社は下記を遵守する。
【全ガチャアイテム提供割合表示】:提供されるすべてのガチャアイテムの提供割合が分かる表示。
また、その表示はユーザーが容易に認識できる場所または方法により表示するものとする。

ただし、サービス提供会社は自己の判断において、全ガチャアイテム提供割合表示に十分に相当するユーザーの分かりやすさを維持し、加えてそれをユーザーに具体的にかつ分かりやすく説明する場合には、全ガチャアイテム提供割合表示に代えて、以下のいずれかを選択することができる。

- いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額(その設定された提供割合から期待値として算定される金額をいう)の上限は、有料ガチャ1回あたりの課金額の100 倍以内とし、当該上限を超える場合、ガチャページにその推定金額または倍率を表示する。
- いずれかのガチャレアアイテムを取得するまでの推定金額の上限は50,000 円以内とし、当該上限を超える場合、ガチャページにその推定金額を表示する。
- ガチャレアアイテムの提供割合の上限と下限を表示する。
- ガチャアイテムの種別毎に、その提供割合を表示する。

5. 運営に関する事項

(1) 有料ガチャにおいて、キャンペーン企画等の一時的な変更も含め、ガチャアイテムの提供割合を変更する場合、当該変更の条件、変更の度合いを表示するものとする。

(2) 前号に定める表示は、ユーザーが容易に認識できる場所または方法により表示する。

6. 検証に関する事項

(1) 有料ガチャの運営を担当する部門から独立した部門によって、ガチャの仕様の検証を行う

(2) 不適切な事実や不具合が発見された場合、速やかにその事実を表示し、改善策と防止策を実施する。

7. ユーザーからの問い合わせに関する事項

(1) サービス提供会社は、ユーザーから問い合わせを受け付ける窓口を設置する。

(2) 当協会は、サービス提供会社が運営するネットワークゲームに関し、ユーザー又は消費者センター等からの問い合わせを受け付ける窓口を設置する。

(3) 当協会に対するユーザー又は消費者センター等からの問い合わせがある等の場合であって、当協会において対応が必要と判断したときは、当協会はサービス提供会社に対し当該問い合わせの対応に必要な事項の報告を求めることができるものとし、サービス提供会社は当該求めにすみやかに応じるものとする。

8. 賛同表明

(1) 本ガイドライン制定日現在に当協会の会員であって、本ガイドラインに賛同するサービス提供会社については、制定日から3か月以内を目途にユーザーに分かりやすく賛同表明することとする。

(2) 本ガイドライン制定日以降に当協会に加入した会員であって、本ガイドラインに賛同するサービス提供会社については、加入日から3か月以内を目途にユーザーに分かりやすく賛同表明することとする。

(3) サービス提供会社は、賛同表明から1年以内に、サービス提供会社が提供するネットワークゲームにおいて、遵守を開始するものとする。

以上

2016年4月27日 制定
2016年4月27日 施行
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

    「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

  2. 12年に及ぶプロジェクト『FF15』で田畑氏が残したレガシーとは?ーそして『FF16』に求めること【特集】

    12年に及ぶプロジェクト『FF15』で田畑氏が残したレガシーとは?ーそして『FF16』に求めること【特集】

  3. ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

  4. いるはーと VS ???―インサイドちゃんの番組特別企画「VTuberハートフル頂上決戦」が11月22日に配信決定!

  5. 『アレスタ』新作、そして『エスプレイド』移植決定! エムツー、『M2 Shot Triggers』新作をアキバで発表

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 実写映画版『名探偵ピカチュウ』予告編第一弾が海外向けに公開!

  8. 【コスプレ】「ホココス2018秋」美女レイヤーまとめ 人気キャラがホコ天を彩る【写真122枚】

アクセスランキングをもっと見る