人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】『ニーア オートマタ』実機デモお披露目!3Dモデルに盛り込まれたフェチズムや、爽快なアクションをチェック

スクウェア・エニックスは、4月16日に開催したコンサート「NieR Music Concert & Talk Live 滅ビノ シロ 再生ノクロ」のトークコーナーにて、PS4ソフト『NieR: Automata』の実機デモを実施しました。

ソニー PS4
【レポート】『ニーア オートマタ』実機デモお披露目!3Dモデルに盛り込まれたフェチズムや、爽快なアクションをチェック
  • 【レポート】『ニーア オートマタ』実機デモお披露目!3Dモデルに盛り込まれたフェチズムや、爽快なアクションをチェック
  • 【レポート】『ニーア オートマタ』実機デモお披露目!3Dモデルに盛り込まれたフェチズムや、爽快なアクションをチェック
  • 【レポート】『ニーア オートマタ』実機デモお披露目!3Dモデルに盛り込まれたフェチズムや、爽快なアクションをチェック
  • 【レポート】『ニーア オートマタ』実機デモお披露目!3Dモデルに盛り込まれたフェチズムや、爽快なアクションをチェック
スクウェア・エニックスは、4月16日に開催したコンサート「NieR Music Concert & Talk Live 滅ビノ シロ 再生ノクロ」のトークコーナーにて、PS4ソフト『NieR: Automata』の実機デモを実施しました。

『NieR: Automata』は『ニーア』シリーズの最新作で、地球を侵略した謎の異星人と、地上を追われ月へと逃げ延びた人類との戦いを描いた物語が展開。開発はプラチナゲームズが担当します。



今回のトークコーナーには、プロデューサーの齊藤陽介氏、ディレクターのヨコオタロウ氏、コンポーザーの岡部啓一氏、ゲームデザイナーの田浦貴久氏、MCの門脇舞以さんが登壇。実機デモは目標である60fpsで動作しており、「工場廃墟」ステージで「2B」を使用したアクションを中心とした内容に。開発状況は“死に物狂いでがんばっている”とのことですが、3Dモデやモーションはかなりのクオリティで、華麗なコンボや空中戦が披露されました。

工場廃墟のイメージボード

本作ではアクションゲームが得意ではないプレイヤーでも快適に遊べるように調整されているとのことで、近接攻撃は□ボタンと△ボタンの2つを使用。ボタンによって攻撃する武器が変化します。また「2B」の近くには「9S」がサポートキャラとして動向しており、周囲の敵を自動的に攻撃。さらに「2B」以外のキャラクターを操作することも可能で、キャラクターによってそれぞれ異なる遊びが用意される予定です。

2B/9S

この他にも、オブジェクトを破壊して道を切り開いたり、マップ上に設置されているアイテムの回収や、サイドビュー視点なども確認することができました。



そんな中、特に驚いたのが「2B」の3Dモデルです。会場には本作の資料も展示されており、CGアートの説明部分には「吉田(明彦)さんのキャラクターデザインをいかにニーアの世界に溶け込ませるか、を考えながらこの造形にたどりつきました。



目隠しを脱いだ姿が見られるかどうかはわかりませんが、海外製ドールのような恐ろしくも感じる美しさを目指して造形しました。フェチズムが盛り込まれておりますのでご期待ください。」と書かれているのですが、まさにそのとおり。



吉田明彦氏のテイストを違和感なく3DCGに落とし込んでおり、質感や服のボリューム感はよく表現されていました。さらにイラストでは分かり難いですが、右足部分が大胆なことになっており、かつスカート部分が非常に短いため、3Dで自由に動かすと大変なことになりそうです。



なお、ヨコオタロウ氏からは「エンディングを有料ガチャ化するというアイデアもあった」という笑い話も。同氏によると、ストーリー自体は“ハッピーエンド”になるとのことですが、スタッフ陣やキャスト陣からは「そんなことはない」「いつものエンディングだった」「いろんなところで賛否両論が」というコメントが出ており、ヨコオタロウ氏自身も「ハッピーエンドなんですけど、みんなが違うというので、もしかしたらバッドエンドかもしれない。」とコメントしていました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『NieR: Automata』は発売日・価格ともに未定です。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』は本格ローグライクRPG! ADVパートでは特別なグラフィックも

    PS4『ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮』は本格ローグライクRPG! ADVパートでは特別なグラフィックも

  2. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

    尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  3. 100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

    100タイトル以上の名作が最大85%OFF!「ハロウィンセール」&「PS Vitaタイトルセール」開催中

  4. 『モンハン:ワールド』世界大会を終えた各国の選手に色々聞いてみた―辻本P&徳田D総括も

  5. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  6. オススメ!『PS4の基本プレイ無料ゲーム』【2018/10/10更新】

  7. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  8. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  9. 『フォートナイト』最新v6.01パッチノート!冷却装置やプレイグラウンドのカスタムオプション追加

  10. 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界

アクセスランキングをもっと見る