人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドウ64の全てを紹介する究極の一冊、Kickstarterで資金調達開始

ニンテンドウ64の全てを紹介する本の出版を目指すプロジェクト「Nintendo 64 Anthology - The Ultimate Book」が、Kickstarterでの資金調達を開始しました。

任天堂 その他
ニンテンドウ64の全てを紹介する究極の一冊、Kickstarterで資金調達開始
  • ニンテンドウ64の全てを紹介する究極の一冊、Kickstarterで資金調達開始
  • ニンテンドウ64の全てを紹介する究極の一冊、Kickstarterで資金調達開始
  • ニンテンドウ64の全てを紹介する究極の一冊、Kickstarterで資金調達開始
  • ニンテンドウ64の全てを紹介する究極の一冊、Kickstarterで資金調達開始
ニンテンドウ64の全てを紹介する本の出版を目指すプロジェクト「Nintendo 64 Anthology - The Ultimate Book」が、Kickstarterでの資金調達を開始しました。

これは間もなく生誕20周年を迎えるニンテンドウ64を祝うためにファンが出版を決意したもので、350ページものボリュームある一冊となる予定です。

全世界で発売された388タイトルの完全ライブラリを始め、様々なタイプの本体やコントローラーの紹介、ニンテンドウ64の歴史などを網羅する内容で、『ゴールデンアイ007』の制作に携わったMartin Hollis氏や、NINTENDO64のワーストゲームと名高い『Superman』のEric Caen氏のインタビューの掲載も予定されています。

また、この本には通常版のほかいくつかのスペシャルエディションも用意されており、コレクターズ版には特製カバーが付いてくるほか、世界中のベスト広告を24ページに渡って紹介した追加ページが存在するとのこと。 さらにパッケージアートコレクション版には750タイトル分のパッケージが掲載された特製本が付属します。

しかしもっとすごいのはカスタムゼルダエディションで、これにはなんとアーティストがデザインした『ゼルダの伝説』仕様のニンテンドウ64が含まれています。 こちらは限定5本のパッケージで500ユーロ(約61000円)のPledgeとして用意されていましたが、見たところすでに完売してしまったようです。



目標額は5万ユーロですが、すでに2万ユーロが集まっており、このまま順調にいくと達成することは間違いなさそう。 実際に本がもらえるのは40ユーロ(約4900円)からのPledgeですが、その中でも一番人気はやはりパッケージアートコレクション版で、80ユーロ(約9800円)にもかかわらず出資者が殺到しているようです。

全編英語の内容ですが、ビジュアルも盛りだくさんのようですので目で楽しむだけでも面白そうです。 日本を含む海外への発送も可能ということですので、興味のある方はKickstaterのページを訪れてみてはいかがでしょうか。
《菜種》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『遊戯王 マスターデュエル』新テーマ「相剣」は「ドラグマ」「氷水」と密接な関係に!対戦がさらに面白くなる背景を解説

    『遊戯王 マスターデュエル』新テーマ「相剣」は「ドラグマ」「氷水」と密接な関係に!対戦がさらに面白くなる背景を解説

  2. 『モンハンライズ:サンブレイク』弓、チャージアックス、ガンランスの新アクション公開!“常軌を逸した技”が登場

    『モンハンライズ:サンブレイク』弓、チャージアックス、ガンランスの新アクション公開!“常軌を逸した技”が登場

  3. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  4. 『モンハンライズ:サンブレイク』太刀、ランスの新アクション公開!新たな納刀動作「威合」などが追加へ

  5. 『モンハンライズ:サンブレイク』ダウンロードカード各種が5月30日より販売開始!購入者特典や豪華抽選プレゼントも

  6. 連載開始から40年以上…今なお愛され続ける『キン肉マン』の懐かしゲーム3選

  7. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新御三家はだれを選ぶ?2,000人以上が投票したアンケート結果発表!

  8. 『Apex』新シーズンで最も強い“覇権武器”は?トッププレイヤーたちの評価を比較

  9. スイッチで『テラリア』が期間限定の遊び放題に!次回「いっせいトライアル」5月30日より開催決定

  10. 「ゆっくり茶番劇」騒動まとめ─無関係の第三者が商標登録、出願代理事務所は本件に関して謝罪

アクセスランキングをもっと見る