人生にゲームをプラスするメディア

プラチナゲームズ齋藤健治がアニメ「キルラキル」のゲーム化希望を語る

『Metal Gear Rising: Revengeance』のディレクターとして知られるプラチナゲームズ齋藤健治氏。海外メディアPolygonが、同氏が過去にツイートした「キルラキルかベルセルクのゲームを作りたい」というコメントに端を発した、興味深いミニインタビューを実施しています。

その他 全般
 
  •  
  •  

『Metal Gear Rising: Revengeance』や『TRANSFORMERS: Devastation』のディレクターとして知られるプラチナゲームズ齋藤健治氏。海外メディアPolygonが、同氏が過去にツイートした「キルラキルかベルセルクのゲームを作りたい」というコメントに端を発した、興味深いミニインタビューを実施しています。

インタビューでは2013年10月から2014年3月に国内でテレビ放映され、国内外で高い評価を受けたテレビアニメ「キルラキル」のゲーム化について質問。齋藤氏は、もしプラチナゲームズが「キルラキル」をゲーム化できるなら「(プラチナゲームズが)得意なアクションであるので、スラッシュアンドハックなどをやりながら、気持ち良い斬撃ができるアクションゲームを目指したい」と語っています。

また、「キルラキルのゲーム化をプラチナゲームズで実現するためにファンができることは?」という質問では「僕も知りたい」と語りつつも、「やはりファンの声が大きいと思うので、(プラチナゲームズで)ほんとに作ってくれとメーカーさんに頼むしかないなって思います」とコメント。国内と海外のファンが力を合わせて声を上げれば、プラチナゲームズでの「キルラキル」ゲーム化が実現するかもしれませんね。


なお、本インタビューはPolygonの、ゲーム開発者に『スーパーマリオメーカー』をプレイしてもらう「Devs Make Mario」最新エピソードの最中に行われたもので、齋藤氏は『スーパーマリオブラザーズ3』をベースにコースを制作。途中での強敵との遭遇やジャンプを多用した構成などアクション性の高さが特徴的です。

同氏が作成したコースのIDは「05AA-0000-0213-4647」、興味のある人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

プラチナゲームズ・齋藤氏がアニメ「キルラキル」のゲーム化希望を語る―海外メディアがインタビュー

《水京》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

    ミスド、「ピカチュウドーナツ」を販売開始―人気沸騰で一部店舗では品切れ状態

  2. 【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

    【コスプレ】マシュや水着ネロ…薄着で頑張るレイヤーさんも!「ホココス2018秋」FGOまとめ【写真57枚】

  3. マクロミル、「eスポーツは日本で浸透するのか?」調査結果を発表─ゲームのプレイ率は75%。種類は「スマホゲーム」がダントツ

    マクロミル、「eスポーツは日本で浸透するのか?」調査結果を発表─ゲームのプレイ率は75%。種類は「スマホゲーム」がダントツ

  4. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. ポケモンカード「タッグボルト」12月7日発売!史上最強のピカチュウとイーブイが登場

  7. 実写映画版『名探偵ピカチュウ』予告編第一弾が海外向けに公開!

  8. 『ポケカ』11月23日発売のスターターセットはオンラインでの抽選販売のみに変更─「タッグボルト」の販売方式も検討へ

  9. Epic Games、『フォートナイト』アカウントのコンソールの紐付け解除・再紐付けを近日開始

アクセスランキングをもっと見る