人生にゲームをプラスするメディア

プラチナゲームズ齋藤健治がアニメ「キルラキル」のゲーム化希望を語る

『Metal Gear Rising: Revengeance』のディレクターとして知られるプラチナゲームズ齋藤健治氏。海外メディアPolygonが、同氏が過去にツイートした「キルラキルかベルセルクのゲームを作りたい」というコメントに端を発した、興味深いミニインタビューを実施しています。

その他 全般
 
  •  
  •  

『Metal Gear Rising: Revengeance』や『TRANSFORMERS: Devastation』のディレクターとして知られるプラチナゲームズ齋藤健治氏。海外メディアPolygonが、同氏が過去にツイートした「キルラキルかベルセルクのゲームを作りたい」というコメントに端を発した、興味深いミニインタビューを実施しています。

インタビューでは2013年10月から2014年3月に国内でテレビ放映され、国内外で高い評価を受けたテレビアニメ「キルラキル」のゲーム化について質問。齋藤氏は、もしプラチナゲームズが「キルラキル」をゲーム化できるなら「(プラチナゲームズが)得意なアクションであるので、スラッシュアンドハックなどをやりながら、気持ち良い斬撃ができるアクションゲームを目指したい」と語っています。

また、「キルラキルのゲーム化をプラチナゲームズで実現するためにファンができることは?」という質問では「僕も知りたい」と語りつつも、「やはりファンの声が大きいと思うので、(プラチナゲームズで)ほんとに作ってくれとメーカーさんに頼むしかないなって思います」とコメント。国内と海外のファンが力を合わせて声を上げれば、プラチナゲームズでの「キルラキル」ゲーム化が実現するかもしれませんね。


なお、本インタビューはPolygonの、ゲーム開発者に『スーパーマリオメーカー』をプレイしてもらう「Devs Make Mario」最新エピソードの最中に行われたもので、齋藤氏は『スーパーマリオブラザーズ3』をベースにコースを制作。途中での強敵との遭遇やジャンプを多用した構成などアクション性の高さが特徴的です。

同氏が作成したコースのIDは「05AA-0000-0213-4647」、興味のある人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

プラチナゲームズ・齋藤氏がアニメ「キルラキル」のゲーム化希望を語る―海外メディアがインタビュー

《水京》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. スタイリッシュ、そして恐怖!遊び心満載のカプコンブースレポート【TGS2018】

    スタイリッシュ、そして恐怖!遊び心満載のカプコンブースレポート【TGS2018】

  2. 『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

    『バイオハザード RE:2』ステージレポ─手に汗握る実機プレイに会場の視線も釘付け【TGS2018】

  3. 『UNDERTALE』の気になる食べ物10選、これ本当に食べ物なの!?

    『UNDERTALE』の気になる食べ物10選、これ本当に食べ物なの!?

  4. 『Readyyy!』アイドル・久瀬光希と会話や記念撮影ができる撮影スポットを体験!率直に言ってときめいた【TGS2018】

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. 『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

  7. タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

  8. 「TGS2018」SNK物販ブースの情報が公開―限定ステッカー付きの『NEOGEO mini』や、品薄が続く『PAD』なども販売!

  9. コジマプロダクション、東京ゲームショウ2018に物販ブースで参加決定―新商品のリクエストも受付中

アクセスランキングをもっと見る