人生にゲームをプラスするメディア

「Oculus Rift」対応作品はSteamなどで販売可能、手数料など無し

ゲームビジネス VR

「Oculus Rift」対応VR作品はSteamなどで販売可能、手数料など無し―公式ブログ報告
  • 「Oculus Rift」対応VR作品はSteamなどで販売可能、手数料など無し―公式ブログ報告
Oculus VR社は公式ブログの中で、Oculus Rift対応VRタイトルを「Oculus Store」以外のサービスで販売・提供することを認め、Steamやその他PC向けゲーム配信プラットフォームで各対応作品を利用できると発表しました。

公式ブログが伝えるところによれば、Oculus Rift対応アプリケーションのデベロッパーは「Oculus Store」の利用を義務付けられることがなく、アプリ内課金(In App Purchase)の提供についても制限が課されないとのこと。販売に際してOculus側から手数料を要求することはなく、ロイヤリティフリーキーも求めることが可能と述べています。なお、Oculus Store外のアプリをRiftで利用する際には「Unknown Sources」の利用設定をオンにする必要があるとのことです。

Oculus Riftは海外で3月28日より出荷スタート。新たなVR体験を提供するデバイスとして、「HTC Vive」「PlayStation VR」に先んじた形でユーザーの手元へ届けられつつあります。

「Oculus Rift」対応VR作品はSteamなどで販売可能、手数料など無し―公式ブログ報告

《subimago》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  2. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  3. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

    【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 【E3 2015】ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology

  6. 上海アクセスブライトに聞く、中国スマホゲーム市場と中国展開の秘訣・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第30回

  7. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

  8. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  9. 【CEDEC2017】継続率を高めるKPI管理の仕組みースマホゲームのカスタマーサポート運用ノウハウ

  10. 「Gear VR」レンタルがDMMで開始、3日間で5,000円

アクセスランキングをもっと見る