人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

2016年3月18日から実施されるの「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング」プレス向け体験会に参加してきました。

ゲームビジネス VR
【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない
  • 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない
  • 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない
  • 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない
  • 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない
  • 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない
  • 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない
  • 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない
  • 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない
2016年3月18日から実施されるの「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング」プレス向け体験会に参加してきました。

この企画はIBMが有しているクラウドサービス「SoftLayer」をシステム基盤として活用し、VRMMORPG「ソードアート・オンライン」へと至るアルファ版を現代の技術で作り上げ、10万人を超える応募者から抽選で選ばれた208人のテスターに体験してもらおうという技術デモイベントです。


さらっと言いましたが、逆に考えると約9万9800人のファンが落選したことに。選ばれし人々の強運ぶりに震えますね……。さっそくたっぷりの写真を見ながら、テストの様子を振り返って行きます。

◆ナーヴギアは完成していた!?



筆者が指定された都内某所に到着すると、白衣を着た怪しい男たちが待ち構えており、まずは受付でログイン用のアカウントを作成することに。その後テスト開始時間になり、分厚い扉で厳重に管理された密室へと連れ込まれた筆者。




大量のPCが並べられ、なんとも言えない緊張感が漂っていましたが、アレを目にした途端にテンションが振り切れてしまいました。そう、ナーヴギアです!完成していたのか!?



今回のテストで用意されている「ナーヴギア」は「OculusRift(DK2)」に、モーションセンサー「リープモーション」と、VR-HMDでARを追加するステレオカメラ「Ovrvision」を組み合わせた装置。また、センサー機能の補助として、正面に「Kinect2」も設置され、専用の靴には歩行を検知するセンサーが取り付けられていました。


テスターはプレイ開始の前に自身のアバターを作成するために、白い布で覆われた極秘ブースで、身体スキャンを受ける必要があります。スキャンは一瞬で終わってしまいますが、この時に無駄に胸を張ると、アバターが超鳩胸キャラになってしまうので、ほとほどにリラックスした姿勢で臨むのがベストでしょうね。
《haruyasy》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2019年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 2019年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  4. 『バンジョーとカズーイの大冒険〜グランティの復讐』が携帯向けに国内初上陸

  5. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  6. キリスト教系の投資会社がゲームを採点、「最も不快なビデオゲーム」をピックアップ

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. 「ゲーム機は次の世代で最後になる」-次に来るのは果たして?

  9. 【今どきゲーム事情】杉山淳一:専修大学の「Eスポーツ講座」に潜入!

  10. 『Dishonored』『ポケモンB2W2』が割拠!10月7日~13日のUKチャート

アクセスランキングをもっと見る

1