人生にゲームをプラスするメディア

人工知能 vs プロ棋士、世紀の囲碁対決は人類側が1勝4敗で終局

その他 全般

第5戦の終盤(囲碁プレミアムの中継画面より)
  • 第5戦の終盤(囲碁プレミアムの中継画面より)
  • 勝利が確定した後の、デミス・ハサビス氏のツイート
  • 『Google DeepMindチャレンジマッチ』全5局の結果(囲碁プレミアムの中継画面より)
 『Google DeepMindチャレンジマッチ』全5局の最終戦が、15日に行われた。前回の第4戦で勝利した李世ドル氏に連勝の期待がかかったが、第5戦に敗北。プロ棋士と人工知能の対局は、1勝4敗の結果に終わった。

 Google傘下のDeepMindが開発した人工知能「アルファ碁」(AlphaGo)と李世ドル氏の対局は、現地・韓国でも大きく注目され、KBS放送は、通常放送を取り止め、対局をライブ中継した。アルファ碁は、第5戦で大きなミスと思われる手を打ち、序盤から苦戦。DeepMind社CEOのデミス・ハサビス氏は、「アルファ碁は、ゲーム序盤に悪いミスをした。しかしいま、懸命に挽回しようとしている」と、対局中にツイート。自身の人工知能を応援した。

 一方の李世ドル氏は、さらに攻め込もうとし、お互い時間ぎりぎりまで使い切る熱戦となったが、最後に力及ばず敗退。アルファ碁が勝利した。

 デミス・ハサビス氏は、「アルファ碁が第5戦に勝った! 信じられないような、歴史に残る対局の1つだった。序盤のミスを挽回できたのは衝撃的だった」とコメント。そのうえで「歴史的な対局を生み出した、天才・セドル氏とアルファ碁チームを祝福したい」と、双方に感謝の念を述べている。

人工知能がプロ棋士に勝ち越し! 世紀の囲碁対決は人間側が1勝4敗で終局

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

    『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  3. 「闘会議2018」で『スプラトゥーン2』『UNDERTALE』などを生演奏!ステージ情報が明らかに

    「闘会議2018」で『スプラトゥーン2』『UNDERTALE』などを生演奏!ステージ情報が明らかに

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、頭部に被弾した母親が重傷ー米国

  6. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  7. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』意外なグッズ8選、ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、『アズールレーン』軽巡洋艦・ホノルルが近日登場…など(1/16)

  8. 「エドモンド本田」のフィギュアが登場、百烈張り手が光って唸る!

  9. 3Dと実写、見分けつく?『NieR:Automata』2B海外ファンアートが現実レベル

  10. 『HOUSE OF THE DEAD』最新作のプレ・ロケテストの開催が決定!セガが世界に誇るガンシューティング

アクセスランキングをもっと見る