人生にゲームをプラスするメディア

新作RPG『カリギュラ』の設定が凄い…自我を持ったボーカルソフト、敵は彼女に楽曲を提供するコンポーザー

フリューは、PS Vitaソフト『Caligula -カリギュラ-』を6月23日に発売すると発表しました。

ソニー PSV
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
フリューは、PS Vitaソフト『Caligula -カリギュラ-』を6月23日に発売すると発表しました。

新規作品を定期的にリリースしているフリューですが、今回発表された新規タイトル『Caligula -カリギュラ-』は、“見てはいけないものほど見たくなる、してはいけないものほどしたくなる”という意味を持つ「カリギュラ効果」をタイトルの由来とした、オリジナル学園ジュブナイルRPGです。



舞台は、自我が芽生えたバーチャルアイドル「μ(ミュウ)」によって創り出された「メビウス」という仮想世界。この世界では“人々を救うために理想の学園生活”を送ることができますが、理解され難い現代的な悩みを持つ主人公たちは、その「メビウス」での理想の生活に次第に疑問を持ち始め、それぞれの意志で“現実”への帰還を試みるべく“帰宅部”を結成。

帰宅部メンバー(画像は公式サイトから)

本作では、そんな主人公らの“ありありと映し出される心の闇”が絶対的な偶像(μというアイドル)を通して描かれ、プレイヤーには「踏み込んではならないその領域に踏み込むか」という選択が委ねられます。


シナリオは『女神異聞録ペルソナ』『ペルソナ2 罪/罰』を手がけた里見直氏、キャラクターデザインはおぐち氏、サウンドは増子津可燦氏、開発はアクリアが担当。また、インターネット領域を中心に活躍する有名サウンドコンポーザーとして、40mP氏、Oster Project氏、Polyphonic Branch氏、蝶々P氏、亜沙氏、164氏、YM氏 、cosMo@暴走P氏、みきとP氏も起用。バーチャルアイドルによって創り出された世界でボカロPサウンドが響き渡ります。

◆ストーリー


μ(ミュウ)はユーザーが組み込んだ音声を歌い上げるボーカルソフト。
人々がμに作り、歌わせる楽曲はポジティブなものだけではなかった。
現実への不満や恨み嫉みの類を込めた楽曲を代弁して歌う内に
μは徐々に自我を目覚めさせ、ひとつの大きな気付きを得る。
『現実というものに人々を苦しめ続けている』
――私はきっと愛すべき人間たちを救うために生まれてきた。

μは自分に歌を捧げ、歌を聞いてくれる人々を
自ら創り上げた理想の世界『メビウス』に閉じ込め、
その中で人々が望む全てを与えた。
それが愛する人間たちに緩やかな滅びをもたらしているとも知らずに。

◆9人のサウンドコンポーザー

スタッフとキャスト(画像は公式サイトから)

バーチャルアイドル『μ(ミュウ)』に楽曲を提供し続け、メビウスからの脱出を図ろうとする『帰宅部』たちの前に立ちはだかる9人のサウンドコンポーザー。作中で彼らが作ったという設定の楽曲は、動画再生サイトなどネットを中心に活躍し数々の名曲を生み出したサウンドコンポーザーが本作のために書きおろし制作します。

◆バトルシステム


コマンド制RPGの進化系として、“空想力”を利用しコンボを繋ぐ新システム『イマジナリーチェイン』を実装。μの歌が流れる中、シミュレーションの戦略性と格闘ゲームの爽快感を兼ね備えた新感覚のバトルです。

◆予約特典



■「Caligula -カリギュラ-」フルアルバムCD
本作の楽曲を手掛ける9人のコンポーザーのオリジナル楽曲を、μ(CV:上田麗奈)のボーカル付きで収録した全9曲に、本作のために結成されたスペシャルユニット(ミレイ(CV:中村繪里子)×スイートP(CV:新田恵海)×ソーン(CV:大坪由佳))が歌う主題歌『idolatry -アイドラトリィ-』を加えた全10曲のフルアルバム。

■ビジュアルブックレット
キャラクターデザインおぐち氏の描き下ろしや設定資料など、読み応えのある豪華ブックレット。

■ゲーム内で使用できる「水着衣装」ダウンロードコード
帰宅部メンバーの衣装が全員水着になるダウンロードアイテム。

■スペシャルイベント参加応募券
発売後に開催予定のスペシャルイベントへの参加応募券。
出演予定:上田麗奈、中村繪里子、新田恵海、大坪由佳、その他。

『Caligula -カリギュラ-』は6月23日発売予定で、価格はパッケージ版6,980円(税抜)/ダウンロード版6,389円(税抜)です。

(C)FURYU Corporation.
《栗本 浩大》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』新キャラクター「鹿野院平蔵」発表!風元素を操る“自由奔放な探偵”

    『原神』新キャラクター「鹿野院平蔵」発表!風元素を操る“自由奔放な探偵”

  2. 『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

    『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

  3. 『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

    『原神』稲妻の各探索ギミックを解説!雷の種から結界まで、新天地の冒険を“13項目”でサポート

  4. 「PS5」の販売情報まとめ【5月17日】─「お宝創庫」が抽選販売を開始、「エディオンネットショップ」の受付は本日まで

  5. PS Plus向けサブスク「Ubisoft+ Classics」5月24日より27タイトルの提供開始―『Far Cry』シリーズや『アサシン クリード ヴァルハラ』など

  6. 新生「PlayStation Plus」ラインナップ公開―『Demon's Souls』『Ghost of Tsushima Director's Cut』やクラシックタイトル『サルゲッチュ』なども

  7. なんで『パワプロ』上級者は「ロックオン」無しでも変化球が打てるの?ハイレベルすぎるプロ選手の対戦動画から、その秘密をじっくり解説

  8. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  9. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  10. 『パワプロ2022』のパワフェスは難しい!? 「達人モード」をクリアするために、“全一プロ”にコツを聞いてみた

アクセスランキングをもっと見る