人生にゲームをプラスするメディア

「orange」2016年夏TVアニメ放送決定、「月刊アクション」連載の恋愛マンガ

その他 アニメ

(C) 高野苺・双葉社/orange製作委員会
  • (C) 高野苺・双葉社/orange製作委員会
  • (C) 高野苺・双葉社/orange製作委員会
「月刊アクション」2015年10月号(双葉社)まで連載された高野苺による青春SFマンガ『orange』がテレビアニメ化されることになった。放送は2016年夏を予定、早くもメインビジュアルとスタッフが発表された。
本作は未来から届く手紙を中心に、大切な友人を失う未来を替えようと主人公の仲間たちの物語を描く。2015年12年に実写映画が公開され、興収30億円超えの大ヒットになっている。今回は、これをさらにアニメとして映像化する。

2015年10月号で最終回を迎えた本作は、単行本は全5巻と比較的短いシリーズとなっている。しかし累計発行部数400万部を超え、その人気の高さが窺える。
物語は未来の自分から、同級生の自殺を止めてほしいという手紙が届くことから始まる。高校2年生の主人公の高宮菜穂を中心に、自殺すると書かれている転校生の成瀬翔への恋心や、仲間との葛藤、そして自殺を止めることができなかった10年後の世界と現実世界の話が交互に進行していく。王道の青春ストーリーもありながらSF要素も詰まった作品だ。

アニメーション制作に参加するスタッフが豪華だ。監督は『STEINS;GATE』や『テラフォーマーズ』でも監督を務めた浜崎博嗣。脚本は『ちはやふる2』、『Persona4 the ANIMATION』を手掛けた柿原優子、キャラクターデザインには『天空のエスカフローネ』、『宇宙戦艦ヤマト2199』などのキャラクターデザインを担当した結城信輝。これだけでも期待たっぷりである。
アニメーション制作はトムス・エンタテインメント/テレコム・アニメーションフィルムが担当する。キャストなどはまだ公開されておらず、今後も動きがありそうだ。

テレビアニメ化を記念して、2月25日に発売する「月刊アクション」4月号には、原作者描き下ろしの読み切り『orange』特別版が掲載される。最終回を迎えていることもあり、ファンにとっては朗報だろう。

『orange』
(C) 高野苺・双葉社/orange製作委員会

「orange」2016年夏TVアニメ放送決定 「月刊アクション」連載の恋愛マンガ

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

    カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

  2. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

    コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  3. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

    『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  4. 『ロックマンX』シリーズの復刻版カードダスが発売、幻の「メガミッション4」初カード化!

  5. 日本初のプロライセンス発行e-Sports大会は「闘会議2018」で開催ー『ストV』から『モンスト』まで

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【昨日のまとめ】海外レビューハイスコア『ゼノブレイド2』、『FGO』アップデートで「セレクト機能」を追加、niconicoサービスの基本機能を見直し…など(12/1)

  8. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  9. カプコンが特許権侵害でコーエーテクモゲームスを提訴、産経報道

  10. 「劇場版 ソードアート・オンライン」がPS Videoにてデジタル独占先行配信決定、関連作品のディスカウントも実施

アクセスランキングをもっと見る