人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】『進撃の巨人』原作者・諫山創も完成を祝福

ソニー PS4

原作者・諫山創も完成を祝福 ゲームとして生まれ変わる「進撃の巨人」完成発表会レポート
  • 原作者・諫山創も完成を祝福 ゲームとして生まれ変わる「進撃の巨人」完成発表会レポート
  • 盛田厚
  • 鯉沼久史
  • 原作者・諫山創も完成を祝福 ゲームとして生まれ変わる「進撃の巨人」完成発表会レポート
  • 原作者・諫山創も完成を祝福 ゲームとして生まれ変わる「進撃の巨人」完成発表会レポート
  • 原作者・諫山創も完成を祝福 ゲームとして生まれ変わる「進撃の巨人」完成発表会レポート
  • 原作者・諫山創も完成を祝福 ゲームとして生まれ変わる「進撃の巨人」完成発表会レポート
2月18日にコーエーテクモゲームスより発売を予定しているPS4/PS3/PS Vita用ソフト『進撃の巨人』の完成発表会が、東京都内にて開催された。『進撃の巨人』は、マンガからはじまりテレビアニメや実写映画化など、幅広い展開を魅せているコンテンツだ。単行本は累計5,000万部以上の発行部数を記録するなど、今なお絶大な支持を得ている。
そしてゲームでは、原作の特徴であるハイスピードな移動を行う立体機動を操り、迫り来る巨人たちを駆逐するアクション、そして原作同様の壮大なストーリーを楽しめる。

今回の完成発表会には、最初にコーエーテクモホールディングスの代表取締役社長・襟川陽一が挨拶を行った。続いてハード面で本作をサポートするソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアの盛田厚が登壇。
盛田厚は、「プレイステーションで『進撃の巨人』発売されることを嬉しく思います」と述べた。同時に、作中にある「戦わなきゃ勝てない」という言葉を引き合いに出して「この作品も戦ってきたから、さまざまなメディアに展開できるようになったのです」と賛辞を送っていた。

次にプロデューサー・鯉沼久史とディレクター・喜多村智行の2名が登壇すると、本作が完成するまでの経緯が語られた。それによると、企画がスタートしたのは約3年前で、コーエーテクモゲームスから講談社に持ちかけたことから動き始めたという。
その際、原作者の諫山創からは「無双とは違ったアクションゲームにしてほしい」との要望があったそうだ。同社の代表作といえば『真・三國無双』に代表される無双シリーズだが、それとはまた違った表現を求めることが課題になったというのだ。
そこで目を付けたのが、空中を駆け巡る立体機動装置だ。開発陣によると、立体機動装置の動きを再現するために、1年かけてブラッシュアップを繰り返したとのこと。

会場のスクリーンでは、諫山創からの応援イラストとコメントも紹介されていた。同氏はコメントの中で「エレンやミカサ達の住む世界を、ゲームでぜひ体験してみてください」と残している。またイラストには「発売おめでとうございます!!」の文字もあり、そのクオリティに納得している様子が伺える。

イベントの後半では、ファン代表としてお笑いコンビ・とろサーモンの村田秀亮、こりゃめでてーなの大江健次、さらに南海キャンディーズのしずちゃんも登場。実機プレイを披露することに。
思い思いのスタイルでプレイしていると、村田秀亮が注目したのは巨人の再現度だ。実際に触る前までは巨人がどんな動きをするのか想像もつかなかったそうだが、実際に見ると生々しく、予想を超えるクオリティになっていたとか。
大江健次はプレイする感覚について、巨人の弱点であるうなじへの攻撃が決まったときの爽快感が格別とコメント。そしてしずちゃんは、美しい背景のグラフィックも気に入っていたようだ。

なお、今回のプレイでは『進撃の巨人』の舞台である街中で戦闘が行われていたが、立ち並ぶ家はリアルタイムで壊れていくとのこと。巨人のバリエーションも豊富で、実に100体以上のモデルが存在しているという。
最後に今後の展開として、4週に渡り限定コスチュームを配信することが明かされた。こちらは毎週春夏秋冬をテーマにしたコスチュームになっており、1週目には冬をイメージした、お正月のコスチュームが提供される。
さらに3月24日には、大型アップデートを無料で配信予定。アップデートを適用すると、オンライン協力プレイが可能になるほか、拠点に巨人模型を置ける遊びも追加されるという。発売後もユーザーを楽しませる仕掛けがいくつも用意されているようだ。

『進撃の巨人』
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)コーエーテクモゲームス

原作者・諫山創も完成を祝福 ゲームとして生まれ変わる「進撃の巨人」完成発表会レポート

《ユマ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  2. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

    ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  5. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  6. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  9. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  10. 『METAL MAX Xeno』は魅力がアンバランス? いいや、特化カスタマイズだ! その特徴や気になる点に迫る【プレイレポ】

アクセスランキングをもっと見る