人生にゲームをプラスするメディア

【日々気まぐレポ】第135回 グレイズフレームはまだまだ遊べる!「HG 流星号」はお得なバリエキットだった

その他 玩具

【日々気まぐレポ】第135回 グレイズフレームはまだまだ遊べる!「HG 流星号」はお得なバリエキットだった
  • 【日々気まぐレポ】第135回 グレイズフレームはまだまだ遊べる!「HG 流星号」はお得なバリエキットだった
  • 【日々気まぐレポ】第135回 グレイズフレームはまだまだ遊べる!「HG 流星号」はお得なバリエキットだった
  • 【日々気まぐレポ】第135回 グレイズフレームはまだまだ遊べる!「HG 流星号」はお得なバリエキットだった
  • 【日々気まぐレポ】第135回 グレイズフレームはまだまだ遊べる!「HG 流星号」はお得なバリエキットだった
  • 【日々気まぐレポ】第135回 グレイズフレームはまだまだ遊べる!「HG 流星号」はお得なバリエキットだった
  • 【日々気まぐレポ】第135回 グレイズフレームはまだまだ遊べる!「HG 流星号」はお得なバリエキットだった
インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきによる週間連載「日々気まぐレポ」、第135回目でございます。

今週はバンダイから発売されているガンプラ「HGIBO 流星号(グレイズ改弐)」をご紹介。こちらは現在MBS系列ほかで放送中のテレビアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するモビルスーツ「流星号」の1/144スケールガンプラです。

流星号は、グレイズ改弐の名も示す通り「グレイズ改」の改修機という設定の機体。そのため、本キットも「グレイズ」のバリエーションキットとしてリリースされた「グレイズ改」をベースとしたさらなるバリエーションキットとなっています。



グレイズ改から大きく形を変えた肩部やリアアーマーには「百錬」のパーツが使用されている設定となっていますが、キットでは百錬からのランナー流用はされておらず、新規のものが数枚付属しています。

可動はグレイズフレームのフィーリングをそのまま踏襲。肩部も内部構造はそのままで装甲が干渉するといったことはありません。

機体カラーのピンクは全て成型色で再現。目立ったところで色が足らないのはリアアーマーのスラスター部分くらいでしょうか。そのほかの百錬の肩アーマーの各種グレーや、頭部アンテナのホワイトなどはホイルシールで補うことが出来ます。また、特徴的なノーズアートもシールで再現。モールドなどはないため塗装で再現するとなるとやや難易度が高そうです。



武装としてグレイズ系キット標準のライフルとバトルアックスがセット。さらに今回のキットにはショートバレルタイプのライフルが新規造形で付属しています。また、クタン参型のサイドアームを脚部に取り付けるための膝部アタッチメントパーツも付属。こちらはクタン参型のキットのものと同型ですが、流星号にあわせてピンク色で成型されています。

ほかギミックとしてはあまり派手ではないのですが、リアアーマーに武装をマウントするためのピンが設けられているのは嬉しいポイントです。こちらは汎用的な3mm経のものではなく、百錬の刀やオプションセット2に付属しているテイワズ系モビルスーツ武装の共通規格ジョイントとなっています。



また、グレイズ改の一部パーツが余剰扱いとされているのですが、部品は揃っているのでコンパチで色違いのグレイズ改を組むことも可能です。

グレイズフレームのキットとしては、プレミアムバンダイ限定品なども含めると6つ目になるでしょうか。グレイズ系のキットは何体組んでも飽きが来ない造りで、作るたびに発見があるなかなか奥深いキットです。様々なバリエーションを受け入れる懐の広さ、改造パーツによる高い拡張性など、プレイバリューは無限大。まだまだ遊べる「グレイズ」の新たな一面を感じることの出来る流星号、オススメです!

「HGIBO 流星号(グレイズ改弐)」は発売中。価格は1,200円(税抜)です。

(C)創通・サンライズ・MBS


■筆者紹介:ひびき
関西在住のゲームやアニメが大好きな駆け出しひきこもり系ライター。そのシーズンに放送されているアニメはすべて視聴する暇人。ゲームのプレイは基本的にまったりじっくり足が遅い方。2012年からINSIDEにてライター活動を開始。お仕事はTwitterにて随時受付中。




Twitter:@hibiki_magurepo
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

    コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  2. カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

    カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

  3. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

    『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  4. 【昨日のまとめ】これからの『PSO2』はどうなる?酒井P&濱﨑Dインタビュー、『VS.スーパーマリオブラザーズ』配信日決定、『スプラトゥーン2』遂に「ハコフグ倉庫」が復活…など(12/14)

  5. 【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第8回 当たり前のアタリ4コマ二本立て

  6. C93に『シュタインズ・ゲート』ブース登場、鈴羽の誕生年記念の新作ドラマCDなどが販売

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 【速報】『FGO アーケード』ゲーム画面公開!セイバーの宝具シーンには気になる表示も

  9. 日本初のプロライセンス発行e-Sports大会は「闘会議2018」で開催ー『ストV』から『モンスト』まで

  10. 『ロックマンX』シリーズの復刻版カードダスが発売、幻の「メガミッション4」初カード化!

アクセスランキングをもっと見る