人生にゲームをプラスするメディア

宮野真守、「頭文字D」出演きっかけで免許取得

その他 アニメ

宮野真守&小野大輔&中村悠一&白石稔/『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』初日舞台挨拶
  • 宮野真守&小野大輔&中村悠一&白石稔/『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』初日舞台挨拶
  • 宮野真守&小野大輔/『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』初日舞台挨拶
  • 宮野真守&小野大輔&中村悠一&白石稔&中智仁監督&松浦裕暁/『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』初日舞台挨拶
  • 宮野真守&小野大輔&中村悠一/『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』初日舞台挨拶
  • 宮野真守&小野大輔&中村悠一/『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』初日舞台挨拶
  • 宮野真守&小野大輔&中村悠一&白石稔&中智仁監督&松浦裕暁/『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』初日舞台挨拶
伝説的コミックを原作にした『新劇場版「頭文字D」Legend3-夢現-』の初日舞台挨拶が2月6日(土)、都内で行われ、宮野真守(主人公・藤原拓海役)、小野大輔(ライバルの高橋涼介役)、中村悠一(涼介の弟・啓介役)、白石稔(拓海の友人・武内樹役)が出席した。

『新劇場版「頭文字D」』は、講談社の人気マンガ誌「ヤングマガジン」の35周年記念し、全3部作でシリーズ化。2014年8月に第1作『新劇場版「頭文字D」Legend 1 -覚醒-』、2015年5月に第2作『新劇場版「頭文字D」Legend-闘走-』が公開された。最終章となる本作では、成長を遂げた拓海と、FC3Sを操る“赤城の白い彗星”涼介との対決がクライマックスを迎える。

宮野さんは「戦いの終わりをお見せできて、感慨深いです。拓海の成長や、3部作で培ったチームワークを反映させた作品。最初は新劇場版ということで、緊張やプレッシャー、そして免許ももっていない僕が、運転していいのか(笑)…そんな悩みもありました」と心境を明かし、「Legend3までに免許を取るぞと決めて、ついに取りました! オートマ限定ですけど」と報告すると、客席は大きな拍手に包まれた。

一方、小野さんは「最終章ではありますが、プロジェクトDの始動を宣言するストーリーになっている。終わりではなく、ここからが始まりだと思うので、今後も皆さんに愛していただければ」とシリーズが秘める可能性に言及。中村さんは「拓海と兄貴の涼介、どちらにも負けてほしくないという、心のせめぎ合いをきっちり表現したかった」とふり返った。

この日は、原作者のしげの秀一氏から「3部作の完結に相応しい、素晴らしい出来でした。新劇場版シリーズの中では、Legend3が一番好きです。自分が生み出した原作をこんな形で新たに表現されて、いやー面白いんだな『頭文字D』ってと改めて思いました。この世界観は永遠だと思います。全スタッフの方に“ありがとう”と言いたい、感無量です」とメッセージが届き、宮野さんは「先生にこう言ってもらえると、本当にうれしい」と感激を新たにしていた。

舞台挨拶には中智仁監督、松浦裕暁(サンジゲン代表・CGクリエイティブプロデューサー)も出席した。

宮野真守、ついに運転免許を取得!「オートマ限定ですけど」『頭文字D』

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  2. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.3.2.0の注目ブキ8選、美しい中国コスプレイヤー・三刀【インタビュー】、『白猫プロジェクト』新作がスイッチに…など(7/14)

  3. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case21「わくわく!宇宙サービスステーション その2」

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 『モンハン』が3D CGアニメに!古龍との死闘描く「Monster Hunter: Legends of the Guild」海外向け発表

  6. 平成最後の13日金曜日にホラーゲームを楽しむ!『FGO』ディライトワークスがボードゲーム会を初開催

  7. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】レトロゲームってどう楽しめばいいの?

  8. W杯ドイツ敗退の理由は“徹夜ゲーム”?ー夜通し『フォートナイト』『FIFA』などをプレイか

アクセスランキングをもっと見る