人生にゲームをプラスするメディア

New 3DS用「Unity」正式リリース…エンジン開発は『ねじ巻きナイト2』でチューンナップしながら

ゲームビジネス 開発

Newニンテンドー3DS用「Unity」が使用された『ねじ巻きナイト2』
  • Newニンテンドー3DS用「Unity」が使用された『ねじ巻きナイト2』
  • 「Unite 2015 Tokyo」で鏡開きをして祝う開発チーム
  • Unity ロゴ
ユニティ・テクノロジーズは、公式ブログにて、Newニンテンドー3DS用「Unity」を正式リリースしたと発表しました。

「Unity」は、ユニティー・テクノロジーズが開発した複数のプラットフォームに対応するゲームエンジンです。多くのゲーム開発者が利用しており、現在のゲーム開発に欠かせないゲームエンジンのひとつになっています。

昨年開催された「Unite 2015 Tokyo」において発表されたNewニンテンドー3DS用の「Unity」。以来、リリースに向けた準備が進められ、本日2016年1月29日(金)より正式なサポートがスタートしました。

これまでにいくつかのデベロッパーとのやりとりで、既存のゲームをNewニンテンドー3DSに移植。プロファイリングの最適化を行うことで、ゲームの動きがスムーズになるよう、実際のプロジェクトに参加しながらエンジンをチューンナップしてきており、2015年12月22日からリリースされているNewニンテンドー3DS専用ダウンロードソフト『ねじ巻きナイト2』には、Newニンテンドー3DS用「Unity」が使用されているとのことです。

「Unity」はバージョン5.1から5.2にかけて、重要な変更が行われており、コンソールプラットフォームで発生していたさまざまの問題を解消するなどの恩恵をもたらしています。しかし、これらの修正を5.1以前のバージョンに適用することが困難なため、今後、特にシェーダーに関する開発とサポートは5.2以降に対してのみ行われる予定です。

Newニンテンドー3DS用「Unity」はバージョン5.2対応を数ヶ月にわたって実施。具体的なタイトルをもって任天堂でのマスターアップが可能なことが確認でき次第公開するとしています。近いタイミングで発表できるように最善の尽くしていますが、現時点では具体的な日付は提示できないとのこと。今後のアップデートに注目です。

現在、Newニンテンドー3DS用「Unity」は専用のUnityエディターを提供する形で開発されていますが、最新版のバージョンにアップグレードしていくことにフォーカスし、他のプラットフォームと同様に通常のエディターのプラグインとして提供できる形を採用したいとしています。また、すでに内部的には5.3が動いており、メインのコードベースにマージしていく作業を進めているとしています。

Unity Multiplayerやシャドウマップのサポートなど、いくつかの機能について、今回リリースではまだ提供されていないとのこと。ほかのモバイルプラットフォーム同様、シェーダーなどに制限もあるそうですが、そういった場合により複雑度の低いシェーダーにフォールバックされ、もっとも良い結果を出すようになっているそうです。新しい機能については、ゲーム開発者からの意見をもとに優先度を決めていくとしていますが、まずは通常のエディターとプラグインで提供する形を目指したいとしています。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. ローカライズ専門会社アクティブゲーミングメディアが語る、海外ゲーム市場の動向

  5. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  6. VR空間でプラモ製作が楽しめる『Monzo VR』配信開始、作った車への搭乗も可能

  7. 【週間売上ランキング】 レベルファイブ渾身の大作RPG『白騎士物語』が堂々の1位(12月22日〜28日)

  8. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  9. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  10. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

アクセスランキングをもっと見る