人生にゲームをプラスするメディア

【台北ゲームショウ2016】成長著しいアジアマーケットにフォーカス、熱いショウが開幕

ゲームビジネス その他

【台北ゲームショウ2016】成長著しいアジアマーケットにフォーカス、熱いショウが開幕
  • 【台北ゲームショウ2016】成長著しいアジアマーケットにフォーカス、熱いショウが開幕
  • 【台北ゲームショウ2016】成長著しいアジアマーケットにフォーカス、熱いショウが開幕
  • 【台北ゲームショウ2016】成長著しいアジアマーケットにフォーカス、熱いショウが開幕
28日より台湾の台北にあるワールドトレードセンターにて、台北ゲームショウ2016が開幕しました。開場に先立って開催されたセレモニーでは、主催の台北コンピューター協会をはじめ関係団体のトップがテープカットに臨みました。

台北ゲームショウは28日~2月2日の会期で、30の国から300社あまりが出展。業界関係者3000人、一般来場者50万人を見込む巨大なショウとなっています。主催者によれば台湾のゲーム市場はアジアのトップ4に入り、Google Play単体では世界のトップ4に入っているとのこと(NewZoo)。人口は2300万人あまりと多くはありませんが、ゲーム熱が高く、情熱的なゲーマーに驚かされる国です。

業界関係者向けのブースが集まるB2Bエリア、一般ユーザー向けのB2Cエリア、カンファレンスのAPGS(Asia Pacific Game Summit)が3本柱で、テーマとしては「バーチャルリアリティ」(VR)「規模の拡大」「多様性」が掲げられています。VRではPlayStation VRの吉田修平氏や、元Oculus韓国法人代表で現在はVRコンテンツを開発するVoler CreativeのDillon Seo氏らがカンファレンスで登壇。日本人からの登壇者を中心にレポートしていきます。

B2Cエリアでは最大級のブースを出展するSCEJAや、去年に引き続き巨大ブースとなったバンダイナムコ、ニューカマーのセガなどが出展。モバイルだけでなく、コンシューマーにおいてもアジア地域の売上は無視できない規模に成長しており、SCEJAのブースやステージでも多数の日本企業が登場します。また、現地開発のコンシューマータイトルも質・量ともに増加しており注目されます。

B2Bエリアでは様々なゲーム関連企業が出展するほか、Indie Game Festaと題してアジアを中心としてインディーデベロッパーが多数出展。こちらも熱いゲームが期待できそうです。

生憎の曇り空でのスタートとなった今年の台北ゲームショウですが、現地から様々な記事をお伝えしていく予定です。お楽しみに。

《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

    【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  2. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

    【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  4. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  5. ウェブからネイティブへ、2Dから3Dへ―――gumiの新作タイトル『ファントムオブキル』、Mayaでの挑戦・・・第4回「3Dモバイルゲーム新時代」

  6. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

  7. CEROがレーティング制度を拡充―ゲーム内容をアイコンで表示へ

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. 今週発売の新作ゲーム『戦場のヴァルキュリア4』『二ノ国II レヴァナントキングダム』『アサシン クリード ローグ リマスター』他

  10. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

アクセスランキングをもっと見る