人生にゲームをプラスするメディア

映画会社の日活がインディーゲーム開発に参入! 第1弾は『刺青の国』

ゲームビジネス 市場

映画会社の日活がインディーゲーム開発に参入! 第1弾は『刺青の国』
  • 映画会社の日活がインディーゲーム開発に参入! 第1弾は『刺青の国』
映画会社の日活より、インディーゲームタイトルの開発と、ゲームレーベル「SUSHI TYPHOON GAMES」の発足が発表されました。

同社は、創立1912年という長い歴史を持つ映画製作・配給会社で、新たに2016年よりゲーム事業に本格参入。日本だけでなく海外市場もターゲットに、「SUSHI TYPHOON GAMES」レーベルの下、アクション、バイオレンス、ホラー、コメディまで娯楽性の高い作品を送り出していくとのこと。

その第1弾ゲームとして2016年中にリリースを予定しているのが、抗争シミュレーションゲーム『刺青の国』。ゲーム画面はまだ公開されていませんが、和風のテイストを重視し、タイトルにある“刺青”が重要な役割を果たすゲーム性を備えているのだとか。同作は、1月28日より台湾で開催されるTaipei Game Show 2016で出展を予定している他、公式サイトもオープン。

日本最古を謳う映画会社から一体どのようなタイトルが飛び出すのか、ゲームファンと映画ファン双方から関心が集まりそうです。
《Rio Tani》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  3. 今週発売の新作ゲーム『真・三國無双8』『ワンダと巨像』『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』他

    今週発売の新作ゲーム『真・三國無双8』『ワンダと巨像』『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』他

  4. 当時の姿のまま中古ビル内に放棄されていた90年代ゲーセン

  5. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  6. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  7. GREE vs Mobageの釣りゲー訴訟・・・グリーが逆転敗訴確定

  8. UDKを使ってみよう!【導入編】・・・「Unreal Japan News」第40回

  9. 【レポート】PSVR『アイドルマスターシンデレラガールズ ビューイングレボリューション』身長190cmになって全力でペンライトを振ってみた

  10. 【CEDEC 2008】ゲーム開発のためのプロシージャル技術の応用

アクセスランキングをもっと見る