人生にゲームをプラスするメディア

『進撃の巨人』ゲーム映像を詰め込んだPV第三弾公開、“獣の巨人”の姿も

コーエーテクモゲームスは、PS4/PS3/PS Vitaソフト『進撃の巨人』のPV第三弾を公開しました。

ソニー PS4
『進撃の巨人』ゲーム映像を詰め込んだPV第三弾公開、“獣の巨人”の姿も
  • 『進撃の巨人』ゲーム映像を詰め込んだPV第三弾公開、“獣の巨人”の姿も
  • 『進撃の巨人』ゲーム映像を詰め込んだPV第三弾公開、“獣の巨人”の姿も
コーエーテクモゲームスは、PS4/PS3/PS Vitaソフト『進撃の巨人』のPV第三弾を公開しました。

アニメ「進撃の巨人」が持つ独特かつ魅力的な世界をゲームという形で描く本作は、人類を喰らう脅威「巨人」に立ち向かう主人公・エレンたちの死闘を、新たに開発したビジュアル表現である物理レンダリングによる“物理トゥーンシェーダー”で表現。まるでアニメの世界でキャラクターを操作しているような、新鮮なプレイ体験を味わうことができます。

期待集まる本作の発売日まで残り一ヶ月を切りましたが、このたび最新映像となるPV第三弾がお披露目に。原作でもお馴染みの登場人物たちや、巨人との激戦の数々を収録。また、巨人化したエレンの戦いぶりや、登場が明かされていた獣の巨人の姿も確認することができるので、この映像をチェックしながら発売日を心待ちにしておきましょう。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=RA_c3X3JwuI

『進撃の巨人』は、2016年2月18日発売予定。価格は、PS4/PS3の通常版が7,800円(税抜)、ダウンロード版が6,762円(税抜)、「豪華特典付きTREASURE BOX」が12,800円(税抜)。PS Vitaの通常版が6,800円(税抜)、ダウンロード版が6,000円(税抜)、「豪華特典付きTREASURE BOX」が11,800円(税抜)です。

原作/諫山創「進撃の巨人」(講談社刊)
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)コーエーテクモゲームス
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

    PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

  2. 『神田川JET GIRLS』の真髄は背中にあり!?レースゲームならではの“後ろ姿コレクション”を紹介

    『神田川JET GIRLS』の真髄は背中にあり!?レースゲームならではの“後ろ姿コレクション”を紹介

  3. 『Dreams Universe』で『Fallout 4』を再現!9か月の製作期間を経て

    『Dreams Universe』で『Fallout 4』を再現!9か月の製作期間を経て

  4. 『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども

  5. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  6. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  7. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  8. PS4『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』アーケード版未参戦の3機体が登場決定!1機目は「ザクアメイジング」

  9. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  10. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

アクセスランキングをもっと見る