人生にゲームをプラスするメディア

GALAXのVR HMD「VISION」1月22日発売…1080Pに対応し、視野角は100度

ゲームビジネス VR

 
  •  
  •  
  •  
GALAXY Microsystemsは、同社独自のVRヘッドマウントディスプレイ「GALAX VISION」を発売すると発表しました。日本国内では正規代理店としてアユートが2016年1月22日より販売します。

「GALAX VISION」は開発者向けVRヘッドマウントディスプレイで、フルHD 1080Pに対応し、非球面レンズによるクリアなビューと視野角100度からなるダイナミックな3D映像が楽しめます。ジャイロスコープ、加速度センサー、磁力センサーが搭載されており、PCのヘッドフォンジャックから好みのヘッドフォンを利用可能。またPlug-and-Playでドライバが不要で、HDMI1.4bとUSBによるインターフェイスのため手軽にグラフィックカードのHDMI端子に直接取り付けることができます。

カラーは黒で、重量は単体で380g、調整可能なヘッドバンドでサイズを変更でき、近視用のスペアレンズも同梱。一部のプレイヤー(Stereoscopic Player)などでは通常の2D動画閲覧も可能。仕様は以下のとおり。

■概要
・商品名:GALAX VISION
・商品型番(JAN):4895147120355
・販売日:2016年1月22日
・希望小売価格:¥54,800(税込)

型番:GALAX VISION
解像度:1920 × 1080
遅延:25ms
リフレッシュレート:60 Hz
視野角:100°
インターフェイス:HDMI 1.4b / USB
センサー:ジャイロセンサー / 加速度センサー / 磁力センサー
重量:380g (単体)
付属品:近視用スペアレンズ
対応エンジン:Unity

記事提供元: vsmedia
《vsmedia》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

    リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

  3. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  4. RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編

  5. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  6. 巨大なゲーム市場、大人は消費し若者は無料で遊ぶ【オールゲームニッポン】

  7. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  8. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  9. 「Flyers' Lab #2 世界観編」聴講レポート「自分が持つ新しいビジョンを示す仕事はいいな」とヨコオタロウ氏が語る、世界観構築術に迫る

  10. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る