人生にゲームをプラスするメディア

SF映画に出てきそうな近未来電気自動車「FF ZERO1」コンセプト公開

米国のファラデー・フューチャー(Faraday Future)社は1月4日、米国ラスベガスで1月6日に開幕するCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)16のプレビューイベントにおいて、『FF ZERO1コンセプト』を初公開した。

その他 全般
ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
  • ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
  • ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
  • ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
  • ファラデー・フューチャー FF ZERO1 コンセプト
米国のファラデー・フューチャー(Faraday Future)社は1月4日、米国ラスベガスで1月6日に開幕するCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)16のプレビューイベントにおいて、『FF ZERO1コンセプト』を初公開した。

ファラデー・フューチャー社は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置く新興企業。オリジナルEVの市販を目指して、活動を続けてきた。

CES16のプレビューイベントで初公開されたのが、FF ZERO1コンセプト。EVスポーツカーの未来形を提示した1台となる。車名の「FF」とは、ファラデー・フューチャーの略。

FF ZERO1コンセプトは、エアロダイナミクス性能を追求したフォルムを採用。透明のキャノピーで覆われたキャビンの中央に、ドライバー1名が着座するレイアウトは斬新。ステアリングホイールの真ん中に、スマートフォンが収まる設計となっており、ナビゲーションなどの情報を表示する。

EVパワートレインは、4個のモーターで構成。そのトータルパワーは、1000hp以上と驚異的。軽量なカーボンファイバー複合素材製ボディの効果もあり、0‐96km/h加速3秒以下、最高速320km/h以上のパフォーマンスを実現している。

【CES16】米国から新EVスポーツ「FF ZERO1」…4モーターで1000馬力

《森脇稔@レスポンス》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. DMM GAMESが日本最大の小説コンテスト「ネット小説大賞」に協賛決定!受賞作品はゲーム化を検討

    DMM GAMESが日本最大の小説コンテスト「ネット小説大賞」に協賛決定!受賞作品はゲーム化を検討

  2. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  3. 『ペルソナ5』の「モルガナ」がじゃがりこ誕生23周年お祝いイラストを公開!「じゃがお」への特別なプレゼントも

  4. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』嬉しい布石が見えたアップデートに関心集まる─手塚キャラの美少女化ゲーム『絵師神の絆』の続報も注目の的

  5. 「コナン」最新刊で"黒ずくめの組織"ボスの正体判明! 灰原哀、TVCMで24年越しの真実語る

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

アクセスランキングをもっと見る