人生にゲームをプラスするメディア

ゲームで日本の魅力を世界に発信!大物ゲストも登壇した「KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2015 AUTUMN」で新作続々

角川ゲームスは11月10日にメディア向け新作発表会「KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2015 AUTUMN」を実施しました。

その他 全般
ゲームで日本の魅力を世界に発信!大物ゲストも登壇した「KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2015 AUTUMN」で新作続々
  • ゲームで日本の魅力を世界に発信!大物ゲストも登壇した「KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2015 AUTUMN」で新作続々
  • ゲームで日本の魅力を世界に発信!大物ゲストも登壇した「KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2015 AUTUMN」で新作続々
  • ゲームで日本の魅力を世界に発信!大物ゲストも登壇した「KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2015 AUTUMN」で新作続々
  • ゲームで日本の魅力を世界に発信!大物ゲストも登壇した「KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2015 AUTUMN」で新作続々
  • ゲームで日本の魅力を世界に発信!大物ゲストも登壇した「KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2015 AUTUMN」で新作続々
  • ゲームで日本の魅力を世界に発信!大物ゲストも登壇した「KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2015 AUTUMN」で新作続々
  • ゲームで日本の魅力を世界に発信!大物ゲストも登壇した「KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2015 AUTUMN」で新作続々
  • ゲームで日本の魅力を世界に発信!大物ゲストも登壇した「KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2015 AUTUMN」で新作続々
角川ゲームスは11月10日にメディア向け新作発表会「KADOKAWA GAMES MEDIA BRIEFING 2015 AUTUMN」を実施しました。イベントでは本誌連載「オールゲームニッポン」でもおなじみの、代表取締役社長をつとめる安田善巳氏が自ら司会を行い、完全新作2タイトルを含む3作品の紹介を行いました。

本日公開されたタイトルは下記です。概要については速報で掲載済みですので、ここではイベント全体の雰囲気をレポートします。

・√Letter ルートレター(完全新作)
・GOD WARS ~時を超えて~(完全新作)
・英雄伝説 空の軌跡 SC Evolution(新作)

島根県庁が完全協力した√Letter ルートレター



はじめに紹介されたのは、島根県松江市が舞台のミステリアドベンチャー『√Letter ルートレター』です。プレイヤーは物語の主人公となり、高校時代のペンフレンド・文野亜弥を探すために同市を訪れるという設定。ゲームは証拠や証言を集めながら彼女の行方を探すアドベンチャーパートと、かつて亜弥とかわした文通を追体験しつつ、選択肢によってストーリーが分岐していくシミュレーションパートを繰り返しながら進行します。

また本作は「角川ゲームミステリー」の第一弾で、青春サスペンス編という位置づけです。今後も日本各地を舞台としたシリーズ展開が予定されており、安田氏曰く「47都道府県を制覇したい」とのこと。ヒロインの文野亜弥も角川ゲームミステリーに出演する「女優」という設定で、今後は女優ユニットとして打ち出していく構想もあるそうです。制作総指揮とプロデューサーは安田氏自身がつとめます。

自身も島根県出身の安田氏は、「県庁に勤める友人からゲームを通して島根の魅力をアピールできないか」と相談を受けたことが、開発のきっかけだったとあかしました。日本文化や地方都市の良さを世界に発信するべく、日本だけでなく海外展開も織り込み済みとのこと。「KADOKAWA自身もクール・リージョン(地域)戦略を推進しているが、本作も地方創生に少しでも役に立てれば」と言います。

その後、壇上には亜弥役でボイス出演する声優の日高のり子さんと、島根県庁で「しまねの魅力発信室長」を務める木次淳氏が登壇しました。

開口一番、安田氏は「開発チームが全員、日高さんのファンで、最初から亜弥は日高さんのイメージでデザインしていた」とあかしました。すると日高さんは「声優としてこんな幸せなことはない」とコメント。また地元のローカル線・一畑電鉄から構内アナウンスの希望が伝えられると、日高さんは「役を通してではなく、自分の生の声が生活空間に浸透していくのが昔からの夢。ぜひ挑戦してみたい」と話していました。



木次氏は開発チームが現地の取材を行う際、スムーズに取材が進むようにさまざまな協力や支援を行ったそうです。安田氏自らが松江市に足を運び、のべ6ヶ月間もかけて熱心に取材されたことに対して、非常に驚いたと語りました。安田氏が通った高校では、どんな店で買い物をするのかなど、細かく質問していたというエピソードも紹介。「行政も現場を大事にしろと言われており、相通じるものを感じた」と語っていました。



サプライズ発表もあった英雄伝説 空の軌跡 SC Evolution



続いて紹介されたのは人気RPGのリメイク作『英雄伝説 空の軌跡 SC Evolution』です。壇上にはKADOKAWAのグループ企業で、本作の開発を担当したキャラアニのプロデューサー小金澤力氏と、宣伝担当の永車武久氏が登壇。息のあった掛け合いを通して、本作の魅力をアピールしました。

本作は日本ファルコムが展開している軌跡シリーズから、『英雄伝説 空の軌跡』の第二弾『英雄伝説 空の軌跡SC」をフルボイス化したタイトルです。永車氏は移植にあたり、「リニューアルされたキャラクターグラフィック」「総勢126名のキャストによるフルボイス化」「6分強におよぶ完全新作オープニングをはじめ、すべて再構成されたムービーシーン」などのポイントを紹介しました。

またお気に入りのキャラクターとして、小金澤氏が序盤で活躍させやすいティータをあげると、永車氏は主人公のエステルをあげ、特にボイスが良いとコメント。するとエステル役の神田朱未さんからボイスメッセージが披露される一幕もありました。「この作品には本当にいろいろな思い出があります。こんな壮大な物語に、そしてエステルに出会えて本当に良かったです」(神田さん)

最後に神田さんから「まだシリーズの2作目で、3作目もあります。ぜひフルボイスで演じられる機会があれば嬉しいです」というコメントが寄せられると、小金澤氏は三部作の最後を語る『英雄伝説 空の軌跡 the 3rd Evolution』の開発がスタートしたことを発表。全作を通して『英雄伝説 空の軌跡』を楽しんで欲しいと話していました。

古事記やお伽話がモチーフのGOD WARS ~時を超えて~



最後の発表となったのは、「日本最古の歴史書である古事記」と「人々が親しんできたお伽噺」を融合させた世界観をもつタクティクスRPG『GOD WARS ~時を超えて~』です。ディレクター・シナリオ・原作を安田氏自らが務めるという力の入れようで、『√Letter ルートレター』と同じく海外展開が予定されています。

舞台は富士国・出雲国・日向国の三国を中心に形成される瑞穂国。稲作技術と鉄文明の誕生で人々の間に争いが始まり、天変地異が続出した結果、富士国女王ツクヨミは愛娘サクヤを生贄に捧げ、妹カグヤも竹の結界に幽閉してしまいます。それから12年後、結界の中で美しく育ったカグヤを、幼なじみの少年キンタロウが農民蜂起に乗じて救出。二人はツクヨミの真意を知るために冒険の旅に出発する・・・というストーリーです。

ゲームはいわゆるシミュレーションRPGで、実機でのデモプレイが披露されました。パーティは盾役のクマ、攻撃役のキンタロウとオオクニヌシ、弓矢で間接攻撃を行うカグヤ、回復役のサクヤの5名。東は富士から西は厳島までがフォローされたメインマップで移動し、各々の街でバトルを行うシステムで、厳島でならず者5名とのバトルが披露されました。

キャラクターは俊敏力が高い順に移動と攻撃ができる仕組みで、地形効果や向きによるダメージボーナスが得られるといった、比較的オーソドックスな作りのよう。バトルは終始押され気味でしたが、最後にかぐやが必殺技を披露すると、天空から火の玉がステージ上に降り注いで、ならず者たちが撃破されました。必殺技はアクションを行う度に蓄積されるゲージを消費して繰り出す仕組みで、一発逆転が可能です。

このほか、ゲストとして『ラブライブ』のアルパカ役でブレイクした動物声優こと麦補あんなさんが登壇しました。麦補さんもまた島根県出身で、今日は島根県ゆかりの人がたくさんいて嬉しいとコメント。本作でもカメ役で出演することが明かされると、「カメって鳴くんでしょうか?」などと話し、笑いを誘いました。



ナレーターをつとめる俳優の佐野史郎氏も登場しました。小学1年生で東京から松江市に移転してきたという佐野氏は、俳優を続けるうちに古事記や、郷土の偉人で『耳なし法一』などの怪談で有名なラフカディオ・ハーンを避けては通れなくなったというエピソードを披露。還暦を迎えた今年、古事記やお伽噺をモチーフとした本作の仕事をいただき、非常に嬉しかったとあかしました。



ホラーやファンタジーに造詣が深いことで知られる佐野氏。古代史についても「記述されなかった内容」にこそ興味があるといいます。そして「これから日本はどうなっていくかわからない。こんな時だからこそ、ファンタジーとはいっても古代史を知ることが指針になるのでは」と語り、現実とフィクションを往来する身体感覚をもって古代の世界を楽しんで欲しいと呼びかけていました。

デモンゲイズ2でユーザー参加型企画を実施



3作品の紹介が終わると、最後に安田氏は開発中のダンジョンRPG『デモンズゲイト2』で、ゲームに実際に組み込むアイディアをユーザーから募集する「+ONE アイディア募集企画」の実施を発表しました。募集期間は11月10日から11月30日までで、最優秀賞に輝いたアイディアは実際にゲームに組み込まれるほか、エンドクレジットに名前も掲載されるとのことです。「公式サイトを参照のうえ、ぜひ応募してください」と呼びかけて、イベントが締めくくられました。

《小野憲史》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『FGO』12月のアップデートで利便性が向上! 『スプラトゥーン2』の「メイン性能アップ」に迫る特集にも注目集まる

    【週刊インサイド】『FGO』12月のアップデートで利便性が向上! 『スプラトゥーン2』の「メイン性能アップ」に迫る特集にも注目集まる

  2. 実写版「ドラクエ」のスライムは本当にグロい―「モンハン」で振り返るゲーム実写化の今昔【特集】

    実写版「ドラクエ」のスライムは本当にグロい―「モンハン」で振り返るゲーム実写化の今昔【特集】

  3. 『モンハン』のアイルーをモチーフにした可愛いネックレス&リングが登場!思わずオトモにしたくなるかも

  4. 『FGO』マスター御用達なキャリーバッグが登場!デザインと機能性を両立で人理修復や空想切除が捗りそう

  5. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  6. 写真めっちゃ綺麗!『東方Project』が大好きな中国コスプレイヤー翠翠suiseikoの幻想的な世界観【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る