人生にゲームをプラスするメディア

Chrono’Sの3人とインサイド編集部が『クロノドラゴン』でレイドボス対決!?

スマートフォン専用アクションRPG『クロノドラゴン ~ななつの光と太初の樹~』。最大3人のリアルタイムマルチプレイができる本作は、スピード感溢れる爽快コンボアクションと豊富な武器や装備のカスタマイズ要素、そして壮大なストーリーを楽しむことができます。

モバイル・スマートフォン iPhone
Chrono’Sの3人とインサイド編集部が『クロノドラゴン』でレイドボス対決!?
  • Chrono’Sの3人とインサイド編集部が『クロノドラゴン』でレイドボス対決!?
  • Chrono’Sの3人とインサイド編集部が『クロノドラゴン』でレイドボス対決!?
  • Chrono’Sの3人とインサイド編集部が『クロノドラゴン』でレイドボス対決!?
  • Chrono’Sの3人とインサイド編集部が『クロノドラゴン』でレイドボス対決!?
  • Chrono’Sの3人とインサイド編集部が『クロノドラゴン』でレイドボス対決!?
  • Chrono’Sの3人とインサイド編集部が『クロノドラゴン』でレイドボス対決!?
  • Chrono’Sの3人とインサイド編集部が『クロノドラゴン』でレイドボス対決!?
  • Chrono’Sの3人とインサイド編集部が『クロノドラゴン』でレイドボス対決!?
マーベラスが贈るスマートフォン専用アクションRPG『クロノドラゴン ~ななつの光と太初の樹~』。最大3人のリアルタイムマルチプレイができる本作は、スピード感溢れる爽快コンボアクションと豊富な武器や装備のカスタマイズ要素、そして壮大なストーリーを楽しむことができます。

今回はPRに活躍しているChrono’Sの3人──ウォーリアー役の中野さいまさん、アーチャー役の井澤美香子さん、ウィザード役の尾高もえみさんの3人がインサイド編集部を訪問し、ゲームのレイドボス「ワイバーン」の攻略タイムを競う対決が行われました。編集部からは編集長の土本とスタッフの森と水田が参戦。Chrono’Sが勝利した場合は編集部が『クロノドラゴン』を学ぶ記事を掲載、編集部が勝利した場合はYouTubeやSHOWROOMでインサイドの宣伝をしてもらうことに……さて、対決の結果はいかに!?


戦いを前にまずはChrono’Sの3人と編集部員にインタビューを行いました。


―――『クロノドラゴン』の魅力は何ですか?

尾高: 育てられる武器の種類が多いことですね。武器のアビリティは素材を使ってランダムに付加されるなど、やれることがたくさんあるのも特徴です。

井澤: ストーリーを追うのが楽しくて、新しく解放された5章もハラハラしながら見ています。

中野: 物語がしっかりしていて続きが気になる点と、装備も季節ごとにかわいい衣装が配信されるのも魅力かなと。他の2人の衣装が可愛くてみんなの装備も集め始めました!

中野さいまさん井澤美香子さん尾高もえみさん

―――編集部との対決にかける意気込みを教えてください

中野: 中の人的に負けられないよね(笑)。

尾高: 毎日コツコツプレイしてきた今までのがんばりを見せたいです!

井澤: 私たちはチームワークでは負けないので、コンビネーションでがんばりたいとおもいます!

中野: お互いの立ち回りがわかってるもんね!

―――それでは、インサイドチームの意気込みもどうぞ

水田 :3日間3人寝ないぐらいの勢いで練習をしたので、その成果を見せたいです!

森: 個々のパワーでがんばります!僕らは編集長について行くだけです!

土本(編集長): 号令を出すので、みんなついてきてください(笑)!

※対決動画 記事と一緒に見るのも良し、後に見るのも良し・・・。


ここで、今回の対決のルールを紹介。対決は現在オープンしているレイドボス「ワイバーン」のレベル6で3本勝負、最高タイムを叩きだしたチームが勝利となります。それぞれ同じ端末を使いルーンはなし、スキルのみが変更可能です。


まずはお互いのチームが練習をスタート。Chrono’Sチームは緊張からかいきなり倒されてしまうというハプニングがあり、尾高さんをリーダーに作戦会議を行い本番に備えていました。一方のインサイドチームは、黙々と3人それぞれが戦うという個人プレイによって挑む模様です。


いよいよ本番の試合が開始。先攻はChrono’Sチーム。やや緊張していましたが、いざ対決がスタートすると真剣な面持ちでプレイ。すると先ほどの作戦会議が功を奏したのか、49秒とかなりの好タイムで討伐に成功し、おもわず歓喜の声をあげていました。一方のインサイドチームは練習同様、寡黙で無言にプレイをスタート。しかし連携を取らずにバラバラにレイドボスに挑んだことで、敢えなく討伐失敗となりました。


続いて2戦目。Chrono’Sチームは自己ベストを目指して意気揚々との戦いをスタート。敵の攻撃を回避するためにお互いに声がけを行いながら見事なチームワークを見せ、討伐に成功。タイムはなんと46秒でした。さて、先ほどは討伐に失敗したインサイドチーム。今回も単独でのバトルが仇となり、アーチャーが途中で死んでしまったことで惜しくも討伐はならず。


ラストとなる3戦目。Chrono’Sチームは最速タイムを狙うため、コミュニケーションを取りつつそれぞれが序盤からスキルを安定して使用していました。途中、心臓が出てきて苦戦を強いられる場面もありましたが倒すことに成功し、記録は1分3秒でクリア。2連続で討伐に失敗したインサイドチームは、見るに見かねたChrono’Sのメンバーからアドバイスを受けることに。装備するスキルや効果的な使い方について指導を受けました。そして、心配そうに見守るChrono’Sのメンバーに応援されながらバトルがスタート。メンバーたちのアドバイスとお互いに会話をしながらプレイしたことで、討伐に成功するもタイムは惜しくも1分4秒。対決は見事にChrono’Sチームの勝利となりました。


戦いを終えたChrono’Sチームに、今日のレイドボスバトルについての感想を伺いました。

―――まずは、勝利おめでとうございます!勝因を教えてください

尾高: 最初の練習では全然できなくて、そこで作戦を練りなおしたのがよかったのかなとおもいます。

中野: リーダーがそれぞれに合ったアビリティやスキルを考えてくれて、リーダーのおかげです!

尾高: みんながそれぞれの立ち回りをやってくれたおかげだよー!

井澤: あとは私たちも始めたばかりなので、これから強い敵を倒していきたいですね。

中野: ゲーム自体をプレイするのが人生初めてのプレイだったので、初心者の方でもしっかり遊べるとおもいます」


―――具体的にはどのような作戦で挑みましたか?

中野: ウォーリアーは自分や味方の攻撃力を上昇させる「ウォーリアーの叫び」を使い、それ以外は常に攻撃を行っていました。

井澤: アーチャーは攻撃の方向がずれてしまうと当たらないので、よく狙って丁寧に戦いました。

尾高: ウィザードは仲間が倒れそうになったときに回復してあげたり、詠唱時間が長いスキルはワイバーンの攻撃の合間に発動するように意識しました。

尾高: このゲームはレベルではなく、武器を強化して強くなれるので、レベルが低くても強くなれます。なので、武器を強くすることを楽しんでいただければとおもいます。


―――最後に、今後の『クロノドラゴン』の展開について告知をお願いします

井澤: ニコニコ生放送やSHOWROOMでChrono’Sのメンバーが個人やみんなで、またユーザーのみなさんと一緒にゲームをプレイできるとおもっているので、今のうちに強くなっておいていただけたらうれしいです!

尾高: プレイヤー同士が近い距離で楽しめるゲームなので、色んな人と楽しみながら私たちも成長していけたらなとおもっています!

中野: 今後のストーリーにも期待してくださいね!


以上、盛り上がりを見せたChrono’Sメンバーとインサイド編集部のレイドボスバトルでした。圧倒的な強さを見せたChrono’Sのメンバー。今度は編集部が彼女たちに『クロノドラゴン』の遊び方を指導していただく記事を掲載予定ですので、続報をお楽しみに!



Chrono'Sのメンバーたちが登場する公式ニコニコ生放送「Chrono’Studio」(クロノススタジオ)が2015年11月18日(水曜日)21時~22時30分に配信が決定!メンバーの3人に加えて、本作のプロデューサーや人気ニコ生主も登場予定。是非チェックしてみてください。


Sponsored by 株式会社マーベラス

《まいたこ》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 田村ゆかりさん演じる博多弁マリィが「いえーい!」―『ポケモンマスターズ EX』ガラル地方より「ダンデ」と「マリィ」が登場

    田村ゆかりさん演じる博多弁マリィが「いえーい!」―『ポケモンマスターズ EX』ガラル地方より「ダンデ」と「マリィ」が登場

  2. 圧倒的な3Dグラフィックで魅せる『ウマ娘 プリティーダービー』プレイレポートーウマ娘のレースとライブのギャップにメロメロになりそう

    圧倒的な3Dグラフィックで魅せる『ウマ娘 プリティーダービー』プレイレポートーウマ娘のレースとライブのギャップにメロメロになりそう

  3. 『原神』甘雨の髪がなびき、視線が合う…! 導入簡単&無料の壁紙アプリ『N0va Desktop』に新たな一枚が登場

    『原神』甘雨の髪がなびき、視線が合う…! 導入簡単&無料の壁紙アプリ『N0va Desktop』に新たな一枚が登場

  4. 『ウマ娘 プリティーダービー』想定を上回るアクセスでメンテナンス決定、本日2月25日 14時より─受取期限が過ぎるプレゼントは先に取得を

  5. ただただ“萌え”に浸れる『ブルーアーカイブ』の素晴らしさよ!大義に煩わされず、安心して女生徒と青春を謳歌できる優しい世界

  6. 『ウマ娘 プリティーダービー』個別の配信ガイドラインが公開!―トレーナーは2018年発信の“モチーフ元の競走馬へのリスペクト”も忘れるなかれ

  7. 約3年間に渡る事前登録を経て、いよいよスマホ向けゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』が2月24日リリース!最初のキャンペーン情報を総ざらい

  8. 『プリンセスコネクト!Re:Dive』★3ユニット「キャル(プリンセス)」が登場!―2月28日からの「プリンセスフェスガチャ」がヤバイわよ!

  9. 『アズレン』衝撃グッズ「樫野の等身大おっぱいマウスパッド」が1893個を売り上げる!反対から読むと「サンキューパイ」になる奇跡まで…

  10. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

アクセスランキングをもっと見る