人生にゲームをプラスするメディア

コナミHD、平成28年3月期第2四半期決算を発表 ― 営業利益は前年同期比の約2倍に…『MGS V: TPP』500万本、『実況パワフルプロ野球』1600万DLなど

コナミホールディングスは、平成28年3月期第2四半期決算(連結)を発表しました。

ゲームビジネス その他
コナミホールディングスは、平成28年3月期第2四半期決算(連結)を発表しました。

グループを取り巻く経営環境は、国内の景気が緩やかな回復基調にあるとしながらも、世界経済では、米国経済は雇用状況の改善がの一方で、中国経済の急減速など、不透明な状況が続いているとしています。

エンタテインメント市場では、スマートフォン・タブレットの急速な普及による世界的な利用者の増加と、端末性能の進化・通信インフラの発達に伴い、ゲームコンテンツの多様化が進むとともに、家庭用ゲーム機の新型ハードが欧米を中心に記録的な速さで普及。ゲーム業界におけるビジネスチャンスは拡大を続けていると分析しています。

デジタルエンタテインメント事業では、『実況パワフルプロ野球』や『ワールドサッカーコレクション』シリーズなどのモバイルゲームが好調に推移。また、『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』や『ウイニングイレブン』シリーズの欧米向け最新作『PES 2016 - Pro Evolution Soccer -』を発売し好評を博しました。

健康サービス事業、ゲーミング&システム事業、遊技機事業を含めた、平成28年3月期第2四半期の連結業績は以下の通りとなっています。


◆平成28年3月期第2四半期の連結業績


【期間】平成27年4月1日~平成27年9月30日
※()内%表示は、対前年同四半期増減率

■売上高:1077億1800万円(9.1%)
■営業利益:124億4400万円(92.1%)
■税引前利益:121億8600万円(78.5%)
■四半期利益:78億4700万円(99.7%)
■親会社の所有者に帰属する四半期利益:78億4700万円(101.6%)
■四半期包括利益合計額:72億4300万円(38.1%)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


セグメント別に詳しく見ると、デジタルエンタテインメント事業のモバイルゲームでは『実況パワフルプロ野球』が配信開始10か月で累計1600万ダウンロードに到達し事業業績に貢献。また『ワールドサッカーコレクション』『クローズ×WORST』『プロ野球ドリームナイン』の各シリーズタイトルや、家庭用ゲーム『ワールドサッカー ウイニングイレブン2015』(欧米向け『Pro Evolution Soccer 2015』)のゲームエンジンをモバイルゲームに最適化させたクラブマネジメントゲーム『ウイニングイレブン クラブマネージャー』(英語名『PES CLUB MANAGER』)などのタイトルも堅調に推移しました。また、海外では映画「スター・ウォーズ」を題材にした『Star Wars: Force Collection(スター・ウォーズ フォース コレクション)』『PES COLLECTION』『実況倶楽部』が安定した運営を継続しています。

家庭用ゲームでは、9月に『メタルギア』シリーズの最新作『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』を全世界に向けて発売し、500万本(ダウンロード版を含む)を出荷。また、『ウイニングイレブン』シリーズの最新作『PES 2016 - Pro Evolution Soccer -』を北米・中南米・欧州・アジア向けに発売しました。

アーケードゲームでは、『麻雀格闘倶楽部』や音楽ゲームを中心とした「e-AMUSEMENT Participation」タイトルが安定稼働を継続。また、ファミリー向けに『祭deフィーバー!!』をリリースしたほか、キッズカードゲーム機『モンスター烈伝 オレカバトル』が、引き続き小学生の男児を中心に根強い人気を集めています。

カードゲームでは、「遊戯王トレーディングカードゲーム」の世界大会を8月に京都で開催するなど、引き続きグローバルに展開しました。

ゲーミング&システム事業では、ビデオスロットマシン「Podium」シリーズのカテゴリ拡大と市場のニーズに対応した商品展開により中南米や欧州市場で多種多様な商品の提供と拡販に注力。アジア・オセアニア市場ではバラエティ豊かな商品ラインアップを展開し、特に成長著しいフィリピン市場やマレーシア市場への商品販売が好調に推移しています。また、カジノマネジメントシステム「SYNKROS」は、北米各州のカジノ施設への導入が順次進められ、堅調に推移しています。

遊技機事業では、パチスロ機において、試験方法変更後の新基準にいち早く対応した最新作として、人気のアニメ作品を題材にしたパチスロ「ガン×ソード」の発売に続き、2機種を発売。コナミグループのオリジナルコンテンツ「スカイガールズ」のパチスロ化第2弾商品として、8月に市場投入したパチスロ「スカイガールズ~ゼロ、ふたたび~」は、斬新なゲーム性を特徴に市場での稼働は好調に推移しています。


◆平成28年3月期第2四半期連結累計期間のセグメント別売上高


【期間】平成27年4月1日~平成27年9月30日
※()内%表示は、対前年同四半期増減率

■デジタルエンタテインメント事業:517億200万円(17.5%)
■健康サービス事業:358億8900万円(△2.9%)
■ゲーミング&システム事業:149億7900万円(9.8%)
■遊技機事業:53億5400万円(19.7%)
■消去:△2億600万円
■連結合計:1077億1800万円(9.1%)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

家庭用ゲーム機向けのタイトル数が減る一方で、これまでに培ってきたKONAMIや旧ハドソンのIPを活かしたモバイルゲームが堅調な運営を継続していることがわかります。しかし、最新作『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』が世界出荷500万本を突破し、世界での注目度が非常に高い『メタルギア』シリーズを牽引してきた小島秀夫監督の退社疑惑報道が世界中を駆け巡るなど、家庭用ゲーム機向けタイトルに対するユーザーの期待も大きいことがうかがえるため、コナミグループの中核を担っているデジタルエンタテインメント事業が、今後どのような方針で運営されていくかにも注目です。
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『スーパーロボット大戦T』『ルルアのアトリエ』『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』他

    今週発売の新作ゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『スーパーロボット大戦T』『ルルアのアトリエ』『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』他

  2. セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

    セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

  3. 今週発売の新作ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』『レゴ DC スーパーヴィランズ』『ストリートファイター 30th AC インターナショナル』他

    今週発売の新作ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』『レゴ DC スーパーヴィランズ』『ストリートファイター 30th AC インターナショナル』他

  4. 海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

  5. 発売日情報 『SWRS3』、『パワプロ10決定版』等

  6. 宮本茂氏、ゲーム開発者が選ぶヒーロー第1位に選ばれる

  7. 『クラッシュ・オブ・クラン』のスーパーセル、1日の売上が5億円、ユーザーは1940万人・・・ハッキングされ暴露

  8. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  9. ウェブテクノロジ、「Sprite Studio」を大幅に強化した次期バージョンを公開へ

  10. 米ゲーム業界誌「Game Developer Magazine」が7月で廃刊

アクセスランキングをもっと見る

1