人生にゲームをプラスするメディア

宮本茂から驚きのアイデアも?元レア社代表が『ゴールデンアイ 007』開発秘話を語る

英国ゲームイベントにて『ゴールデンアイ 007』開発者Martin Hollis氏のトークセッションが行われました。『ゴールデンアイ』開発を巡る宮本茂氏とのやりとりについても言及。お蔵入りになった驚きのアイデアも飛び出ています。

任天堂 その他
 
  •  
  •  
英国ノッティンガムのゲームイベントGameCityにて、ニンテンドウ64向けタイトル『ゴールデンアイ 007』を手掛けたゲームデザイナーMartin Hollis氏のトークセッションが行われました。その中でHollis氏は『ゴールデンアイ』開発を巡る宮本茂氏とのやりとりについても言及。任天堂の姿勢が感じられるコメントも飛び出ています。

Hollis氏によれば、ファミリーフレンドリーなスタンスであり続ける任天堂に、暴力的とも言える「007」フランチャイズを馴染ませるのは非常にチャレンジングな試みだったようです。「血の噴水」とまで語られる開発段階のゴア表現はHollis氏にとっても大のお気に入りだったようですが、「少し赤いものが多過ぎたかもしれない」とも述べられていました。

ある日、Hollis氏を始めるレア社開発チームは『スーパーマリオ』生みの親・宮本茂氏からFAXを受け取ります。そこで宮本氏が修正依頼として伝えたのは、『ゴールデンアイ』が“人を殺す”ことにクローズアップし過ぎている点。更に、“人を殺す”ことに焦点を当てるゲーム性が悲惨に感じられたとも言及していたようです。「ゲームの終わりに病院ですべての敵と握手しているようであれば良い、ともアドバイスをもらった」とHollis氏はコメントしています。

当然ながら「握手」要素はゲーム内に実装されていませんが、Hollis氏は代替案として「スタッフクレジット」を加えました。これはキャラクターを役者として紹介しながら「実際の殺人ではない」という旨を語るための「映画的表現」だったとのこと。FPS史に名を残す重要作『ゴールデンアイ 007』ですが、人気アクション映画をゲーム化、そして任天堂ハードでリリースするに当って様々な配慮が図られていたようです。

宮本氏から驚きのアイデアも!元レア社代表が『ゴールデンアイ 007』開発秘話語る

《subimago》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 23年前に発売されたゲームボーイ『ポケットカメラ』を発掘!起動するととんでもないメモリーが残っていた…

    23年前に発売されたゲームボーイ『ポケットカメラ』を発掘!起動するととんでもないメモリーが残っていた…

  2. 『マインクラフト』に出現するSCPみたいなヒトの話―知らぬ間にサーバーに参加し、時間をかけて「エルフの森」を作り…最後は焼き尽くし狂気を蔓延させる

    『マインクラフト』に出現するSCPみたいなヒトの話―知らぬ間にサーバーに参加し、時間をかけて「エルフの森」を作り…最後は焼き尽くし狂気を蔓延させる

  3. なんというメカメカしさ!『モンハンライズ』新モンスター“泥翁竜オロミドロ”装備のスポット動画が公開

    なんというメカメカしさ!『モンハンライズ』新モンスター“泥翁竜オロミドロ”装備のスポット動画が公開

  4. 『スマブラSP』3月4日23時00分より「ホムラ/ヒカリのつかいかた」放送決定!桜井氏が新ファイターを解説―配信日も発表予定

  5. GB/GBC/GBA&アダプターでゲームギア/ネオジオポケットに対応!レトロ携帯ゲーム互換機「Analogue Pocket」の追加製造と転売対策が発表

  6. 新たな光の戦士が『スマブラSP』にやってくる!『ブレイブリーデフォルトII』コラボスピリッツイベント2月26日開催

  7. 『モンハンライズ』スイッチ用アクセサリーが発売決定!和風デザイン「マガイマガド」グリップコントローラーなど

  8. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ

アクセスランキングをもっと見る