人生にゲームをプラスするメディア

『ガンダムEXTREME VS-FORCE』ゲームシステム情報をお届け!G-セルフ、ネオ・ジオングなどの参戦機体も

バンダイナムコゲームスは、PS Vita『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』における参戦機体など新情報を公開しました。

ソニー PSV
『ガンダムEXTREME VS-FORCE』ゲームシステム情報をお届け!G-セルフ、ネオ・ジオングなどの参戦機体も
  • 『ガンダムEXTREME VS-FORCE』ゲームシステム情報をお届け!G-セルフ、ネオ・ジオングなどの参戦機体も
  • 『ガンダムEXTREME VS-FORCE』ゲームシステム情報をお届け!G-セルフ、ネオ・ジオングなどの参戦機体も
  • 『ガンダムEXTREME VS-FORCE』ゲームシステム情報をお届け!G-セルフ、ネオ・ジオングなどの参戦機体も
  • 『ガンダムEXTREME VS-FORCE』ゲームシステム情報をお届け!G-セルフ、ネオ・ジオングなどの参戦機体も
  • 『ガンダムEXTREME VS-FORCE』ゲームシステム情報をお届け!G-セルフ、ネオ・ジオングなどの参戦機体も
  • 『ガンダムEXTREME VS-FORCE』ゲームシステム情報をお届け!G-セルフ、ネオ・ジオングなどの参戦機体も
  • 『ガンダムEXTREME VS-FORCE』ゲームシステム情報をお届け!G-セルフ、ネオ・ジオングなどの参戦機体も
  • 『ガンダムEXTREME VS-FORCE』ゲームシステム情報をお届け!G-セルフ、ネオ・ジオングなどの参戦機体も
バンダイナムコゲームスは、PS Vita『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』における参戦機体など新情報を公開しました。

『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』は、『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』シリーズ最新作となるチームバトルアクションゲームです。アニメなどで展開している「ガンダム」シリーズに登場する機体を操り2on2のバトルが楽しめるほか、本作ではオリジナル部隊を率いる大規模部隊戦も可能になりました。


今回は、ゲームの基本システムや参戦機体などの情報も公開されています。

◆ゲームシステム


■大規模部隊戦


本作では、『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』シリーズ初となる大規模な部隊戦がシステムとして採用されています。好きなMS(モビルスーツ)6機を選んでオリジナル部隊を編成し、3小隊+戦艦(最大7機)を率いて戦うことが可能です。

大規模戦のステージエリアは2on2のステージに比べてかなり広大になっており、至るところで小隊同士が戦闘を繰り広げます。また、味方が遠く離れていても、戦局の変化や仲間小隊の状況などを、艦長がボイスでアナウンスしてくれます。


なお、機体にはそれぞれコストが設定されているため、小隊コストの範囲内でミッションにあった部隊を編制する必要があります。


プレイヤーは“エースパイロット 兼 部隊長”として動くことになり、最前線で自ら敵を撃破しながら戦ったり、あるいは指示を出し全員で防衛戦を行ったりといった作戦を展開します。


部隊戦の中には、ステージに拠点が設置されているミッションも存在します。拠点には防衛用MSやミニオンを発進させる機能があるため、放置するとそれらに攻め入られてしまいます。逆に、自軍の拠点を増やせば一気に戦況を有利にすることが可能です。


そして、仲間の小隊に指示を出すこともできます。本作では、エクストリームバーストに変わって部隊戦の時に使用可能な新システム「フォースシステム」が搭載されています。

このシステムでは、部隊戦バトル中にいつでも1ボタンでコマンド画面へ移行でき、小隊の移動先などを指示できます。これにより、進軍・撤退・集結・分散など戦況や地形にあわせて戦略的に戦うことが可能です。なお、フォースシステムの最中は、戦闘が一時停止します。


■ゲームモード

本作には、大きく分けてふたつのモードが存在しています。詳細については追って発表されるとのこと。

●「EXTREME FORCE」モード

やりこみ要素が充実したメインモード。ゲームオリジナルミッションをはじめ、「機動戦士ガンダム」から「機動戦士ガンダムUC」まで、宇宙世紀のエピソードを軸としたシチュエーションを楽しめるミッションが収録されています。

ミッションを攻略しながら、MSを獲得したりパイロットの育成を行い、自分だけのオリジナル部隊を編制・運用しながら全ミッションの制覇を目指すモードになっています。

●「FORCE BATTLE」モード

アドホック通信機能を使用したPS Vita2台での通信対戦モード。MS2機同士の戦いとなる「2on2バトル」で友達と遊ぶことができます。バトルのテクニックを競ったり、自分で育成した部隊を率いた大規模な「部隊戦」「拠点制圧戦」などのタクティカルな対戦で遊ぶこともできます。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』期間限定モード「シャドウロワイヤル」の影はスピード感抜群!『タイタンフォール』のようなウォールランで戦場を駆け巡れ

    『Apex Legends』期間限定モード「シャドウロワイヤル」の影はスピード感抜群!『タイタンフォール』のようなウォールランで戦場を駆け巡れ

  2. 『Apex Legends』シーズン7の新レジェンド候補「ホライゾン」にはもう会った?アビリティらしき要素も体験可能

    『Apex Legends』シーズン7の新レジェンド候補「ホライゾン」にはもう会った?アビリティらしき要素も体験可能

  3. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

    『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  4. 『モンハン:アイスボーン』歴戦王イヴェルカーナとの初戦結果を一挙紹介! 新大陸を締めくくる王者に感謝の声が殺到【アンケート】

  5. 『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

  6. 『マキオン』ランクマッチ(チームシャッフル)を少将☆1までプレイして痛感した5つのポイント─対戦に向かう自分のメンタルケアもお忘れなく!

  7. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  8. 『モンハン:アイスボーン』めざせ究極の筋肉! 「マッスルγ」を求めて“激昂ラージャン2頭狩り”に挑んだハンターたちの初戦結果を紹介【アンケート】

  9. 『Ghost of Tsushima』後編:何故日本の長弓はオーバーキル性能を持ってしまったのか?【ゲームで英語漬け#32】

  10. 『モンハン:ワールド』どの武器使う?─大剣、ランス、ヘビィ…全14種類の相棒が君を待つ!【アンケート】

アクセスランキングをもっと見る