人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2015】『クリミナルガールズ2』を先行プレイ…ん?…おしおき……“兄妹プレイ”だと!?

PSPにリリースされたRPGは数多く、また個々のユーザーにとって「このRPGは面白い!」と推すタイトルは千差万別でしょう。誰もが納得するものから、意外だけども理由を聞けばなるほどと思うものまで、実に多彩なのは間違いありません。

ソニー PSV
【TGS2015】『クリミナルガールズ2』を先行プレイ…ん?…おしおき……“兄妹プレイ”だと!?
  • 【TGS2015】『クリミナルガールズ2』を先行プレイ…ん?…おしおき……“兄妹プレイ”だと!?
  • 【TGS2015】『クリミナルガールズ2』を先行プレイ…ん?…おしおき……“兄妹プレイ”だと!?
  • 【TGS2015】『クリミナルガールズ2』を先行プレイ…ん?…おしおき……“兄妹プレイ”だと!?
  • 【TGS2015】『クリミナルガールズ2』を先行プレイ…ん?…おしおき……“兄妹プレイ”だと!?
  • 【TGS2015】『クリミナルガールズ2』を先行プレイ…ん?…おしおき……“兄妹プレイ”だと!?
  • 【TGS2015】『クリミナルガールズ2』を先行プレイ…ん?…おしおき……“兄妹プレイ”だと!?
  • 【TGS2015】『クリミナルガールズ2』を先行プレイ…ん?…おしおき……“兄妹プレイ”だと!?
PSPにリリースされたRPGは数多く、また個々のユーザーにとって「このRPGは面白い!」と推すタイトルは千差万別でしょう。誰もが納得するものから、意外だけども理由を聞けばなるほどと思うものまで、実に多彩なのは間違いありません。


筆者にとっても、PSPのRPGを語る上で欠かせない1本と考えているものがあります。ターン制というオーソドックスなシステムを採用こそしているものの、1ターンの間に決定する内容は非常に少なく、最低1行動分の内容だけを決めればいいだけ。しかし決して簡素・味気のない戦闘などではなく、1つの提案しか実行できないからこその緊張感や戦略の立て方が実に秀逸でした。

ですがこの特徴を語るよりも、あるたった一つの要素を語る方が、このソフトの名前を思い出してもらえる確率が非常に高い1本でもあり、そこが少々歯がゆく思っている部分でもあります。その要素とは、ずばり「おしおき」。“半罪人”と呼ばれる少女たちを更正させるためと称して「おしおき」を与える・・・そう、『クリミナルガールズ』のことでした。


仕方のない話ですが、「おしおき」への印象のほうが強く、RPGとしても魅力的だという本質まではなかなか伝わっていません。もちろん、相性の合う合わないはありますが、第一印象だけでプレイ予定から除外してしまうのはもったいないと考える一作です。そのため、続編となるPS Vitaソフト『クリミナルガールズ2』の出来映えには、個人的にも気になっているところでした。

『クリミナルガールズ2』が前作の魅力をしっかりと受け継いでいるのか。前作をプレイした一ユーザーという視点から、今回の東京ゲームショウで行われた試遊出展に触れてきました。自分が触れた試遊版は、すでにフィールドにいる状態から始まっており、物語的な導入などはありませんでした。もちろんストーリーも気になるところですが、時間が限られる試遊プレイなので、すぐにゲームシステムに触れられるというのもアリでしょう。


プレイヤーが操作する主人公の立場は、今回も教官的なポジション。フィールド上では先陣を切って歩きますが、戦闘に入ると4人パーティを組んでいる少女たちが直接バトルを行い、主人公は彼女たちの行動を決定する指示を下します。

冒頭の部分でも軽く記しましたが、この指示の出し方が本シリーズの特徴のひとつ。4人パーティですが4人分の行動を決定する必要はなく、それぞれが提案する4つのアクションからひとつを選択するだけ。基本的には1ターンに1アクションだけを決定すれば戦闘が進むので、非常にテンポがよくスピーディです。

かといってごり押しできるバランスではなく、戦いの組み立て方も非常に重要。そんな前作のポイントは、試遊プレイの範囲だけでも確認することができ、戦況に応じて変更する提案の数々から的確に選び抜く楽しさが垣間見られました。


このほかにも、直接行動する(可能性がある)のは4人ですが、メンバーは全員で7人おり、状況に応じて控えの3人の誰かと入れ替えるシステムも健在。パーティーメンバーを入れ替えれば提案も変わるのでこちらも駆使して、「ベストな行動を常に行う」という一般的なRPGの面白さではなく、「どれがよりベターかを判断し続けていく」といった本シリーズならではの楽しさが、今回も味わえそうです。

また戦闘シーンの高速再生などの要素も健在なので、シンプルなのに幅広い戦略だけでなく、テンポよく楽しめるゲーム性なども引き継がれているようです。移動中にクイックセーブやロードが任意で可能なのも嬉しいポイントでしょう。

あくまで試遊出展の範囲ですが、雑魚との戦闘も楽勝ではなくいい感じ。魔法系のキャラクターがあっさり瀕死になったりするので、攻撃一辺倒ではなく追い込まれる前に支援する予定も組み込んで戦闘を進める場面などもあり、本シリーズらしい手ごたえでした。


・・・と、ここまでRPG面の魅力ばかりに触れてきましたが、本作を語るうえでやはり「おしおき」ははずせません。おしおきをこなすことでスキルの取得や戦力強化につながるため、育成には欠かせない要素なんです。不可抗力なんです! まあ不可抗力じゃなくてもやるんですけどね!

前置きでRPGへの魅力を強調しましたが、「おしおき」要素はまったく否定しません。「おしおき」だけに注目されているのが勿体無いだけで、そこも本シリーズの大事な要素ですから。それに、ゲームの中で「おしおき」してみたいという気持ち、悪いことでは決してありません。「現実ではできないから」ではなく「ゲームだから」です。ゲームと現実を混同しないのが紳士!

そんな紳士な気分で、『クリミナルガールズ2』のおしおきを体験。今回は「ゴシゴシ調教」と「スパンキングEX」が用意されています。しかし・・・選べるのはこれだけではありません。なんとこの試遊出展では、“兄妹プレイ”も選択可能なのです。

この“兄妹プレイ”とは、本作の初回封入特典となる「ドキドキなりきり兄妹プレイが楽しめるプロダクトコード」を反映させたもの。つまり発売前に本作が試遊できるだけでなく、初回封入特典も味わえるのです。

このエクストラヴォイスはボタンで切り替え可能なので、もちろん通常バージョンを楽しむことが出来ます。もちろん“兄妹プレイ”を選んでスタート。だって“兄妹”ですから。それが理由です。ちなみにあくまで「なりきり」なので、その点は誤解のありませんように。


“兄妹プレイ”だと呼び名も当然変わり、優等生なシノアは「お兄ちゃん」、第1回人気投票で1位に輝いたクロエは「にぃ」と呼びます。テキストだけでも刺激的ですが、そこに声優さんの演技も加わるので更に破壊力は増大。「おしおき」なのにこちらがやられてしまいそうです。

そしてさっそく「おしおき」してみるものの、前作同様手ごわい部分もあり、簡単にオールクリアとはならず、「ふーん、お兄ちゃん大したことないんだ・・・」とグサッと来る一言を浴びせられる結果に。一部の人にはご褒美かもしれませんが。

悔しいので何度もチャレンジするものの、満足する結果にたどり着く前に試遊プレイ終了の時間に。ですがその結末よりも、「にぃのそれ・・・なに・・・」や「にぃ・・・クロエ、もうしたくない・・・」、「にぃ・・・痛いの、しないで・・・」と、ミスが多かった時やまだ好感度が高くない場合の台詞が、色んな意味で印象的でした。それだけに、仲良くなっていく過程の反応も今から楽しみです。それにしてもクロエばかりですみません!


セクシャルな面を一部強調しているのは確かなので、合わない人も少なくないと思いますし、それも決しておかしな話ではありません。なので無理に薦めるつもりはなく、「その部分を受け入れられる上で、面白いかどうか気になる」という方には、一度触れてみる価値はある試遊出展になっていると伝えさせていただきます。

ちなみに、やはり「おしおき」は全力で挑まないとダメですね。テレかくしに冷静そうなフリするよりも全力で挑む方が、「おしおき」の結果はもちろん達成感も高まります。ゲームだからこそ楽しい『クリミナルガールズ2』、紳士ならばなりふり構わずいきましょう!

『クリミナルガールズ2』は2015年11月26日発売予定。価格は、パッケージ版が5,980円(税抜) 、ダウンロード版が4,762円(税抜) 、初回限定版が7,980円(税抜)です。

(C)2015 Nippon Ichi Software, Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 海外レビューハイスコア『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

    海外レビューハイスコア『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

  2. 『Apex Legends』シーズン1にはもう1人の新レジェンドが登場―海外PS4版サイトから明らかに

    『Apex Legends』シーズン1にはもう1人の新レジェンドが登場―海外PS4版サイトから明らかに

  3. 『真・三國無双8』が「鈴鹿8耐」とコラボ!曹丕、趙雲、陸遜、鍾会がレーサー姿で応援

    『真・三國無双8』が「鈴鹿8耐」とコラボ!曹丕、趙雲、陸遜、鍾会がレーサー姿で応援

  4. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  5. 『バイオハザード RE:2』あるある10選!誰もがアイテムのやりくりに悩みタイラントで遊ぶ!?

  6. PS4向けシリーズ最新作『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』発表! ティーザー映像には謎の女性キャラクターが

  7. 海外レビュー速報『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

  8. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

  9. PS4『アズールレーン クロスウェーブ』8月29日発売決定! 予約特典で「ネプテューヌ」が参戦

  10. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

アクセスランキングをもっと見る

1