人生にゲームをプラスするメディア

トヨタからホバーボード「Lexus hoverboard」発表…永久磁石で浮遊するスケボー

その他 全般

トヨタからホバーボード「Lexus hoverboard」発表…永久磁石で浮遊するスケボー
  • トヨタからホバーボード「Lexus hoverboard」発表…永久磁石で浮遊するスケボー
  • トヨタからホバーボード「Lexus hoverboard」発表…永久磁石で浮遊するスケボー
  • トヨタからホバーボード「Lexus hoverboard」発表…永久磁石で浮遊するスケボー
トヨタ自動車のカーブランド「レクサ」から、ホバーボード「Lexus hoverboard」が発表されました。

強いインパクトを見せながら白い煙を上げて宙に浮くハイセンスなデザインの「Lexus hoverboard」。レクサスの特設ページの解説によれば、ボードを浮かす技術には近年流行りの永久磁石による磁気浮上式を採用しているとのこと。



立ち上る白い煙は映像効果を狙ったものではなく、効率的な浮遊を行うために超電導体を液体窒素によって冷却することで発生する「マイスナー効果」を狙った際に出ているものです。



なお、レクサスのエンブレムが刻印されたデッキ部分には天然の竹を使い、下部には高級車に使用される素材が利用されています。


専門チームによって18か月の開発期間を用いて完成された「レクサスホバー」ですが、販売をする予定は今のところなく、今後はスペインのバルセロナにてプロのスケーターによってテストされていくそうです。ちなみに新たな情報を含む写真やビデオは今後、レクサスのSNSアカウントか、特設ページにて毎週公開されていきます。



近年、クラウドファンディングサイトなどで見るようになってきたホバーボードですが、常にネックとされてきたのは運動性と路上を滑る速度、そして利用できる場所の三点。しかし、大企業が本格的にこのジャンルに挑むとなれば映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2」のマーティ・マクフライのように自由かつ躍動的な動きも現実のものになるかもしれません。
《scarecrow》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選

    【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選

  2. 【昨日のまとめ】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』ゲーム映像公開、『星のカービィ』25年間の歴代ゲームまとめ、洗脳されてしまったキャラクター7選…など(5/27)

    【昨日のまとめ】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』ゲーム映像公開、『星のカービィ』25年間の歴代ゲームまとめ、洗脳されてしまったキャラクター7選…など(5/27)

  3. 【レポート】綾野APとの対戦会も!『ウル2』発売記念イベント

    【レポート】綾野APとの対戦会も!『ウル2』発売記念イベント

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

  6. 【昨日のまとめ】スイッチ版『モンスターハンターダブルクロス』発売決定、「ニンテンドーeショップ新作入荷情報」、『サマーレッスン』宮本ひかりの等身大フィギュア…など(5/26)

  7. 日本のゲーム産業の強みはエクイティファイナンス!【オールゲームニッポン】

  8. 【特集】『ポチャカワ女子ゲームキャラ』10選

  9. 【特集】『ゲームに登場するお父さんキャラ』8選―ディア・パパ!

  10. 【特集】『連休に没頭できるSteamゲーム』10選

アクセスランキングをもっと見る