人生にゲームをプラスするメディア

『プロジェクト クロスゾーン2』ワルキューレやフェリシアのゲーム画像が到着

バンダイナムコエンターテインメントは、ニンテンドー3DSソフト『プロジェクト クロスゾーン2:ブレイブニューワールド』に参戦が決定したキャラクターのゲーム画像などを公開しました。

任天堂 3DS
『プロジェクト クロスゾーン2』ワルキューレやフェリシアのゲーム画像が到着
  • 『プロジェクト クロスゾーン2』ワルキューレやフェリシアのゲーム画像が到着
  • 『プロジェクト クロスゾーン2』ワルキューレやフェリシアのゲーム画像が到着
  • 『プロジェクト クロスゾーン2』ワルキューレやフェリシアのゲーム画像が到着
  • 『プロジェクト クロスゾーン2』ワルキューレやフェリシアのゲーム画像が到着
  • 『プロジェクト クロスゾーン2』ワルキューレやフェリシアのゲーム画像が到着
  • 『プロジェクト クロスゾーン2』ワルキューレやフェリシアのゲーム画像が到着
  • 『プロジェクト クロスゾーン2』ワルキューレやフェリシアのゲーム画像が到着
  • 『プロジェクト クロスゾーン2』ワルキューレやフェリシアのゲーム画像が到着
バンダイナムコエンターテインメントは、ニンテンドー3DSソフト『プロジェクト クロスゾーン2:ブレイブニューワールド』に参戦が決定したキャラクターのゲーム画像などを公開しました。

本来出会うはずのないキャラクターたちが、作品の垣根を超えて結集する『プロジェクト クロスゾーン2:ブレイブニューワールド』。再び交わる世界の邂逅に、前作ファンを始め多くのユーザーがその動向に注目しています。


『ヴァンパイア』シリーズの「フェリシア」、『スペースチャンネル5』シリーズの「うらら」、そして『ワルキューレの冒険』シリーズの「ワルキューレ」。この3名の参戦がE3 2015にて発表されましたが、このたび彼女らの勇姿を捉えたゲーム画像が到着しました。全員「ソロユニット」として登場するため、ペアユニットとの組み合わせが可能です。彼女たちの詳細や画像をチェックし、どのような活躍をするのか想いを馳せておきましょう。

◆フェリシア(CV:阿澄 佳奈)


■キャットウーマンにしてミュージカルスター
「みんなで楽しく踊っちゃオーーっ!」

猫と人間の特徴を併せ持つ種族・キャットウーマンの一人。陽気かつ無邪気な性格。ミュージカルスターとして活躍する一方、孤児院のシスターも務めている。シスターであるエリカとは、同じシスター同士、会話にも花が咲くことも……?


・作品紹介:『ヴァンパイア』
宇宙の果てから大西洋の底へ降り立った、謎の生命体。“それ”は世界を支配するべく、自らの存在を感知した魔界の住人・ダークストーカーたちとの戦いに興じるのだった。

◆うらら(CV:herself)


■宇宙放送局の歌って踊れるスペースリポーター
「チャンネルは、そのまま!」

宇宙放送局「スペースチャンネル5」のリポーター。マイペースな性格とキュートな踊りで、現場を駆ける。


・作品紹介:『スペースチャンネル5 パート2』
AD2400年代の未来。宇宙放送局「スペースチャンネル5」の新人リポーター、うららが歌と踊りで奮闘する。

◆ワルキューレ(CV:井上 喜久子)


■天空より降り立った、乙女の騎士
「永遠の剣よ、私に力を与えてください……」

天上界の大女神に仕える乙女の騎士。大女神の命を受け、地上の平和を乱す悪魔たちと対峙する。


・作品紹介:『ワルキューレの伝説』
かつて魔王ゾウナを退けた天の使い、ワルキューレ。人々の悲しむ声を聞き、平和を取り戻すために再び地上に降り立つ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『プロジェクト クロスゾーン2:ブレイブニューワールド』は、2015年秋発売予定。価格は未定です。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)モト企画
(C)SEGA
(C)SEGA (C)RED
(C)SEGA MUSIC (C)YUZO KOSHIRO
(C).hack Conglomerate
(C)藤島康介
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

※画面は開発中です。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》
臥待 弦(ふしまち ゆずる)

楽する為に努力する雑食系ライター 臥待 弦(ふしまち ゆずる)

世間のブームとズレた時間差でファミコンにハマり、主だった家庭用ゲーム機を遊び続けてきたフリーライター。ゲームブックやTRPGなどの沼にもどっぷり浸かった。ゲームのシナリオや漫画原作などの文字書き仕事を経て、今はゲーム記事の執筆に邁進中。「隠れた名作を、隠れていない名作に」が、ゲームライターとしての目標。隙あらば、あまり知られていない作品にスポットを当てたがる。仕事は幅広く募集中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  2. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

    『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

  3. 『ダイパ』や『あつ森』は要注意!? 2台目スイッチ、遊び方やセーブ管理の注意すべきポイント

    『ダイパ』や『あつ森』は要注意!? 2台目スイッチ、遊び方やセーブ管理の注意すべきポイント

  4. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新御三家はだれを選ぶ?2,000人以上が投票したアンケート結果発表!

  5. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』では「アルセウス式」が引き継がれる?エンカウントの仕組みは…

  6. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  7. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  8. 『スプラトゥーン2』タコamiiboがおすすめすぎる6つの理由 ─ 今は空前のひれおブーム!

  9. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』の「キャラメイク」で作れる“可愛さ”は性別を超えた!? 男の子もゆるふわヘアーでバサバサまつげ!

  10. Wii U『スプラトゥーン』は5年経ったいまでもプレイできるのか!? カオスすぎる初代環境を懐かしむ

アクセスランキングをもっと見る