人生にゲームをプラスするメディア

JOYSOUNDに、セガゲームスの開発支援ツール導入…UI/コンテンツが大幅進化

セガゲームスは、同社が開発したUI(ユーザーインターフェース)・コンテンツ開発支援ツール「アクロアーツ」を、ブラザー工業とエクシングが開発したカラオケ機器「JOYSOUND MAX」ならびに「JOYSOUND 響」に提供することを発表しました。

ゲームビジネス 開発
JOYSOUNDに、セガゲームスの開発支援ツール導入…UI/コンテンツが大幅進化
  • JOYSOUNDに、セガゲームスの開発支援ツール導入…UI/コンテンツが大幅進化
  • JOYSOUNDに、セガゲームスの開発支援ツール導入…UI/コンテンツが大幅進化
セガゲームスは、同社が開発したUI(ユーザーインターフェース)・コンテンツ開発支援ツール「アクロアーツ」を、ブラザー工業とエクシングが開発したカラオケ機器「JOYSOUND MAX」ならびに「JOYSOUND 響」に提供することを発表しました。

「アクロアーツ」は、セガゲームスがエンターテインメントの分野で蓄積してきた3Dグラフィックス技術を用いた、オリジナルツールとランタイムエンジンからなる製品です。企画者やデザイナーが思い描いた通りに制作することを容易にし、あらゆる製品に効率的に搭載できるランタイムが特徴です。


そして、「JOYSOUND MAX」は業務用通信カラオケの最上位モデルです。約25.5万曲を収録しており、全サウンドが楽器で演奏したカラオケ専用生音源になっています。また、アーティストの本人出演映像や、スマートフォンとの連動、アニメ「妖怪ウォッチ」などの採点コンテンツも特徴。「JOYSOUND 響」は、「JOYSOUND MAX」のナイト市場向けモデルとなっており、どちらも2015年7月発売予定です。

このように「JOYSOUND MAX」「JOYSOUND 響」は多機能であるため、最新のグラフィックシステムに対応し、かつUIならびに各種コンテンツの大幅な進化が求められていました。そこで、多数の3Dキャラクター表示や演出を行いつつ、各種コンテンツの効率的な開発を両立させられる「アクロアーツ」が導入されることに。当該機種で表示されるグラフィックの大半は、この「アクロアーツ」上で作られたコンテンツとなっています。



◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

「アクロアーツ」は、株式会社セガゲームスの登録商標です。
「JOYSOUND」は、株式会社エクシングの登録商標です。
《すしし》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. シンラ・テクノロジーが解散、スクエニHDは約20億円の特損を計上

    シンラ・テクノロジーが解散、スクエニHDは約20億円の特損を計上

  2. バンダイナムコ、ゲーム業界初のエコラベルを表示する取り組み「エコアミューズメント」12月より開始

    バンダイナムコ、ゲーム業界初のエコラベルを表示する取り組み「エコアミューズメント」12月より開始

  3. 時限更新型RPGの魅力をあなたに ― 『エルダーサイン』インサイド限定アイテムで序盤を完全攻略

    時限更新型RPGの魅力をあなたに ― 『エルダーサイン』インサイド限定アイテムで序盤を完全攻略

  4. ゼロ遅延技術「SonicSYNC」は従来スマホ音ゲーの"間違い"を正せるか―『ディズニー ミュージックパレード』メディア向け発表会をレポート

  5. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  6. VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

  7. 市場規模は113.45%の6845億円に、2007年のゲーム市場―テレビゲーム産業白書刊行

  8. 秋葉原の洋ゲーショップ「ゲームハリウッド」2月24日で閉店

  9. 米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

  10. オンライン海賊行為禁止法案(SOPA)が及ぼす日本と世界への影響・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第20回

アクセスランキングをもっと見る