人生にゲームをプラスするメディア

PS4『ボコスカウォーズ2』2015年配信! 30年の時を経て続編登場…原作者が監修を担当

ソニー PS4

PS4『ボコスカウォーズ2』2015年配信! 30年の時を経て続編登場…原作者が監修を担当
  • PS4『ボコスカウォーズ2』2015年配信! 30年の時を経て続編登場…原作者が監修を担当
ピグミースタジオは、PS4ダウンロードソフト『ボコスカウォーズ2(仮称)』を2015年に配信します。

1983年にラショウ氏が開発し、翌1984年に行われた「第1回アスキーソフトウェアコンテスト」にてグランプリを受賞した『ボコスカウォーズ』。パズル性が強い本作をクリアするためにはじっくりと戦略を練る必要があり、当時その手強さに幾度もやられた小学生が続出しました。また、説明書に書かれた歌詞「すすめボコスカ」も、ファンの間で話題を呼びました。


そんな『ボコスカウォーズ』の新作が、現在鋭意制作中との発表が寄せられました。タイトルはまだ仮称ですが、シミュレーションRPGの先駆けとなった『ボコスカウォーズ』を新たな切り口で進化させる一作として、ラショウ氏監修の元に開発が進んでいます。

『ボコスカウォーズ2(仮称)』の発表にあたり、ラショウ氏からコメントが届いているので、この最新作に興味が湧いた方はそちらもチェックしてみましょう。また、7月11日・12 日に京都で行われる「BitSummit 2015」にてプレイアブル展示されるので、近くにお住まいの方は足を伸ばしてみるのも一興ですよ。

■ラショウ氏からのコメント
ボコスカウォーズの戦史を30年後にまた再開出来るとは嬉しいことです。自負ですが、当時のボコスカウォーズはゲーム創世期において、ジャンル分化前の基点として様々なゲーム要素を予見していたように思います。見直せばなかなかシンプルにシステムやデザインもまとまっており、完成美といいますか気軽に手を加えられない神々しさを持っています。ある意味では30 年間変える必要がなかったということです。

あえて手を出すからには、この私の30年間の成長を加え熟成的に、また、今後の30年のためのゲームとなれるような大義を望み、己のオゴレスに向かってまたボコスカと奮闘してみたいと思います。


(C)Pygmy Studio Co., Ltd. (C)iTA-Choco Systems
「ボコスカウォーズ」「BOKOSUKA WAR S」は、株式会社KADOKAWA の登録商標です。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

    【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

  2. 『モンスターハンター: ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

    『モンスターハンター: ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

  3. 【TGS2017】美少女たちを迎え撃て! 360度あらゆる方向からの“告白”に立ち向かう『ぎゃる☆がん2』を回転しつつプレイ

    【TGS2017】美少女たちを迎え撃て! 360度あらゆる方向からの“告白”に立ち向かう『ぎゃる☆がん2』を回転しつつプレイ

  4. 『ぎゃる☆がん2』製作決定─「TGS2017」体験ブースでは制服コンパニオンがお出迎え!

  5. PS4『アリカ 謎の格闘ゲーム(仮称)』が国内初出展―日本語コマンド表も

  6. 『モンスターハンター:ワールド』製品概要公開―“ネルギガンテ”フィギュア付き限定版も

  7. 【TGS2017】個性的な新モンスターが続々登場した『モンスターハンター:ワールド』ステージイベントレポ

  8. 『鉄拳7』欧米アーティストと開発スタッフが書き下ろしたキャラパネル全25種類が無料配布決定

  9. 【TGS2017】人狼ゲーム+サスペンスドラマが楽しめる『Hidden Agenda』、駆け引きの果てに待つものは

  10. 『仁王』DLC第3弾「元和偃武」最新スクリーンショットが到着!新たな物語や「無間獄」、新守護霊の姿も

アクセスランキングをもっと見る