人生にゲームをプラスするメディア

世界のゲーム市場、2018年には約14兆円に・・・中国が今年にも米国を逆転

ゲームビジネス 市場

2015年から2018年にかけての世界のゲーム市場の伸び
  • 2015年から2018年にかけての世界のゲーム市場の伸び
  • 2015年のプラットフォーム別の市場規模予測
  • 2015年の地域別の市場規模予測
  • 2015年の米国のプラットフォーム別の市場規模予測
  • 2015年の中国のプラットフォーム別の市場規模予測
ゲーム調査会社のNewzooは2015年版の「グローバルゲームマーケットレポート」を発行し、世界のゲーム市場は2014年の836億ドル(約10兆1200億円)から2018年には1133億ドル(約13兆7000億円)に成長すると予測しています。年平均の伸び率は7.9%となります。

市場の伸びを牽引するのはスマートフォン向けゲームです。同市場は2014年の245億ドル(約3兆円)から2018年には442億ドル(約5兆3500億円)まで年平均15.9%で成長すると予測されています。また、2018年にはゲーム市場全体の39%を占める予測。

2018年の市場規模予想をプラットフォーム別に見ていくと、PCが412億ドルで全体の36%を占め引き続き最大の市場となる見通し。一方、家庭用ゲーム機(VR含む)は268億ドルで、シェアを27%に落とす見通し。パーソナルスクリーン(スマートフォン)は302億ドルで27%まで成長。フローティングスクリーン(タブレット、携帯ゲーム機)は13%を占める予測です。

地域別では2015年にも中国が米国を逆転し、世界最大のゲーム市場となる見通し。今年の市場規模は中国が222億ドル、米国が220億ドルとの予測。中国市場はデジタル販売が大半を占め、実に市場の97%、対して米国は72%です。逆転の原動力となるのはスマートフォン。米国では今年の伸びが13.4%と予想されるのに対して、中国は何と50%もの伸びが見込まれています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信 ― テンセントと協業で

    コナミ、中国市場に向けモバイルゲーム『魂斗羅』最新作を配信 ― テンセントと協業で

  4. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  5. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  6. 「CEDEC 2012」基調講演の講演者が決定 ― ソラの桜井政博氏、ILMの上杉裕世氏など

  7. ロケットカンパニー、『シェイプボクシングWii』をユービーアイにライセンス

  8. セガ、E3 2015への出展を見送り

  9. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  10. 米誌Game Informer最新レビュー

アクセスランキングをもっと見る