人生にゲームをプラスするメディア

『太鼓の達人 Vバージョン』「ミッション」では最大4人プレイ可能、『クリティカルベロシティ』からの参戦も

バンダイナムコエンターテインメントは、PS Vitaソフト『太鼓の達人 Vバージョン』の最新情報を公開しました。

ソニー PSV
『太鼓の達人 Vバージョン』「ミッション」では最大4人プレイ可能、『クリティカルベロシティ』からの参戦も
  • 『太鼓の達人 Vバージョン』「ミッション」では最大4人プレイ可能、『クリティカルベロシティ』からの参戦も
  • 『太鼓の達人 Vバージョン』「ミッション」では最大4人プレイ可能、『クリティカルベロシティ』からの参戦も
  • 『太鼓の達人 Vバージョン』「ミッション」では最大4人プレイ可能、『クリティカルベロシティ』からの参戦も
  • 『太鼓の達人 Vバージョン』「ミッション」では最大4人プレイ可能、『クリティカルベロシティ』からの参戦も
  • 『太鼓の達人 Vバージョン』「ミッション」では最大4人プレイ可能、『クリティカルベロシティ』からの参戦も
  • 『太鼓の達人 Vバージョン』「ミッション」では最大4人プレイ可能、『クリティカルベロシティ』からの参戦も
  • 『太鼓の達人 Vバージョン』「ミッション」では最大4人プレイ可能、『クリティカルベロシティ』からの参戦も
  • 『太鼓の達人 Vバージョン』「ミッション」では最大4人プレイ可能、『クリティカルベロシティ』からの参戦も
バンダイナムコエンターテインメントは、PS Vitaソフト『太鼓の達人 Vバージョン』の最新情報を公開しました。

PS Vitaへの初進出を果たす『太鼓の達人 Vバージョン』は、アニソンやゲーム曲といったハイティーン以上にアピールする楽曲を中心に収録しており、これまでの『太鼓の達人』シリーズとはひと味違う切り口と魅力を備えています。



また、演奏を駆使してモンスターと戦う新モード「ドンだークエスト」も搭載されており、装備を整え「どんちゃん」を成長させる楽しみも味わえます。強力な敵「ノイズ」に挑むストーリーや白熱の演奏バトルをたっぷりと楽しみましょう。

◆新たな収録楽曲が判明



■ゲームミュージック
・Angel Halo:『リッジレーサー3D』より

■ナムコオリジナル
・G意識過剰:(作詞・作曲:かねこちはる)
・夏竜 ~Karyu~:(作詞・作曲:あず♪)
・冬竜 ~Toryu~:(作詞・作曲:あず♪)
・Purple Rose Fusion:(作詞:観阿弥/作曲:世阿弥)

◆ドンだークエスト 新情報


■ミッション紹介

ドンだークエストでは、ストーリーを楽しめる「クエスト」の他に、クエストよりもさらに手強い演奏バトルが楽しめる「ミッション」があります。「ミッション」は、どんちゃんとメイプルの2人で挑むこともできますが、他のプレイヤーとアドホックモードで通信し、一緒に演奏バトルへ挑むこともできます。手に入るカードは「クエスト」で手に入るカードよりも強力なものが多いので、積極的に挑戦するのも一興です。

ミッションの演奏バトルは、手強い敵ばかり。1人では勝てないノイズには、友達と一緒に挑んでください。攻撃役、回復役など、それぞれの役割を決めて編成するのが勝利への鍵です。なお、他のプレイヤーと挑むミッション「キズナミッション」は、最大4人まで参戦可能。お気に入りのどんちゃんとデッキを持ち寄りましょう。

■ボス紹介

ドンだークエストの序盤で、どんちゃんとメイプルの前に立ちはだかるボス「アンヴィグール」。ノイズによって巨大化した右腕を大きく振り上げ、すさまじいパンチで演奏レーンを破壊します。流れていた音符もその衝撃で吹き飛んでしまったり、レーンが破壊されたことで音符が見難くなるなど、手強い攻撃を繰り出してきます。

またドンだークエストでは、演奏バトルの場所ごとに様々なおじゃま演出があります。その一部を、こちらで紹介します。

・遺跡では、遺跡の柱が突然崩れ、倒れた柱がレーンを塞いでしまいます。


・火山では炎の柱が轟轟と吹き上がります。思わず、間違ってバクダン音符を叩いてしまうかも。


・雪原では、音符に雪が積もってしまい、音符がわかりづらくなります。音符の表情もちょっと寒そう……。


■ゲストキャラクター「ソール ゴードン」

あの名作『クリティカルベロシティ』から、ソールとゴードンのコンビが参戦。どんちゃんのはやさを上げてくれるので、いつもより少ないコンボ数で攻撃が可能となります。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『太鼓の達人 Vバージョン』は、2015年7月9日発売予定。価格は、5,690円(税抜)です。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)CryptonFuture Media, INC. www.piapro.net
(C)INTERNET Co., Ltd. All rights reserved.
(C)1st PLACE Co Ltd.
(C)窪岡俊之 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)BNEI/PROJECT CINDERELLA
(C)松井優征/集英社・アニメ「暗殺教室」製作委員会
(C)1st PLACE Co Ltd.
(C) Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C) Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
(C)TITAN
(C) 2015 SACHIKO PROMOTION,INC. All Rights Reserved.
(C)2014 Sony Computer Entertainment Inc.
VOCALOID(ボーカロイド)/ボカロはヤマハ株式会社の登録商標です。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

    不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  4. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  5. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  9. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  10. 『シェンムー I&II』“伝説”を愛し続けてくれるファンに感謝を… ローカライズディレクター野口氏インタビュー【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る