人生にゲームをプラスするメディア

1週間のプリースト生活を終えて―『ドラゴンズドグマ オンライン』αテストインプレッション

ソニー PS3

1週間のプリースト生活を終えて―『ドラゴンズドグマ オンライン』αテストインプレッション
  • 1週間のプリースト生活を終えて―『ドラゴンズドグマ オンライン』αテストインプレッション
  • 1週間のプリースト生活を終えて―『ドラゴンズドグマ オンライン』αテストインプレッション
  • 1週間のプリースト生活を終えて―『ドラゴンズドグマ オンライン』αテストインプレッション
  • 1週間のプリースト生活を終えて―『ドラゴンズドグマ オンライン』αテストインプレッション
  • 1週間のプリースト生活を終えて―『ドラゴンズドグマ オンライン』αテストインプレッション
  • 1週間のプリースト生活を終えて―『ドラゴンズドグマ オンライン』αテストインプレッション
  • 1週間のプリースト生活を終えて―『ドラゴンズドグマ オンライン』αテストインプレッション
  • 1週間のプリースト生活を終えて―『ドラゴンズドグマ オンライン』αテストインプレッション
カプコンの新作オンラインオープンワールドアクションゲーム『ドラゴンズドグマ オンライン』のプレイステーション3向けアルファテストが、2015年4月20日から4月28日まで行われました。

2015年内に正式サービス開始を予定している本作は、2009年に発売されたアクションRPG『ドラゴンズドグマ』の中世ファンタジーのような世界観をベースにしたオンライン専用のタイトル。プレイヤーは弱りつつある白竜から生み出された覚者となり、レスタニア大陸に迫る魔物の脅威に仲間とともに立ち向かうことになります。なお、本作はプレイステーション4、プレイステーション3、PC向けに配信予定となっています。

今回は、先日行われたアルファテストに1週間プリーストとして参加した筆者のプレイインプレッションをお届けします。

千差万別なキャラクターが作れる豊富なキャラクターメイキング!



※スクリーンショットはPS3アルファ版と異なります。

プリースト関連のお話の前に、まずはゲームをスタートするとプレイヤーの分身となるキャラクターを作成します。キャラクターメイキングでは、顔や体格などいろいろなパーツを細かくカスタマイズすることができ、髪型は男女共通で48種類、ボイスはピッチ調整が可能で、筋肉の量や手脚の大きさといた見た目の印象が変わる部分も変更できました。

ゆえに、文字通り十人十色なキャラクターが作れるので、プレイ中も大柄で筋肉質なコロシアムが似合う武闘派系キャラクターから清廉とした森に佇む儚いエルフのような美人キャラクターまで、多彩なプレイヤーと出会うことができました。キャラメイクにこだわる人は、ゲームを始めるまでにかなり時間がかかると思いますので、今のうちからキャラクターのイメージを固めておきたいですね。ちなみに筆者は小柄な巨乳美少女にしたのですが、アルファテスト版のスクリーンショットは掲載できないのでお見せできないのがとても残念です。


※スクリーンショットはPS3アルファ版と異なります。

続いてはジョブの選択です。今回のアルファテストでは「ファイター」「ハンター」「シールドセージ」「プリースト」の4種類を選ぶことができました。ジョブはプレイ中、ノーコストでいつでも変更できるので、まずは好みで決めてしまってもいいと思います。ファイターは剣と盾を装備した前衛系、ハンターは弓を使った遠距離タイプ、シールドセージは大盾を装備して仲間を守るジョブ、プリーストは回復と支援の担う役割。オンラインゲームに慣れていない筆者は、マルチプレイであまり迷惑をかけたくなかったので、サポート系ジョブのプリーストを選択しました。


広大なフィールドが待っているファンタジックな冒険の舞台!



※スクリーンショットはPS3アルファ版と異なります。

キャラクターを作るといよいよ冒険の世界へ。拠点となる白竜神殿レーゼはいくつかの区画に分かれており、宿場区では宿屋に泊まったりジョブの転職やスキルの強化、商店区では装備品の買い物などができました。これらのエリアは広くて高低差もあり、スタート時はどこに何があるのか少し戸惑いましたが、慣れてくると各施設が最短距離に設定されていることが分かり、クエストの合間に効率よく回っていけると思います。


※スクリーンショットはPS3アルファ版と異なります。

拠点を一歩外に出ると、そこはゴブリンやオーク、巨大な敵サイクロプスやスフィンクスが生息する広大なフィールドが待っています。本バージョンでは、「ハイデル平原」「ミスリウ森林」「ブリア海岸」の3つのエリアを探索できましたが、それぞれがシームレスにつながっているためオープンワールドとしてもとてもボリュームがあると思いました。また、エリアにある拠点にはワープポイントとなる礎があり、礎に触れてマイ拠点に登録しておけば瞬時に移動可能なので便利でした。


ソロプレイも楽しめるメインストーリーとプリーストの基本戦術について!


本作はオンラインのオープンワールドゲームですが、ストーリーを語るNPCがいてメインストーリーがあるので、ソロプレイでもがっつり楽しむことができます。プリーストはもちろん、回復やサポート系ジョブではありますが、攻撃能力自体も高く、通常攻撃である「ブラストビット」は溜めに応じて威力と射出数が上がる遠距離魔法攻撃なので、ソロでもがんがん戦えるジョブでした。攻撃では、追尾能力をもつ聖属性魔法攻撃「セラフィムフラップ」も便利でしたね。ただ、攻撃は遠距離専門かつ詠唱時間もあるので乱戦に弱く、敵と距離をとったりヒット&アウェイが重要。それでも近くに寄られると危ないので、「ガードビット」という敵の攻撃を一定回数防ぐ魔法を発動しておくと、ダメージを受ける確率を減らすことができました。


※スクリーンショットはPS3アルファ版と異なります。

メインストーリーを進めていくと「ポーン郷」とよばれる拠点に到着し、プレイヤーの相棒となるNPCポーンが仲間になりました。ポーンはプレイヤーキャラクターと同じくカスマイズができ、口調やセリフの頻度も変えることが可能。筆者は丁寧口調で頻繁に話しかけてくれるイケメンポーンを作り、強敵を前に尻込みしている私を励ましてもらいながら戦うスタイルでプレイしていました。ポーンは冒険に連れて行くことでレベルアップし成長していくので、育てていく楽しみもあると思います。さらに自分のポーンを他のプレイヤーに貸し出すこともできるとのことでしたが、アルファテストでは未実装でした。なお、プリーストの相棒のポーンは、前衛系のファイターや敵の注意を引きつけてくれるシールドセージがおすすめです。

次ページ: アルファテストで8人マルチプレイクエストに挑戦!

《まいたこ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  2. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  3. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  4. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  5. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  6. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  7. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  8. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  9. 『モンハン:ワールド』魔獣「ベヒーモス」に挑め!無料大型アップデート第4弾配信開始

  10. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

アクセスランキングをもっと見る