人生にゲームをプラスするメディア

PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

ゲームビジネス 開発

 
  •  
  •  
6年の歳月が経ち、満を持してSteamから配信されたPC版『バイオハザード5』の完全版。名作『バイオハザード』の続編として高く評価されたサバイバルホラーゲームですが、その移植にあたって、「オフラインcoop」が消失したことが判明。多くのファンがオフライン協力プレイの復活を待望しました。

カプコンのwbacon氏によると、問題は異なるコントローラーの相性の悪さ。元々複数のデバイスを予期していなかった『バイオハザード5』で、「キーボード+マウス」の操作と「Xboxコントローラー」の操作を同時に入力しても、ゲーム側が対応できないようです。

しかし、あるファンによって、意図的に画面分割要素を排除したと思わせる記載が残ったゲーム内ファイルが発覚。また、画面分割プレイを実現するMODを制作したファンも、「無線のコントローラーはIDを認識できる」「PC版でも複数の操作を管理することが可能のはずだ」と主張。実際にローカルcoopは可能ではないか、ファンは反論しています。

実際『バイオハザード5』といえば、国内外で高い評価を獲得し、何よりその先進的な協力プレイが多くのゲーマーを沸かせました。内部でどのような議論があったにせよ、公式による画面分割モードの実装を求める声は日に日に強まっています。

果たして、家でのんびりローカルcoopをプレイ出来る日が来るのか。今後の動向に注目が集まります。
《つっきー》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

    「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  2. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

    【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  3. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  4. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  5. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  8. 『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

  9. 日本オンラインゲーム協会、「スマートフォンゲームアプリケーション運用ガイドライン」を策定

  10. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

アクセスランキングをもっと見る