人生にゲームをプラスするメディア

『BBCPEX』新シナリオで「アラクネ」誕生の経緯が明らかに

ソニー PS4

『BBCPEX』新シナリオで「アラクネ」誕生の経緯が明らかに
  • 『BBCPEX』新シナリオで「アラクネ」誕生の経緯が明らかに
  • 『BBCPEX』新シナリオで「アラクネ」誕生の経緯が明らかに
  • 『BBCPEX』新シナリオで「アラクネ」誕生の経緯が明らかに
  • 『BBCPEX』新シナリオで「アラクネ」誕生の経緯が明らかに
  • 『BBCPEX』新シナリオで「アラクネ」誕生の経緯が明らかに
  • 『BBCPEX』新シナリオで「アラクネ」誕生の経緯が明らかに
  • 『BBCPEX』新シナリオで「アラクネ」誕生の経緯が明らかに
  • 『BBCPEX』新シナリオで「アラクネ」誕生の経緯が明らかに
アークシステムワークスは、PS4/PS3/PS Vita/Xbox One『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND』の最新情報を公開しました。

『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND』は、『BLAZBLUE』シリーズ最新作の2D格闘ゲームです。本作では、「セリカ=A=マーキュリー」と「Λ-No.11-」の2キャラクターが新たにプレイアブルキャラクターとして使用可能になるほか、新規ストーリーエピソードが加わり、「ネットワークモード」がさらに洗練された内容になっています。


今回は、ストーリーモードの新要素「EXTENDシナリオ」に追加される「ココノエストーリー」の情報や、マイルームやオンラインモードなどの新要素が公開されています。

◆「ココノエストーリー」



本作の新要素「EXTENDシナリオ」では、第二次魔道大戦時代(通称「イカルガ内戦」)で起きた出来事が「バレットストーリー」「ココノエストーリー」「カグラストーリー」として描かれており、この3つの物語がパズルのピースのように繋がった内容になっています。

今回公開された「ココノエストーリー」では、ロイが異形の存在「アラクネ」になってしまった経緯や、アズラエル捕縛のエピソードが描かれています。

■ココノエストーリー
第七機関に所属する天才科学者、ココノエ。境界の探索にて生きたままの「六英雄ハクメン」の回収に成功したが、その日を境にますます「蒼」に対する探究心を増すロイを危険視するのだった。


禁忌を破り「蒼」を求めて「境界」に触れてしまったロイは、精神を「浸食」され狂っていく……。ココノエがロイを元に戻す術を画策する最中、何者かの手引きで「窯(境界の入り口)」に落ちた彼はついに人の姿を失ってしまう。異形の存在「アラクネ」へと変貌し第七機関から姿を消した「ロイ」、彼を元の姿に戻すために第七機関を去った「ライチ」。


2人の愛弟子を失った感傷に浸る間もなく、ココノエは残虐の限りを尽くす狂犬「アズラエル」を捕縛する為にテイガーと共に立ち向かうのだった――……!


■ココノエ CV:松浦チエ

獣兵衛とナインの間に生まれた猫の半獣人にして、第七機関に所属する天才科学者。テイガーの製作者であり、ライチとアラクネの師。

■ライチ=フェイ=リン CV:たかはし智秋

第七機関の科学者で、裏表がなく誰からも好かれる性格の持ち主。同僚のロイに好意を抱いているようです。

■ロット=カーマイン CV:疋田高志

愛称はロイ。アラクネの本名。第七機関の天才錬金術師。互いを認め合っているものの、時折師であるココノエと衝突する事も。

◆そのほかの新要素


■マイルームにはユニークな家具が盛り沢山

本作ではプレイヤーマッチのルームが劇的に変化。ルームオーナーがルームをデザインできる「マイルーム」機能により、プレイヤー間のコミュニケーションの幅がより広がりました。「マイルーム」には「壁紙」「床」「家具」などさまざまなアイテムをまるで自分の部屋のように自由に設置する事ができます。

■オフラインモードでもリプレイデータが保存可能

過去シリーズではオンラインモードでしかリプレイを保存できませんでしたが、オフラインモードのV.S.モード(2P対戦時)でも保存可能になりました。本作から友達が家に遊びに来たときの対戦でも、リプレイを保存する事ができます。

■オンラインモードのコミュニケーションがより快適に

プレイヤーマッチだけではなく、オンラインロビー内でも定型文が使用可能に。さらに、定型文がシーン別に4つのカテゴリーに分けられ、使いたいメッセージをすぐ選択できるようになりました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND』は2015年4月23日発売予定で、価格は以下のようになります。

・パッケージ版:6,264円(税込)
・DL版:5,800円(税込)
・PS Vita版(DL専売):4,800円(税込)

(C) ARC SYSTEM WORKS
《すしし》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』発売日にアップデートを実施! 未適用だとオンラインサービスに制限─「プーギー」やギャラリー機能も追加

    『モンスターハンター:ワールド』発売日にアップデートを実施! 未適用だとオンラインサービスに制限─「プーギー」やギャラリー機能も追加

  2. 「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編─PSP・3DSで大ヒット連発! 名作の数々をご紹介【アンケート】

    「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編─PSP・3DSで大ヒット連発! 名作の数々をご紹介【アンケート】

  3. 『ドラゴンボール ファイターズ』第2弾TVCMを公開、鳥山明監修の「人造人間21号」が真の姿を見せる…!?

    『ドラゴンボール ファイターズ』第2弾TVCMを公開、鳥山明監修の「人造人間21号」が真の姿を見せる…!?

  4. 「どの『モンハン』が一番好き?」据え置き機編─シリーズ幕開けの初代から『ダブルクロス』までの歩みを振り返る【アンケート】

  5. 【吉田輝和のVR絵日記】『V!勇者のくせになまいきだR』ムスメさんとのスキンシップの様子は何だか事案っぽかった

  6. 死に覚えゲー『仁王』動画コンテストの結果発表!―やり込み&失敗プレイに括目せよ!

  7. 『モンハン:ワールド』無料アプデで「イビルジョー」参戦!新モンスター「ドドガマル」など新情報公開

  8. 『モンハン:ワールド』公開生放送で初披露PVや新情報が! 「G級はどうなる?」気になる終了後インタビューも【レポート】

  9. 『モンハン:ワールド』テオ・テスカトル&クシャルダオラ続投!最新PVにて明らかに

  10. 【1/18更新】『真・三國無双8』登場武将や対応機種は?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る