人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2015】レゴの建物を撮影すると、そのままゲームに登場!レゴ+ARが凄い

その他 全般

【GDC 2015】レゴの建物を撮影すると、そのままゲームに登場!レゴ+ARが凄い
  • 【GDC 2015】レゴの建物を撮影すると、そのままゲームに登場!レゴ+ARが凄い
  • 【GDC 2015】レゴの建物を撮影すると、そのままゲームに登場!レゴ+ARが凄い
  • 【GDC 2015】レゴの建物を撮影すると、そのままゲームに登場!レゴ+ARが凄い
  • 【GDC 2015】レゴの建物を撮影すると、そのままゲームに登場!レゴ+ARが凄い
  • 【GDC 2015】レゴの建物を撮影すると、そのままゲームに登場!レゴ+ARが凄い
  • 【GDC 2015】レゴの建物を撮影すると、そのままゲームに登場!レゴ+ARが凄い
  • 【GDC 2015】レゴの建物を撮影すると、そのままゲームに登場!レゴ+ARが凄い
  • 【GDC 2015】レゴの建物を撮影すると、そのままゲームに登場!レゴ+ARが凄い
主にスマートフォン向けのチップセットを提供する米クアルコムがGDC 2015のブースで面白い商品を展示していました。

クアルコムは「Vuforia」というAR技術を商用フリーで展開しているのですが、この技術を利用し、玩具メーカーLEGOの研究部門Future Labが制作したのが「LEGO FUSION」という商品です。



「LEGO FUSION」は、一見普通のレゴブロックのセットなのですが、組み立てて、それを連携するスマートフォンゲーム『LEGO FUSION Town Master』にて読み込むと、組み立てた建物がそのままゲーム中に登場するという仕組み。

『Town Master』は街づくりゲームで、プレイヤーは建てたい建物の種類を選択、その後、カメラで「LEGO FUSION」を読み取り、その建物がゲーム中に登場します。ブロックの組み方は自由で、プレイヤーの思うままのデザインの建物が実現できることになります。ただし、平面のみの対応です。

ブロックを組み立て
建てたい建物の種類を選択
撮影
ゲームの中に登場
建てる場所を選択して
完成


街づくりゲームは多く存在しますが、基本的には用意された建物を建てていく形になります。『Town Master』ではその見た目をブロックで組み立てる事で自由にしているという点で面白いですね。

対応しているゲームは『Twon Master』に加え、タワーディフェンスタイプの『Battle Towers』、リゾート作りが楽しめる『Resort Designer』の3タイトル。米国では既に発売中ながら、日本では発売されていないよう模様。期待したいところですね。
《土本学》

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「のんのんびより」新作アニメ制作決定!原作11巻の帯で発表

    「のんのんびより」新作アニメ制作決定!原作11巻の帯で発表

  2. バラエティ番組「しくじり先生」に高橋名人が登場! 「実はゲームが超下手」と語る名人が実行した“妙案”とは…

    バラエティ番組「しくじり先生」に高橋名人が登場! 「実はゲームが超下手」と語る名人が実行した“妙案”とは…

  3. ソニック&テイルスのハンドスピナーの疾走感がスゴい!―ただシール貼っただけなのに…

    ソニック&テイルスのハンドスピナーの疾走感がスゴい!―ただシール貼っただけなのに…

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【昨日のまとめ】『はねろ!コイキング』5月23日配信、固すぎな「あずきバー」をかき氷にするマシン、モザイクだらけの『限界凸城 キャッスルパンツァーズ』サイト…など(5/22)

  6. BitSummit会場でスーパーホットなアイツを追跡してみた

  7. 10周年を記念する「仮面ライダー電王」変身ベルトが登場! 280種以上の台詞&4曲のBGMを収録

  8. MRデバイス「HoloLens」で現実に飛び出した2Dマリオがすごい…!

  9. ファミコンアニメ「Bugってハニー」地上波で再放送!30周年記念上映会には高橋名人とその妹が出演

  10. ゲームは趣味ではなく“遊び”だった!?高橋名人の趣味に迫る

アクセスランキングをもっと見る