人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2015】超貴重な『ポン』や『コンピュータースペース』も展示されたアタリ展

貴重なゲーム史料を収集しているVideogame History MuseumがGDCの恒例行事として実施している企画展、2015年は今のゲーム業界を形作ったと言っても過言ではない伝説の企業、アタリ(ATARI)をフィーチャーしています。

その他 フォトレポート
【GDC 2015】超貴重な『ポン』や『コンピュータースペース』も展示されたアタリ展
  • 【GDC 2015】超貴重な『ポン』や『コンピュータースペース』も展示されたアタリ展
  • 【GDC 2015】超貴重な『ポン』や『コンピュータースペース』も展示されたアタリ展
  • 【GDC 2015】超貴重な『ポン』や『コンピュータースペース』も展示されたアタリ展
  • 【GDC 2015】超貴重な『ポン』や『コンピュータースペース』も展示されたアタリ展
  • 【GDC 2015】超貴重な『ポン』や『コンピュータースペース』も展示されたアタリ展
  • 【GDC 2015】超貴重な『ポン』や『コンピュータースペース』も展示されたアタリ展
  • 【GDC 2015】超貴重な『ポン』や『コンピュータースペース』も展示されたアタリ展
  • 【GDC 2015】超貴重な『ポン』や『コンピュータースペース』も展示されたアタリ展
貴重なゲーム史料を収集しているVideogame History MuseumがGDCの恒例行事として実施している企画展、2015年は今のゲーム業界を形作ったと言っても過言ではない伝説の企業、アタリ(ATARI)をフィーチャーしています。

アタリは技術者のノーラン・ブッシュネルによって1972年に設立。卓球のように玉を打ち合う業務用のゲーム機『ポン』を大ヒットさせました。その後、家庭用ゲーム機にも参入。一時代を築く事になります。現在はブランドを残すのみですが、ゲーム業界への貢献は今も語り継がれています。

展示ではその『ポン』や、ブッシュネルがそれ以前に手掛けた『コンピュータースペース』を始めとして、各種ゲーム機やカートリッジ、グッズなどが並べられています。残念ながら『ポン』は遊べませんが、比較的新しいゲーム機は実際に稼働する状態で置かれています。中には日本に輸出され、日本語化された「ATARI 2800」もあります。

アタリは、ナムコと関係が深く、ナムコからライセンスされた『パックマン』のゲームパッケージや、同じく『ポールポジション』の販促用のディスプレイ(?)なども展示されています。フォトレポートでお楽しみください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「メガドライブミニ」収録タイトル第2弾を発表─『武者アレスタ』や『魂斗羅 ザ・ハードコア』など10作品

    「メガドライブミニ」収録タイトル第2弾を発表─『武者アレスタ』や『魂斗羅 ザ・ハードコア』など10作品

  2. 『デビル メイ クライ5』誕生の経緯にゲーム業界への道を学ぶ―ヒューマンアカデミーにて行われたセミナーをレポート

  3. 【今から遊ぶ不朽のRPG】第7回 MD『ハイブリッド・フロント』 (1994)

  4. 「ガンダムF90」完全新規型でMGガンプラ化! 26種類の“ミッションパック”も換装可能

アクセスランキングをもっと見る

1