人生にゲームをプラスするメディア

セガゲームス、セガとセガネットワークスのカンパニー制で機動的な事業展開を

セガネットワークスは、メディアカンファレンス2015Winterを渋谷ヒカリエで開催しました。

ゲームビジネス その他
セガゲームス、セガとセガネットワークスのカンパニー制で機動的な事業展開を
  • セガゲームス、セガとセガネットワークスのカンパニー制で機動的な事業展開を
  • セガゲームス、セガとセガネットワークスのカンパニー制で機動的な事業展開を
  • セガゲームス、セガとセガネットワークスのカンパニー制で機動的な事業展開を
  • セガゲームス、セガとセガネットワークスのカンパニー制で機動的な事業展開を
  • セガゲームス、セガとセガネットワークスのカンパニー制で機動的な事業展開を
セガネットワークスは、メディアカンファレンス2015Winterを渋谷ヒカリエで開催しました。

その中で、同社代表取締役社長CEOの里見治紀氏は先日発表されたセガとセガネットワークスが統合され、セガゲームスという新会社が設立される件について、社内にセガとセガネットワークスという2つの社内カンパニーを置き、機動的な事業展開を行っていくと説明しました。

里見治紀社長兼CEO


セガサミーグループでは新たにリゾート事業を大きな柱とし、サミーの遊技機、セガのエンタテイメントコンテンツ、シーガイヤや韓国のカジノなどのリゾート事業を3つの柱に据える考えで、そのうち、エンタテイメントコンテンツの分野も中間持株会社セガホールディングスの元に、CS事業、AM事業、TOY・映像事業、施設事業の4つの分野の事業会社がぶら下がる形になります。セガゲームスはこのうち、CS事業に属することになります。

中間持株会社セガホールディングスの下に事業会社がぶら下がる


里見氏は「セガネットワークスを中心にグループのスマートフォン事業は約600人が携わる規模となり、更に提携や買収を通じた開発ラインの拡充も進めてきました。また、海外の拠点についても開発、運営が出来る体制を進めてきました」とコメント。セガネットワークスの設立はスピード感を持って新規分野に取り組むことが目的でしたが、統合後もカンパニー制を引くことで、それぞれCOO(最高業務責任者)を置き、機動的な事業展開を行えるようにするとしました。

セガゲームスは社内カンパニー制をひく


里見氏はセガネットワークスについて堅調な伸びを示しているとしながらも、「(今年は)残念だった年」と振り返ります。今年は目立った新作がなく、里見氏も「期待の新作の多くが来期に延期になってしまった」としました。セガネットワークスのでは3本の新作を発表。そちらについては追って紹介していきます。

業績推移
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  3. 【CEDEC 2010】ゲーム開発を民主化する「Unity」日本市場にも注目

    【CEDEC 2010】ゲーム開発を民主化する「Unity」日本市場にも注目

  4. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  5. 『ブレイブウィッチーズ VR』がSteamで配信開始―「雁淵ひかり」を操作して大空を舞うシューティング

  6. 過去を振り返り、未来に思いをはせる熱いトークが展開─「ゲームグラフィックス20年の進化とこれから」聴講レポート【CEDEC 2018】

  7. 【週間売上ランキング】今度はWiiでドコドン♪『太鼓の達人Wii』が1位(12月8日〜14日)

  8. 【CEDEC 2012】バイノーラルによる3Dサウンド制作 ― 「楽しい音」を作るには

  9. セガ、新社長に現・常務取締役の鶴見尚也氏が就任 ― グループ会社人事を刷新

  10. 「クール・ジャパン」推進に500億円 税金でクールな文化は作れるのか?

アクセスランキングをもっと見る