人生にゲームをプラスするメディア

日本一ソフトウェア、平成27年3月期第3四半期決算を発表 ― 経常利益が57%減

日本一ソフトウェアは、平成27年3月期第3四半期決算を発表しました。

ゲームビジネス その他
平成27年3月期第3四半期決算スクリーンショット
  • 平成27年3月期第3四半期決算スクリーンショット
日本一ソフトウェアは、平成27年3月期第3四半期決算を発表しました。

売上高27億4000万円(前年同期比 1.3%減)、営業利益1億9400万円(前年同期比 59.3%減)、経常利益2億1800万円(前年同期比 56.8%減)、四半期純利益は1億400万円(前年同期比 73.8%減)となりました。

パッケージ事業は、国内市場で、PS3『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』、PSV『htoL#NiQ-ホタルノニッキ-』、PS3/PSV『真 流行り神』、PSV『クリミナルガールズ INVITATION The Best Price』、PS3『神様と運命覚醒のクロステーゼ』、PSV『大江戸BlackSmith』の6タイトルを販売。海外市場では、PSV『デモンゲイズ』、PSV『神次元アイドル ネプテューヌPP』、PS3『アルカディアスの戦姫』、PSV『魔界戦記ディスガイ4Return』、PSVソフト『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』等の8タイトルを発売。国内外あわせて全14タイトルを発売しました。グッズの製作・販売では、新規グッズの製作や通信販売サイトでのキャンペーン展開を行い、既存顧客の満足度向上に努めたとのことです。

オンライン事業では、PlayStation Networkを通じて、ダウンロードコンテンツやカスタムテーマ等の配信を行いました。ライセンス事業は、ドリコムとの共同事業として制作したGREE、mixi及びdゲーム向けソーシャルゲーム『ビックリマン』を配信。その他事業では、ブロッコリーから発売が予定されているPSPソフト『うたの☆プリンスさまっ♪ All Star After Secret』の受託開発を行いました。また、アミューズメント施設「プリニークラブ」の運営を進めています。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  2. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  3. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

    女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  4. 【CEDEC 2010】ゲーム開発を民主化する「Unity」日本市場にも注目

  5. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  6. 【CEDEC 2012】バイノーラルによる3Dサウンド制作 ― 「楽しい音」を作るには

  7. 「クール・ジャパン」推進に500億円 税金でクールな文化は作れるのか?

  8. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  9. 【特集】空間把握能力は『マイクラ』で鍛えろ!宝塚大学 東京メディア芸術学部で学ぶゲーム製作、キャンパス内には開発会社が

  10. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

アクセスランキングをもっと見る