人生にゲームをプラスするメディア

水口哲也の『ルミネス』新作がスマホで開発中!知的財産権などはモブキャストが取得

モブキャストは、ゲームクリエイター水口哲也氏が設立した米国法人エンハンス・ゲームズと共に、キューエンタテインメントの持つ『ルミネス』シリーズと『メテオス』シリーズに関する知的財産権および全世界での販売権を取得したと発表しました。

ゲームビジネス 開発
『ルミネス』
  • 『ルミネス』
  • 水口哲也氏
モブキャストは、ゲームクリエイター水口哲也氏が設立した米国法人エンハンス・ゲームズと共に、キューエンタテインメントの持つ『ルミネス』シリーズと『メテオス』シリーズに関する知的財産権および全世界での販売権を取得したと発表しました。

そして、同時にiOS/Android用『ルミネス』新作ゲームの開発に着手していることも明らかに。新作は、原作のプロデューサーである水口哲也氏の監修のもと、『ルミネス』の持つ音楽とビジュアルがシンクロする気持ちよさなどはそのままに、スマートフォンの特性に合わせたプレイフィール(プレイ感)とゲーム性に一新しているとのこと。また、ユーザー同士の競争を楽しくするモブキャスト独自のSVS機能や、新しい世界観によるステージが多数追加される予定です。

なお本作は、スマートフォンゲームで世界に挑戦する「Global Game Challenge Project」の第3弾として、グローバル展開を前提とした作品になるとのことです。

また、水口哲也氏からのコメントも公開されています。

■水口哲也氏からのコメント
「ルミネス」が生まれてから10年が経ちましたが、本プロジェクトの始動により、スマートフォンで楽しむ新たな「ルミネス」が誕生する予定です。全世界のスマートフォンユーザーに向けた本作は、過去のルミネス体験とはまた一味違ったものになるでしょう。完成に向けて、楽しみにお待ちください。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  2. 『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

    『パズドラ』未成年者による課金上限設定へ ― ガンホー、日本オンラインゲーム協会のガイドラインに賛同

  3. 日本オンラインゲーム協会、「スマートフォンゲームアプリケーション運用ガイドライン」を策定

    日本オンラインゲーム協会、「スマートフォンゲームアプリケーション運用ガイドライン」を策定

  4. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  5. プログラミングをミニ四駆のような、子どもから大人まで楽しめるホビーにしたい・・・「前田ブロック」の生みの親が語った

  6. USJのVRジェットコースター「XRライド」がヤバ過ぎる…レールのない空間を走り、前振りなく急落下する

  7. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 本格機能を毎日1時間無料で利用可能!ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT」iPhone版がリリース

  10. 【電脳遊戯史資料集】第9回 「パワポケ」のサクセスの歴史を振り返る

アクセスランキングをもっと見る