人生にゲームをプラスするメディア

水口哲也の『ルミネス』新作がスマホで開発中!知的財産権などはモブキャストが取得

モブキャストは、ゲームクリエイター水口哲也氏が設立した米国法人エンハンス・ゲームズと共に、キューエンタテインメントの持つ『ルミネス』シリーズと『メテオス』シリーズに関する知的財産権および全世界での販売権を取得したと発表しました。

ゲームビジネス 開発
『ルミネス』
  • 『ルミネス』
  • 水口哲也氏
モブキャストは、ゲームクリエイター水口哲也氏が設立した米国法人エンハンス・ゲームズと共に、キューエンタテインメントの持つ『ルミネス』シリーズと『メテオス』シリーズに関する知的財産権および全世界での販売権を取得したと発表しました。

そして、同時にiOS/Android用『ルミネス』新作ゲームの開発に着手していることも明らかに。新作は、原作のプロデューサーである水口哲也氏の監修のもと、『ルミネス』の持つ音楽とビジュアルがシンクロする気持ちよさなどはそのままに、スマートフォンの特性に合わせたプレイフィール(プレイ感)とゲーム性に一新しているとのこと。また、ユーザー同士の競争を楽しくするモブキャスト独自のSVS機能や、新しい世界観によるステージが多数追加される予定です。

なお本作は、スマートフォンゲームで世界に挑戦する「Global Game Challenge Project」の第3弾として、グローバル展開を前提とした作品になるとのことです。

また、水口哲也氏からのコメントも公開されています。

■水口哲也氏からのコメント
「ルミネス」が生まれてから10年が経ちましたが、本プロジェクトの始動により、スマートフォンで楽しむ新たな「ルミネス」が誕生する予定です。全世界のスマートフォンユーザーに向けた本作は、過去のルミネス体験とはまた一味違ったものになるでしょう。完成に向けて、楽しみにお待ちください。
《すしし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

    今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  2. 山名学氏、ハートビートを再起動 ― 従来とは違う切り口でビジネス展開

    山名学氏、ハートビートを再起動 ― 従来とは違う切り口でビジネス展開

  3. FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

    FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

  4. これは実写?いいえ、ゲーム画面です―米大学が『GTA V』をフォトリアル化する技術発表

  5. 『トニホ』で知られるNeversoftが閉鎖へ、ロゴを焼却処分して最後のお別れ

  6. サウジ政府系ファンドが任天堂の株式を5.01%保有していることが明らかに―カプコン、コーエーテクモ、ネクソンの株式も大量保有

  7. メタバースってなあに? 『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

  8. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  9. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  10. バンダイナムコとアタリが欧州でのゲーム販売について提携

アクセスランキングをもっと見る